LINEモバイルの特徴と使った感想・通信速度

LINEモバイルの特徴やお得なポイントと実際に使った感想と通信速度の結果を紹介します。

便利なデジタルライフを応援するサイト
トップページ格安SIM > LINEモバイル

LINEモバイルはLINEトークもカウントフリーで使い放題

LINEモバイル ロゴマークLINEモバイルは言わずと知れたあのLINEが、2016年9月21日に一般販売を開始した格安SIMサービスです。LINEが運営するサービスですから、LINEを使う人にとっては見逃せないポイントがあります。

それが、1GBプランからでもLINEアプリの通話・トークが使い放題という点です。3GBプラン以上ならLINEの他にTwitter・Facebook・インスタグラムもカウントフリーです。毎日何度もチェックするSNSはジワジワと通信容量を消費しますので、それらが一切カウントフリーというのは非常にポイント高いです。

LINEの音声通話のデータ通信量

「家族や友達間の通話はLINE」って方も少なくないと思います。LINEの音声通話の通信量がどれくらいかご存知ですか?LINEの音声通話のデータ量は以下の通りです。

音声通話
  • 1分あたり  0.3MB
  • 1時間あたり 18MB
ビデオ通話
  • 1分あたり  2.1MB
  • 1時間あたり 126MB

音声通話で3分だと0.9MBで、1ヶ月30日使ったとして27MBです。ぶっちゃけ大したデータ量ではないですが、他社の格安SIMならデータ量を消費するわけですから、カウントフリーで使い放題というのは非常に大きいです。ビデオ通話なら尚更です。彼氏彼女との通話や孫の顔を見せるためにテレビ電話する人も少なくありません。

通話だけでなく、トーク・画像・動画の送受信も全部カウントフリーです。

3GB以上のコミュニケーションフリープランなら、Twitter・Facebook・インスタグラムの利用もカウントフリーです。Facebookメッセンジャーの利用・通話は含まれませんが、Facebook・インスタの動画アップはカウントフリーです。動画をSNSにアップする人にとっては非常にお得だと思います。

LINE年齢認証に対応

LINEは年齢認証できていないとID検索が使えません。ID検索ができないと、ふるふるQRコードでLINEアドレスの交換をしなきゃいけないので、離れた人とLINEで繋がることができません。一般的には大手携帯キャリアの契約情報を基に年齢認証を行います。でも格安SIMを使う場合、年齢認証ができません。それがLINEモバイルの場合自社の契約情報を基に年齢認証出来ちゃいます!これは大きなメリットです。

セキュリティやサポート・通信制限でも特徴あり

フィルタリングアプリが無料

i-フィルターというフィルタリングアプリが無料で利用できます。有害サイトのブロックだけでなく、利用状況や時間制限にも使えます。小中学生など初めてのスマホにも安心です。契約者と利用者を分けることができて、利用者にはプランの変更やデータ容量の追加購入は出来ない仕組みになっています。

電話・メールサポートの他LINEトークでも

サポートと言えば電話かメールでしたが、LINEモバイルはLINEらしくLINEアプリのトーク上で質問や問い合わせができます。サポートに電話するのはウザいし、メールは時間かかるし、、、というストレスを解消してくれます。

速度制限中でもLINEアプリは高速

通信容量を超えてしまい、速度制限を受けてもカウントフリー対象の項目は高速通信できます。具体的には1GBプランだとLINE、3GB以上だとLINE・Twitter・Facebook・インスタグラムです。もちろんLINE無料通話やビデオ通話も対象ですから、月末に冷や冷やすることもありません。

ちなみにLINEモバイルには他社に多い3日間の通信量制限がありませんので、短期間にガッツリ使っても速度制限を受けることがありません。

 

LINEモバイルの感想『通信速度が非常に速い!』

早速私もLINEモバイルを契約してみました。2017年2月からです。使っているのはSIMフリー iPhoneSE(64GB)です。早速気になる通信速度のチェックをしたのでここで紹介します。

