mineoのキャンペーンやお得情報を紹介

mineoはau・ドコモ両方の格安SIMを提供する珍しいサービスです。キャンペーンやmineoの特徴を紹介!

便利なデジタルライフを応援するサイト

mineoはau・ドコモをまたいでシェアできる格安SIM

mineoロゴマークmineoは、株式会社ケイ・オプティコムという会社が運営する格安SIMサービスで、関西圏でeo光という名前で光回線サービスを展開してよく知られています。

mineo以外の多くのMVNOサービスが、ドコモかauどちらかだけに対応しているのに対し、mineoは両方のSIMカードを提供しています。

auに関してはUQ mobileかmineoしかなくて、UQ mobileは選べるプランがLTEの3GBか、500kbpsの無制限かの2種類しかないので、5GBや1GB、500MBが選べるのがmineoの魅力と言えます。3GBで900円なので若干UQ mobileより安いです。

ドコモに関しては、3GBプラン以外は少々高めの設定になっています。1GBで800円、500MBで700円です。普通に考えたら他社を選びますが、家族間の繰り越しが特徴的でmineoが良い場合もあります。

余ったパケットをシェアできる『パケットシェア』

契約住所が同一なら、使いきれなかったパケットをシェアできます。

さらに、au・ドコモをまたいでシェアすることも可能です。ですから、家族でドコモ・auの両キャリアのスマホを使ってる人がいて、みんなで格安SIMに乗り換える場合、mineoのパケットシェアはメリットになります。

3日間の通信料制限が3GBとデカい!

直近3日間での通信料が3GBを超えると、通信速度が制限されます。ただ3GBという制限は、他社よりも相当緩いです。例えば、楽天モバイルだと、3.1GBプランで540MB・5GBプランで1GBです。しかもこの制限があるのはau回線のみです。ドコモ回線の場合3日制限はありません。

また、通話SIMでも最低利用期間がないのも特徴です。ただMNPによる転出は手数料が必要です。

au版を利用する場合、iPhone 5s・5cはiOS8以上にアップデートすると利用できません。iPhone 6以降はiOS8以上でも利用できますが、テザリングは利用できません。au版iPhoneで利用したい場合、公式ページの動作確認端末一覧をよくチェックしてください。

mineo

mineo スクリーンショット
2017年1月20日から
通話SIMの新規契約で 800円×3ヶ月 割引

 

mineoはau・docomo両方の設定がある珍しい格安SIMです。データ通信のみがシングルタイプ、090音声通話付きがデュアルタイプという呼び名で、auでもdocomoでも、ほぼ料金は変わりません。 違うのは、au版の場合、シングルタイプにSMS月額基本料金が含まれますが、docomo版は別途120円必要な点です。

シングルタイプでも050IP電話番号が使えて、通常100円/月のアプリ使用料がmineoユーザーは無料です。通話料は携帯へが18円/1分、一般加入電話へは8円/3分です。6月から090音声通話に定額オプションがスタートしました。30分 840円・1時間 1,680円です。月に30分以上通話する方はオプションを付けた方が通話料がお得です。

3GBプランは他社と比べても同等レベルに安いです。電話での通話は滅多にしないけど、「いざという時IP電話番号は持っていたい。」という方は基本料無料でIP電話番号が持てるmineoがおすすめです。

また、余った通信量が翌月に繰り越せるのは当たり前ですが、パケットシェアで家族の繰り越し分が分け合えます。しかもdocomo回線・au回線をまたいで分け合えます。またパケットギフトで家族外の誰にでも(mineoユーザーに限る)自分のデータ容量をプレゼントできるのも特徴です。
 

mineo 格安SIM 基本情報

au系
docomo系
下り最大
225Mbps
キャッシュバック
なし
最安プラン
月500MB/700円
繰り越し ○
スポンサーリンク
格安SIM 人気エントリー

人気コンテンツ

メニュー
インフォメーション
にほんブログ村 PC家電ブログ パソコンの豆知識へ