格安SIM おすすめプラン【2017年6月版】

格安SIMのおすすめプランを5個に絞って私が実際に使ってるサービスを軸に紹介しています。

便利なデジタルライフを応援するサイト
トップページ格安SIM > 格安SIM おすすめプラン【2017年6月版】

格安SIMおすすめプラン5選【最新版】

格安SIM おすすめプラン 親戚・友人にリアルに紹介してます!

「格安SIMに乗り換えたいけど、どれがいいの?」←これめっちゃ聞かれます。

SNSで格安SIMや格安スマホのレビューを少し書いたりすると、LINEやMessengerで結構な頻度で聞かれます。みんな今のスマホ代が高すぎる事は気づいているけど、格安SIMに乗り換えることを、すごく大げさな事だと思ってるようです。確かに、選択肢は山ほどあるし、キャリアの様にショップで聞いて解決するようなことでもありませんからね。

でも実はすごく簡単で、私が「スマホは★★で、●●の■■プランが良いよ」と言うと、ほぼ100%その案を採用してくれます。みんな「ネットで調べれば分かる」事は百も承知で、でも「調べるのが面倒で悩みたくない」から、私のような物好き(=詳しい人)に聞くんだと思います。

そして「コレが良いよ」と背中を押してほしいんだと思います。

というワケで、私の数少ない親戚・友人だけでなくネット上にも「調べるのが億劫で、ズルズル高い料金払ってる方」が沢山いると思ってこのページを作りました。是非参考にしてください。

実は、私がリアル(=現実)で友人・知人におすすめするプランって片手で足りるんです。だから5選なんです。5個のうち自分に近いと思う条件のプランで検討してください、、、いや決めちゃって下さい(^o^)v

格安SIM おすすめプラン 迷いたくない人必見の5選【6月版】

おすすめは楽天モバイル・LINEモバイル・UQモバイルです!

実際に5つピックアップして紹介しているのもこの3社です。今現在私も楽天モバイルとLINEモバイルの格安SIMを使っています。UQモバイルは使える端末を手放したので、今は契約していません。

楽天モバイルとLINEモバイルを、月末になると「どっかに変えようかな~」と思うんですが、「変更する理由がない」のでそのまま継続している感じです。UQモバイルは通信速度が速くていいんですが、ぶっちゃけ「使える端末が限られてしまう」のがネックで解約しました。SIMフリースマホならどの格安SIM挿しても同じだと思ったら大間違いで、au系(UQ mobile・mineo Aプラン・IIJmio タイプA)は使えない端末も少なくないです。その点、ドコモ系の格安SIMはどれでも使えるので良いです。

↑これは、端末が対応している電波の周波数によって違うんですが、そういうことをいちいち調べるのが、スマホやSIMの事が好きじゃない人にとってはすごいストレスなんだと思います。そんな事知らなくても格安スマホは使えるし、知る必要ないと言えばないです。

更に言うと、格安SIMは提供会社が沢山あって、プランも山ほどあるんですが、王道のSIMを選んでおけば料金の差は知れてます。それよりも、ひと月でも早く大手キャリアから乗り換えた方が得です。

ここでは対応バンドとか難しい話しは抜きにして、条件別のおすすめプランを5つ紹介しています。

1.格安スマホとSIMをセットで買って節約したい!

これが一番シンプルなパターンです。特にこだわりもなく、とにかく節約したいというケースです。多かったのが、これまでiPhoneを使ってた人で、「iPhone5sから最新のiPhone7に替えるのは高すぎるから、このタイミングで格安SIMに替えたい」という方です。プランの詳細はこちら↓

楽天モバイル+Zenfone3 or HUAWEI P10 lite
楽天モバイル スクリーンショット

おすすめプランの利用料金

プラン名 データ通信量 料金 オプション 合計
3.1GBプラン 3.1GB 1,600円/月 5分かけ放題
850円/月
2,450円/月

 

おすすめ格安スマホの価格

honor8 通話SIMとセットで42,800円が
台数限定半額の21,400円
分割払い 963円/月 24回
一括払い 21,400円
Zenfone3 通話SIMとセットで39,800円が
16,000円割引で23,800円
分割払い 1,071円/月 24回
一括払い 23,800円
HUAWEI
P10 lite
通話SIMとセットで29,980円が
5,180円割引で24,800円
分割払い 1,116円/月 24回
一括払い 24,800円


キャンペーン情報

2017年7月24日~緊急開催
ウキウキ特価キャンペーンで 台数限定 honor8・novaが半額


音声通話の5分かけ放題オプションが付いて、月々2,450円(税込2,646円)です。

端末代を分割で払う場合、Zenfone3だと1,071円、P10 liteだと1,116円プラスです。今は6月24日から緊急開催されている半額キャンペーン対象のhonor8がイチ押しです。WレンズにオクタコアCPU、4GBメモリというミドルクラス上位レベルのスペックで半額は非常にお得です。

楽天モバイルにはコミコミプランという、データ通信+5分かけ放題+端末の分割料金がセットになったプランがありますが、個人的には普通にSIM+端末で買った方が良いと思います。

と言うのも、2年間ずっと5分かけ放題が必要とも限りませんし、データ通信量も一定とは限らないので、通常プランなら月ごとに変更できます。コミコミプランは1年目は安いのでお得そうに感じますが、2年目から1,000円アップしてしまいます。

スマホに関しては、どちらもミドルスペックの長く使えるスマホです。防水・ワンセグ・おサイフケータイはついていませんが、格安スマホで節約したいならそこは諦めた方が良いと私は思います。というのも、日本独自機能が付いてる国産ブランドの格安スマホはハッキリ言ってスペック低いし割高です。私はZenfone3を発売当初から半年使いましたが、非常に良いスマホでした。
 