LINEモバイル 通信速度テスト

ちょっと写真では見にくいので↓表にしてみました。

時間 ピン(ms) ダウン(Mbps) アップ(Mbps)
2/6 22:10 89 8.43 6.07
21:09 90 16.76 4.31
20:122 90 7.97 4.23
19:20 89 7.27 3.44
18:07 88 7.10 5.50
17:11 88 19.57 5.28
16:11 88 12.72 6.70
15:13 88 23.16 5.58
14:04 88 18.10 6.89
13:10 88 14.85 4.57
12:41 90 2.23 2.81
12:12 88 10.01 4.23
11:35 87 15.52 4.87
10:31 90 16.60 5.80
9:41 91 16.39 3.82
8:43 91 19.35 3.71
7:48 89 17.85 4.49

ビックリしたのは、昼時と18時台の下りの速さです。同じ時間に楽天モバイルで計測した結果が↓こちらです。

時間 ピン(ms) ダウン(Mbps) アップ(Mbps)
18:07 160 3.90 7.71
12:41 312 0.04 1.78
12:13 404 0.29 3.03

圧倒的な遅さです。ピンは数値が小さいほど反応が速い事を示していますから、12:41のピン 312ms・下り 0.04Mbpsは、体感的にも非常に遅く待ってられないくらいの遅さです。しかし格安SIMの場合、昼時に下りが1.0Mbpsを切るのは一般的な話ですから、この楽天モバイルの通信速度が異常というワケでもありません。というより、LINEモバイルが速すぎるんです。

まだ、スタートして間もないサービスなのでユーザーの数が少ないのかもしれませんが、現時点でのLINEモバイルの通信環境は非常に良いと言えます。これからもコンスタントにチェックしていきます。

スポンサーリンク

 

LINEモバイル

LINEモバイル スクリーンショット
2017年4月30日まで
音声通話SIMの新規利用開始で最大3ヶ月 月額基本料無料

 

LINEモバイルは文字通りあのLINEが始めた格安SIMサービスです。LINEらしいというか、非常に特徴的なサービス・料金プランで多くの人にメリットがあると思いますから要チェックです。

まずなんと言ってもLINEが使い放題というのが一番のメリットです。最安プランの高速通信容量1GBのLINEフリープラン(データ専用500円/月・SMS +120円・通話 +700円)でもLINEアプリの通話・トークの使用分はカウントフリーです。1GBを使い切ってもLINEは高速通信できます。

上位プランのコミュニケーションフリープランの場合、LINEとさらにTwitter・Facebook・Instagramが使い放題です!3GBのSMSオプション付きで1,110円ですから、他社より月々100円程度高いですが主要SNSがカウントフリーという点を考えると、非常にお得だと思います。他に5GB・7GB・10GBプランがあります。他社に多い3日間の通信量制限がありませんので短期間にガッツリ使っても安心です。

LINEアプリでデータ残量が確認できて、友達にデータをプレゼントすることもできます。もちろん年齢認証も可能です。月額基本料の1%分がLINEポイントとして毎月貯まるのもお得です。

これまで格安スマホの取扱数が少なかったんですが、最新のHUAWEI nova liteがラインナップされて、しかも約2,000円安く買えます。4月は月額基本料が最大3ヶ月無料になるキャンペーンが継続中です。4月30日までの申込みじゃなくて利用開始なので注意しましょう。利用開始とは、申込み完了後にSIMカードが発送された日の2日後です。MNPの場合切り替え手続きが完了した翌日です。キャンペーンの効果を最大限に活用するなら、上旬に申し込んだ方がお得です。

LINEモバイル 格安SIM 基本情報

docomo系 下り最大
150Mbps
キャッシュバック
なし
最安プラン
月1GB/500円
繰り越し ○

 

LINEモバイル 価格情報

コース名 価格 オプション 最大通信速度 高速通信量
LINEフリープラン 500円 SMS:+120円
音声通話:+700円
150Mbps 1GB/月
コミュニケーションフリープラン 1,110円 SMS:0円
音声通話:+580円
150Mbps 3GB/月
1,640円 150Mbps 5GB/月
2,300円 150Mbps 7GB/月
2,640円 150Mbps 10GB/月
スポンサーリンク
格安SIM 人気エントリー

人気コンテンツ

メニュー
インフォメーション
にほんブログ村 PC家電ブログ パソコンの豆知識へ