Zenfone Liveのレビュー 激安格安スマホの感想

Zenfone Liveのレビューを紹介します。2万円以下の格安スマホのスペック、実際に使った感想です。

便利なデジタルライフを応援するサイト
トップページレビュー > Zenfone Liveのレビュー

Zenfone Live レビュー

Zenfone Live 外箱

Zenfone Liveは定価19,800円の価格重視の格安スマホです。5インチのコンパクトサイズで、ドコモ系SIMだけでなく、UQ mobile・mineo(Aプラン)などau系SIMも使えます。私は通信速度のスピードテスト用にau系格安SIMも使えて安い端末を探していて、Zenfone Liveを購入しました。

私のSIMフリー歴は、iPhoneSE・Zenfone3・Moto G5 Plus・ONKYO DP-CMX1・HUAWEI P10・P10 liteという流れで、主にミドルスペックの格安スマホを選んできました。今まで、2万円以下の価格重視の端末を使ったことがなかったので使ってみたかったという興味もありました。

そんな私がZenfone Liveのレビュー・感想を紹介していますので、格安スマホ選びの参考にしてください。

Zenfone Live スペック

画面サイズ 5インチ 1280×720(HD)IPS液晶
CPU Qualcomm Snapdragon 400 1.4GHz(クアッドコアCPU)
RAM 2GB
ROM 16GB
OS Android6.0
バッテリー 2650mAh
カメラ メインカメラ 1300万画素・フロントカメラ 500万画素
サイズ 約141.1mm×71.7mm×7.9mm
重量 120g
SIMカード nanoSIMカード2枚
※SIM2とmicroSDカードは排他利用なので同時使用できません。
充電端子 microUSB

価格相当なスペックで、ロースペックなCPUと2GBメモリ、ディスプレイは一般的なフルHDより解像度の低いHD仕様です。au回線も対応しているので、UQ mobile・mineo(Aプラン)・IIJmio(タイプA)でも使えます。SIMカードは2枚挿せますが、デュアルスタンバイは出来ません。

まず印象的だったのが軽さです。スペック上は120gという表記ですが、キッチンスケールで測ったら118gでした。メインで使っているHUAWEI P10の156gより約40gも軽いです。実際に持つとかなり軽く感じます。

Zenfone Live HUAWEI P10 重さ比較

Zenfone Live 感想

ここからは実際にZenfone Liveを使った感想を紹介します。これまで使ってきたミドルクラスのSIMフリースマホとの比較した感想になってしまいますので、辛口なレビューになっています。その辺りを踏まえてご覧ください。

スペックの低いCPUと2GBメモリだからそれなり

内部ストレージ16GBで、ASUSなのでリインストールアプリも多めですから、セットアップした時点で内部ストレージに余裕はありません。メモリも同様に余裕は少ないです。

Zenfone Live ストレージとUSB・メモリ

私はメインで使っていないので、dropboxとスピードテストのアプリくらいしか追加していない状態でこの数値ですから、ゲームやSNSをあれこれ追加すれば必然的にもっと数値は悪くなります。

ロック解除のPIN入力、ブラウザのページ推移、アプリの立ち上がり、カメラの起動など、ひどく遅い事は無いですが、サクサクとは言えません。ミドルクラスに慣れていると入力ミスなど「ん?」と感じる事がよくあります。ちなみに、指紋センサーは付いていませんから、パターン・PIN・パスワードのいずれかです。指紋認証に慣れてしまっていると、これも戸惑います。

解像度が低いけどディスプレイはキレイ

1280×720のHDディスプレイですが、見た感じはかなり綺麗です。タッチ感度も良いです。

Zenfone Live ディスプレイ

ブラウザのスクロールは、読み込みが遅いのか若干カクつきます。4インチのiPhoneSEほどじゃないですが、でも小さいので片手で操作しやすいのが良いです。軽いので持ってて疲れません。

デュアルSIMだけどDSDSじゃない

SIMカードを2枚挿せて、両方とも2G・3G・4G対応ですが、デュアルスタンバイではありません。どちらか一方を選ぶ形です。

Zenfone Live SIMスロット

↑写真ではUQ mobileのSIMが写ってますが、今はBIGLOBE SIMとIIJ mio(タイプD)を挿して、切り替えながら使えて便利ですが、一般的にはデュアルスタンバイじゃないデュアルSIM端末の使い道は少ないような気がします。

切り替えは【設定】→【デュアルSIMカード設定】から切り替えます。

Zenfone Live デュアルSIMカード設定

切り替えてから実際に電波を受信して使えるようになるのに、1、2分かかります。

Zenfone Live カメラ 実写レポート

Zenfone Liveのカメラは、他のブログのレビューを見ると、美人エフェクトLiveがどうとか、自撮りがきれいだとか、メーカーの販売ページのような事を書いてますが、私は男だし、インスタやってないから自撮りしませんのでそこは分かりません。

ただ、分かるのは1300万画素でも写りはイマイチという事です。全てオートで撮っています。

風景写真

Zenfone Live カメラテスト【風景】

↑Zenfone Liveの方は遠くの森が黒く潰れてます。草原の緑も暗く写っています。かと言って空が明るいわけでもなく、甚だ微妙な写りです。

↓P10 liteの方が森・草原の緑、空の色もキレイに写ってます。

HUAWEI P10 lite カメラテスト【風景】

食べ物の写真

Zenfone Live カメラテスト【ラーメン】

↑発色が派手すぎます。机の色、丼の白色、スープの色、ネギの緑、、、見た感じより明らかに鮮やかな方にデフォルメされています。「この写りではSNSにアップしたくない」と私は感じます。

↓HUAWEI P10 liteは見比べると色が自然ですよね。ネギと丼の白色が分かり易いと思います。

HUAWEI P10 lite カメラテスト【ラーメン】

普通に使ってこのレベルですから、美人エフェクトや自撮りがどう撮れるかも推して知るべしです。

実際に写真を撮ろうとして構えながら構図を変えていると、AFが遅くてイライラします。「2万円のスマホのカメラに文句つけ過ぎだ」と怒られそうですが、やっぱり値段相応のカメラと言わざるを得ません。

Zenfone Live レビュー【まとめ】

Zenfone3、Moto G5 Plus、HUAWEI P10 liteなどと比べてしまうので、どうしても荒が目立ちます。ただ、私はメイン機として使わず、2枚SIMが挿せて両方4G対応で、切り替えられるという点が、スピードテスト用としてはピッタリなので気に入っています。ただ「メイン機として使いたいか?」と言われれば絶対嫌です。

ASUSなら発売は2016年10月ですがZenfone3の方が絶対良いし、2017年6月発売のHUAWEI P10 liteも定価で1万円高いですが、Zenfone Liveと1万円以上の差があるように思います。

小中学生の子供用とか、ハードに使わない高齢の方ならいいかもしれませんが、これまでミドルスペック以上のスマホを使っていた人が、「安いから」という理由でZenfone Liveを買うと後悔するような気がします。

スポンサーリンク
レビュー 最新エントリー

人気コンテンツ

メニュー
インフォメーション
にほんブログ村 PC家電ブログ パソコンの豆知識へ