便利なデジタルライフを応援するサイト

digital-life.jpでは節約しながら楽しめるデジタルライフを提案します!

便利なデジタルライフを応援するサイト

格安SIMでスマホ代を節約しましょう!

10年前にスマホがこんなに身近になるなんて、誰が想像したでしょう。私はもちろんガラケー使いでしたし、月々のケータイ料金も1,000円台か高くても3,000円そこそこでした。それがスマホが登場し、あれよあれよと高くなり、月々5,000円以上は当たり前で、端末の支払方法やプランによって月々10,000円以上払う人も珍しくないようになりました。

昔はケータイ本体0円が当たり前で、本体代なんて払ったことないですよね?

本当にここ10~15年のケータイ・スマホの変化は金銭的な負担もですが、生活スタイルも何もかもを変化させてしまいました。

私は2011年12月ですから6年前にガラケーから一旦スマホに替えて、その2年後の更新でガラケーに戻しました。「月々のスマホ代が異常に高い」と感じたからです。

それからしばらくガラケー+7インチタブレット+WiMAXという時代が続き、2015年6月に白ロムのiPhone6を買って、格安SIMでスマホに戻りました。データSIMだったので、ガラケーと2台持ちですが、もう丸2年格安SIMを使っています。

それからの推移は次項で紹介していますが、格安SIMの登場で月々のスマホ代がようやく適正になった気がします。そんな私の経験をもとにサイトを作っています。どうかスマホ代の見直しの参考にしてください。ホント、キャリアのスマホ料金は高すぎます(ノ_・。)

格安SIMが一番人気ですが、パソコンやデジカメ、その他PCスピーカーや音楽プレーヤーなどのレビューなども不定期で更新しています。私も買う前に散々悩む方なので、悩んだ挙句に決めた商品をしっかりレビューしています。

2017年10月時点では、そろそろノートパソコンを買い替えたいと思っているので、色々調べています。2018年の春までには買い替えられればと思っています。また、その辺もレビューしますのでご期待ください。

自分にとってベストな組み合わせを考える。

デジタル端末はネットに繋いでナンボの時代です。ですから、【端末+回線】のパッケージが、自分に必要なスペックに過不足ないかが重要なポイントです。過ぎていれば無駄にコストが掛ってしまっているわけで、不足していればもう少し強化する必要があると言えます。

例えば、スマートフォンに毎月1万円以上払っているのに、使っている通信量が3GB以下で殆ど音声通話をしていない、、、とか、家に固定回線を引いているけど、ネットはもっぱらスマホで、ほとんどパソコンは立ち上げない、、、など、よくあるパターンだと思います。

通信費の節約は家計に与える影響が大きい

電話、FAX、インターネット、携帯電話、スマホ、、、家族が多ければ多いほど、莫大と言ってもおかしくないほどの通信費が掛っているはずです。それを節約できれば、かなり家計の足しになると思います。「考え直すのが面倒」という理由だけで、かなりのムダ金を払っているかもしれません。ここはひとつ、腰を据えて通信費の節約について真面目に考えてみませんか?

私の通信機器の組み合わせと節約方法

参考までに私の携帯電話・スマホの組み合わせと、節約方法を紹介します。

2016年3月末までは、iPhone6とガラケー(au)の2台持ちでした。

iPhone6+ガラケー

iPhone6はドコモ版の新品未使用の白ロムをヤフオクで落としたモノで、格安SIMはDMM mobileの3GBデータSIMにSMSオプションを付けてます。月額の料金は両方合わせて2,818円/月です。

どうです?安いでしょ?

iPhone6(16GB ゴールド)は、2015年6月に58,000円ほどで買いました。今ならもっと安いでしょう。それなりに高価な買い物でしたが、大手キャリアでiPhoneを買うよりは安いです。コレを買う時にガラケーをドコモにMNPしてiPhone1台にしようかとも思いましたが、2年縛りや月額費用の高さで却下しました。

通話はガラケー、iPhoneはデータ通信のみという使い方です。

auのガラケーには無料通話が付いているし、繰り越し分もあります。家族もauですから家族割も使えていますので、通話料の追加はありません。「2台持ちは邪魔くさくない?」とよく聞かれますが、私は全然苦になりません。電話だけ持てばいいシチュエーションも多いですよね?そんな時にポケットに入らないデカいスマホだけを持つ方が、私には邪魔になると思います。

iPhoneSE SIMフリー 1台に変更しました。

2016年4月からは、iPhoneSEのSIMフリー1台に替えました。

iPhoneSE SIMフリー

私は「持ち歩くケータイはコンパクトじゃなきゃダメ」と常々思ってて、iPhoneSEの発売は渡りに船でした。そこで、auのガラケーを機種変更するか、docomoにMNPするか、SIMフリーで格安SIM運用するかの3択で、長い目で見て安く収まるSIMフリー+格安SIMにしました。

