便利なデジタルライフを応援するサイト

digital-life.jpでは節約しながら楽しめるデジタルライフを提案します!

便利なデジタルライフを応援するサイト

便利だけど新商品・新サービスのサイクルが早過ぎる!

デジタルライフ楽しんでますか?少し前までは、家や職場のパソコンだけだったのが、ノートパソコンが現れ、どんどん軽量化されノートブックになり、一人一台のパソコンが当たり前になりました。そう思った矢先、スマートフォン・タブレットが登場し、瞬く間にほとんどの人がスマホを持つようになりました。5、6年前に誰がここまでスマホが普及すると思ったでしょう?今はウェアラブル端末として、アップルのApple Watchが人気になっています。今後はスマートフォンは当たり前で、スマートウォッチが旬になるかもしれません。

端末だけで言えばこの程度ですが、これに様々なサービスやソフトが複雑に関係しています。ネット回線一つとても、15年前はダイアルアップ回線が当たり前で、ネットに繋ぐときだけ「トゥー ルルルル ピーヒョロヒョロ ツー」とネットに繋いでいました。そしてネットをしているときは電話が出来ないのが当たり前でした。逆に言えば、その程度の時間しかインターネットに接続していなかったわけです。

それが、ISDNが登場し、ADSLになりフレッツ接続(常時接続)が当たり前になりました。もちろんネットに繋ぎながら電話が出来るのも当たり前です。そして光回線になり、今や無線データ通信でも理論値で220Mbpsという通信速度が出るようになりました。ダイアルアップ回線のkbpsという単位が懐かしいです。

私は世代的に、激安PCが登場し始めた頃に初代のパソコンを買い、インターネットの普及と共に年を重ねてきた方です。そして、常に興味を持って、コストパフォーマンスを第一に最新の動向をチェックしてきました。必ずしも最新のモノやサービスを使うわけではなく、自分に合ったモノをセレクトしてきました。そんな私でも、新製品・新サービスのサイクルが早過ぎると感じています。

自分にとってベストな組み合わせを考える。

デジタル端末はネットに繋いでナンボの時代です。ですから、【端末+回線】のパッケージが、自分に必要なスペックに過不足ないかが重要なポイントです。過ぎていれば無駄にコストが掛ってしまっているわけで、不足していればもう少し強化する必要があると言えます。

例えば、スマートフォンに毎月1万円以上払っているのに、使っている通信量が3GB以下で殆ど音声通話をしていない、、、とか、家に固定回線を引いているけど、ネットはもっぱらスマホで、ほとんどパソコンは立ち上げない、、、など、よくあるパターンだと思います。

通信費の節約は家計に与える影響が大きい

電話、FAX、インターネット、携帯電話、スマホ、、、家族が多ければ多いほど、莫大と言ってもおかしくないほどの通信費が掛っているはずです。それを節約できれば、かなり家計の足しになると思います。「考え直すのが面倒」という理由だけで、かなりのムダ金を払っているかもしれません。ここはひとつ、腰を据えて通信費の節約について真面目に考えてみませんか?

私の通信機器の組み合わせと節約方法

参考までに私の携帯電話・スマホの組み合わせと、節約方法を紹介します。

2016年3月末までは、iPhone6とガラケー(au)の2台持ちでした。

iPhone6+ガラケー

iPhone6はドコモ版の新品未使用の白ロムをヤフオクで落としたモノで、格安SIMはDMM mobileの3GBデータSIMにSMSオプションを付けてます。月額の料金は両方合わせて2,818円/月です。

どうです?安いでしょ?

iPhone6(16GB ゴールド)は、2015年6月に58,000円ほどで買いました。今ならもっと安いでしょう。それなりに高価な買い物でしたが、大手キャリアでiPhoneを買うよりは安いです。コレを買う時にガラケーをドコモにMNPしてiPhone1台にしようかとも思いましたが、2年縛りや月額費用の高さで却下しました。

通話はガラケー、iPhoneはデータ通信のみという使い方です。

auのガラケーには無料通話が付いているし、繰り越し分もあります。家族もauですから家族割も使えていますので、通話料の追加はありません。「2台持ちは邪魔くさくない?」とよく聞かれますが、私は全然苦になりません。電話だけ持てばいいシチュエーションも多いですよね?そんな時にポケットに入らないデカいスマホだけを持つ方が、私には邪魔になると思います。

iPhoneSE SIMフリー 1台に変更しました。

2016年4月からは、iPhoneSEのSIMフリー1台に替えました。

iPhoneSE SIMフリー

私は「持ち歩くケータイはコンパクトじゃなきゃダメ」と常々思ってて、iPhoneSEの発売は渡りに船でした。そこで、auのガラケーを機種変更するか、docomoにMNPするか、SIMフリーで格安SIM運用するかの3択で、長い目で見て安く収まるSIMフリー+格安SIMにしました。

月額費用は6GBプランを選んだので、基本プランが月額2,150円で、1時間分の通話が半額以下で使える通話パック60が650円なので、合わせて2,800円です。

仕事の関係もあって、機種変更前のDMMでは3GBだったのを私は6GBにしました。これが3GBだと基本プランが1,600円なので、2,250円/月になります、、、1時間分の通話料込みですよ。激安です。

SIMフリー iPhoneSE 64GBモデルが64,800円で、AppleCare+が12,800円の合計77,600円で、一括で払いましたが、24ヶ月の分割と仮定すると3,233円です。月額利用料と合わせると、6,023円になります。私の試算では、au(3GB)だと7,577円/月、ドコモ(5GB)だと8,410円/月になる計算でしたので、少なくとも月々1,500円以上安いです。2年だと36,000円も違います。

(もちろん、iPhone6はヤフオクで売りました。キャリアの下取りより高い37,500円でした。)

BIGLOBE SIMは通信速度、通話品質ともに何の問題もありません。6GB以上のプランだとWi-Fiライセンスが1つ無料なんで、スタバやセブンイレブンなどの利用可能エリアでは、通信容量を気にせず高速通信ができます。これが意外と音楽や動画をDLするときに便利です。

長くなってしまいましたが、これが今現状の私の格安SIM節約プランです。auからMNP転出して、キャリアのしがらみが無くなって清々しています(^―^)

スポンサーリンク

このページを読んだ人はこんなページも見ています▼

  • 格安SIM比較&おすすめはコレ! 2016年8月版
    格安SIMを比較して、おすすめはコレだ!というMVNOとプランを紹介します。スマホ料金の節約は緊急課題です。手持ちのスマホ、SIMフリー、白ロムと格安SIMを上手く活用してデジタルライフを楽しもう!...

最新コンテンツ

メニュー
インフォメーション
にほんブログ村 PC家電ブログ パソコンの豆知識へ