mineoのキャンペーンやお得情報を紹介

mineoはau・ドコモ両方の格安SIMを提供する珍しいサービスです。キャンペーンやmineoの特徴を紹介!

便利なデジタルライフを応援するサイト

mineoはau・ドコモをまたいでシェアできる格安SIM

mineo キャンペーンPOP

mineoはau回線とドコモ回線 両方の格安SIMを扱うマルチキャリアのMVNOです。テレビCMの効果で知名度が高く、公式ページが分かりやすく、使い始めてからもユーザビリティが高くMNPも簡単です。他に独自のコミュニティサイト マイネ王でのサポートなど、使いやすさでユーザー満足度の高いMVNOで人気です。

12月1日から前回好評だった大盤振る舞いキャンペーンを再開しました!2018年1月18日までです。前回11月9日までで期間中のmineoの申込み数はすごかったです。

内容は通話SIM(デュアルタイプ)の新規申し込みで、6ヶ月毎月900円割引してくれるというもの。SIMのみの契約でも対象ですし、条件が簡単で毎月安く使えるのは魅力です。

人気の3GBプランだとAプランで1,510円 → 610円 Dプランで1,600円 → 700円です。

公式ページ:mineo

mineoの料金プランと特徴

料金プラン Dプラン

コース名 高速通信量 データSIM SMS 通話SIM
500MB 500MB 700円 820円 1,400円
1GB 1GB 800円 920円 1,500円
3GB 3GB 900円 1,020円 1,600円
6GB 6GB 1,580円 1,700円 2,280円
10GB 10GB 2,520円 2,640円 3,220円
20GB 20GB 3,980円 4,100円 4,680円
30GB 30GB 5,900円 6,020円 6,600円

料金プラン タイプA

コース名 高速通信量 データSIM SMS付 通話SIM
500MG 500MB 700円 1,310円
1GB 1GB 800円 1,410円
3GB 3GB 900円 1,510円
6GB 6GB 1,580円 2,190円
10GB 10GB 2,520円 3,130円
20GB 20GB 3,980円 4,590円
30GB 30GB 5,900円 6,510円

主要オプション

  • 5分かけ放題サービス:850円/月
  • 端末安心サポート・保証サービス:370円/月
  • 持込み端末安心保証サービス:500円/月

1.MNPの切り替え手続きが自分で出来る

mineoはMNPの切り替えが自分で簡単に出来るのが評判が高いです。最近増えてきましたが、mineoはサービス開始当初から使いやすさが評判でした。

乗り換え前のサービスでMNP予約番号を取得して、mineoでMNP予約番号を入力して申込みを行い、数日でSIMカードが届きます。同封されている利用ガイドに従ってWEBサイトにアクセスし、eoIDでログインして必要事項(届いたSIMカードの台紙に記載されている製造番号の下4桁)を入力して、【回線切替】をクリックするだけで切り替え手続きが完了できます。

30分~1時間ほどで旧回線が使えなくなって、mineoに電話番号が移行します。非常に簡単です。

店舗に出向いたり、なかなか繋がらないサポートに電話をしたりする必要が無いのが魅力です。

トップページで紹介している5社の中でUQmobileLINEモバイルDMMモバイルもマイページからMNPの切り替えができます。楽天モバイルだけはSIMカードが届いてから電話する形です。

2.公式アプリmineoスイッチが使いやすい

mineoスイッチというmineo公式アプリが使いやすいです。

mineoスイッチ スクリーンショット

高速通信のON/OFFが簡単にできて、高速通信容量の節約ができます。低速時でもTwitterやLINEのメッセージ送受信、メールは全然問題なく使えます。radikoでラジオを聴くのも低速で十分です。

mineoもIIJmioやDMMモバイルのように低速通信時にバースト機能があるので、バースト機能なしのMVNOと比べると、WEB閲覧などもストレス少なく利用することができます。

3.mineoでんわ&10分かけ放題が10月スタート

月額850円で5分かけ放題だった通話オプションが、2017年10月1日から料金はそのままで10分に拡充されます。また、10月2日からは通話オプションに加入していなくても、mineoでんわアプリから発信すると、通話料が半額の10円/30秒になります。

9月までは通話オプションに加入していないと、mineoでんわを使っても半額になりませんでしたから、mineoユーザーも楽天でんわを使ったりしていましたが、これでmineo内で完結できるようになります。

データSIMでもLaLa Callを使えばお得!

IP電話のLaLa Callが実質基本料無料で使えて、通話料は携帯電話へは8円/30秒、固定電話へは3分/8円と格安です。さらに、LaLa CallならIP電話でも高速通信容量を消費しません。殆ど音声通話しない方は、データSIM+LaLa Callがおすすめです。

4.500MB・1GBプランは割高

500MB・1GBプランの設定があるMVNOは多くないので、mineoは高速通信が多くないライトユーザーにとって貴重なんですが、3GB・6GBプランと比べると割高ですから注意しましょう。

データSIMが500MB 700円・1GB 800円・3GB 900円ですから、少量プランが割高なのは明らかです。1GBプランならLINEモバイルなら500円/月でLINE利用分はカウントフリーなので、LINEモバイルの方がお得です。

公式ページ:LINEモバイル

5.最低利用期間はないけど、MNP転出は要注意

他のMVNOの場合、通話SIMに12ヶ月の最低利用期間が設定されていて、期間内の解約だと解約金(多くは9,000円)が必要です。mineoの場合通話SIMにも最低利用期間がありません。

ただ、利用開始月の翌月から12ヶ月以内に、MNP転出する場合MNP転出手数料が12,420円になります。13ヶ月目以降は2,160円ですから、差額は税別9,500円です。データSIMでMNP転出する人はいないでしょうが、音声SIM(デュアルタイプ)でMNP転出する場合は、利用期間を確認しましょう。

このように、差額がある以上『最低利用期間はないわけじゃない』とも考えられます。

mineo

mineo スクリーンショット
2018年1月18日まで
通話SIM(デュアルタイプ)の新規申込みで 6ヶ月間 毎月900円/月割引

 

mineo 格安SIM 基本情報

au系
docomo系
下り最大
225Mbps
キャッシュバック
なし
最安プラン
月500MB/700円
繰り越し ○
スポンサーリンク
格安SIM 人気エントリー

人気コンテンツ

メニュー
インフォメーション
にほんブログ村 PC家電ブログ パソコンの豆知識へ