月額費用は6GBプランを選んだので、基本プランが月額2,150円で、1時間分の通話が半額以下で使える通話パック60が650円なので、合わせて2,800円です。

仕事の関係もあって、機種変更前のDMMでは3GBだったのを私は6GBにしました。これが3GBだと基本プランが1,600円なので、2,250円/月になります、、、1時間分の通話料込みですよ。激安です。

SIMフリー iPhoneSE 64GBモデルが64,800円で、AppleCare+が12,800円の合計77,600円で、一括で払いましたが、24ヶ月の分割と仮定すると3,233円です。月額利用料と合わせると、6,023円になります。私の試算では、au(3GB)だと7,577円/月、ドコモ(5GB)だと8,410円/月になる計算でしたので、少なくとも月々1,500円以上安いです。2年だと36,000円も違います。

(もちろん、iPhone6はヤフオクで売りました。キャリアの下取りより高い37,500円でした。)

BIGLOBE SIMは通信速度、通話品質ともに何の問題もありません。6GB以上のプランだとWi-Fiライセンスが1つ無料なんで、スタバやセブンイレブンなどの利用可能エリアでは、通信容量を気にせず高速通信ができます。これが意外と音楽や動画をDLするときに便利です。

auからMNP転出して、キャリアのしがらみが無くなって清々しています(^―^)

Zenfone3(ZE520KL)のデュアルSIMに乗り換えました。

2016年10月からは、ASUS Zenfone3(ZE520KL)にiPhoneSEから替えました。

Zenfone3(ZE520KL)

iPhoneSEには全く不便を感じなかったし、素晴らしいスマホだったんですが、「デュアルSIMで節約できる!」と判断して変更しました。1枚はドコモのFOMA契約(ガラケー)のSIMカード、1枚は楽天モバイルの3.1GBデータSIM(SMS付)を挿しています。合計で約2,500円/月になりました。

Zenfone3 デュアルSIM

iPhoneSEの頃は、BIGLOBEで6GB契約していましたが、9月に丸1ヶ月Wi-Fiを使わずにモバイルデータ通信のみで使った結果3GB弱だったので、楽天モバイルは3.1GB契約にしました。

FOMA契約は、タイプSSバリューで1,000円分(最大25分)の無料通話があって、3,000円(最大75分)まで繰り越せます。月々サポートで基本料の934円は丸々割引になって、月々の支払は端末代(N-01G)の1,296円だけです。これに、楽天モバイルの1,020円を足して2,316円です(^o^)v

私の場合、BIGLOBE SIMの通話SIMの解約違約金8,000円、MNP手数料、ドコモの契約手数料と端末の頭金・充電器代が全部で2万円くらいかかっちゃいましたが、その辺は皆さん上手にやって下さい。

Moto G5 PlusをZenfone3との比較のために買いました。

2017年4月からMoto G5 Plusを試しに使っています。Zenfone3との比較のためです。Zenfone3を買う前にMoto G4 Plusと本気で悩んだ経緯があって、G5 Plusを買ってみました。

まだ結論は出ていませんが、Moto G5 Plusのレスポンスの良さは秀逸です。メモリが4GBで、プリインストールアプリが少ないシンプルなAndroid機だからだと思います。

Moto G5 Plus・Zenfone3

月額の負担額は変わりません。docomoのFOMA SIMと、今はLINEモバイルのコミュニケーションフリープラン3GB(データSIM SMS付)1,100円を挿しています。Moto G5 PlusはUQ mobileなどのau系格安SIMが使えないのがちょっと痛いですね。

こうして比較してみるとZenfone3はやっぱりよくできた格安スマホだと思います。

HUAWEI P10を買いました。カメラは超絶良いけどコスパは・・・

2017年6月からHUAWEI P10を使っています。Moto G5 Plusからの乗り換えです。「なんでこんな高いのを」と自分も思いましたが、1度ライカのWレンズカメラを使ってみたかったんです(^_^;)

詳しくは↑こちらでレビューしていますが、カメラは素晴らしく良いです。本当に発色が自然でキレイだし、ワイドアパーチャ機能のボケ具合が自然で、Moto G5 PlusやZenfone3などミドルクラスのスマホとはレベルが違うのは確かに感じます。

HUAWEI P10

ただ、税込みで7万円を超える値段はやっぱり高すぎです。iPhone7買えちゃいますからね。という意味で、コスパで考えると前に使っていた2端末(Moto G5 Plus・Zenfone3)の圧勝です。特にMoto G5 Plusは4GBメモリ搭載で、レスポンスの良さはP10と肩を並べるくらいでした。カメラだとZenfone3は値段の割に良かったと思います。

折角買ったんで当分HUAWEI P10を使いますが、ここで「P10おすすめですよ~」とは言えません。ライカのWレンズならhonor8でもワイドアパーチャ機能が使えますし、発売から少し時間経ってるので安くなっていて、コスパが非常に良いと思います。

スポンサーリンク

このページを読んだ人はこんなページも見ています▼

最新コンテンツ

メニュー
インフォメーション
にほんブログ村 PC家電ブログ パソコンの豆知識へ