P10 liteは2017年6月9日発売の最新機種で、先代のバカ売れしたP9 liteからCPU・メモリ・内部ストレージを増強してパワーアップしていますので、安心しておすすめ出来る格安スマホです。

楽天モバイルは、格安スマホの割引額が他社と比べて高額です。Amazonや家電量販店で格安スマホを買うよりもかなり安いです。分割手数料は楽天カードを使えば無料ですし、通話SIMで契約すれば、楽天ショップでの買い物のポイントが+1倍になります。もちろんポイントを月々の支払にも使えます。

総合的に考えて広く多くの人におすすめ出来る格安SIMのプランがコレです。

2.iPhoneを買い替えて格安SIMで使いたい

キャリアのiPhone5s・6・6 Plusを使っていて、機種変更のタイミングで格安SIMに乗り換える。そして、格安SIMでもどうしてもiPhoneを使いたいという方におすすめするプランです。

UQモバイル+iPhoneSE
UQモバイル スクリーンショット

おすすめプランの利用料金

プラン名 データ通信量 料金 通話
おしゃべりプランS
(ぴったりプランS)
2GB
5分かけ放題
(無料通話60分)
1年目 2,980円/月
2年目 3,980円/月
おしゃべりプランM
(ぴったりプランM)
6GB
5分かけ放題
(無料通話120分)
1年目 3,980円/月
2年目 4,980円/月

 


この価格で32GBのiPhoneSEの分割料金込みです。128GBモデルだと月々500円高くなります。端末価格は32GBモデルが50,500円・128GBモデルが60,100円です。これをマンスリー割として月々32GBモデルが1,100円・128GBモデルが1,000円割引されて上記の値段になります。

実質負担額は、32GBモデルが1,000円/月・128GBモデルが1,500円/月です。アップルストアでSIMフリー版を買うより絶対に安いです。ちなみに、アップルストアだと32GBが44,800円、128GBが55,800円です。設定価格自体が安いですが、割引はありませんからね。

5分かけ放題のおしゃべりプランか、時間制の無料通話のぴったりプランかは、月ごとに変更できますし、S・M・Lのプラン変更も自由にできます。 UQmobileは通信速度が安定して速くて、昼や夕方の混雑する時間帯でも通信速度が低下しません。もちろんテザリングも普通に使えます。

個人的には、SIMフリースマホの選択肢が多いAndroidをおすすめしたいんですが、「どうしてもiPhoneがいい」と言う方は少なくないです。AndroidならSDカードで内部ストレージを増やせるし、コストパフォーマンスの良い端末が沢山あるんですけどね、、、(^_^;)

私はiPhoneSEが発売された直後にSIMフリー版を購入してしばらく使っていました。今は家族に使ってもらっています。カメラもキレイに撮れるし不具合は無いし、コンパクトでポケットで邪魔にならないし、非常に良いスマホだと思います。↑この月々の負担額で買えるのはとってもお得です。

(私は値下げ前だったので、64GBモデルのiPhoneSEを64,800円で買いました(>_<))

3.通話はLINEがメインでLINEの年齢認証は絶対必要!

音声通話はほどんどLINEばかりという方が結構多いです。家族やパートナー、友達間ならLINEの無料通話ばかりで、普通の電話番号を使った音声通話の機会は最近減っています。

そんな方にはLINEモバイルがおすすめです!

LINEモバイル+SIMフリースマホ
LINEモバイル スクリーンショット

おすすめプランの利用料金

プラン名 データ通信量 料金
コミュニケーションフリープラン 3GB 1,690円/月
2017年5月1日から
コミュニケーションフリープランで 2ヶ月 3GB増量キャンペーン


LINEモバイルのコミュニケーションフリープランは、LINE・Facebook・Twitter・Instagramの利用分はカウントフリーといって高速通信容量を消費しません。もちろん、LINEの無料通話・ビデオ通話、写真・動画のアップロードもカウントフリーです。更に、高速通信量量を使い切っても、上記のSNS利用分は速度制限されません。

そして、通常はキャリアの契約情報とのリンクで解除される年齢認証が、LINEモバイルだとクリアできるので、ID検索なども普通に使えます。(他の格安SIMでは年齢認証がクリアできません。)

ちなみに、↑ここでは3GBだけを紹介しましたが、他に5GB・7GB・10GBもあります。

スマホは正直言って、LINEモバイルは割引が無いので高いですし、分割も出来ません。

ですから、Zenfone3やHUAWEI nova、Moto G5 Plusなどのミドルクラスの格安スマホの新品未開封品がヤフオクに沢山出品されていますので、ヤフオクで落札するのがおすすめです。ドコモ版のiPhoneやSIMフリー iPhoneを中古ショップなどで購入するのもアリです。

そういうのが面倒な方は、LINEモバイルでZenfone3やVAIO Phone A、防水・ワンセグ・おサイフケータイ対応のarrows M03などをセットで購入しましょう。

ページ冒頭にも書きましたが、私もLINEモバイルを1枚使っています。さらに、奥さんの持ってるiPhoneSEにもLINEモバイルのLINEフリープランのSIMを入れています。通信容量は1GB/月ですが、基本自宅でのWi-Fi接続ですし問題ないです。これでLINEの無料通話がタダなんですから有難いです。

今やLINEは欠かせないツールになっていますから、LINEモバイルを使うメリットは大きいです。

4.完全かけ放題で格安SIMに変更したい

仕事で頻繁に電話を掛ける人や、スマホじゃない家族との電話や固定電話で長電話をする方は、5分の制限なしの音声通話の完全かけ放題は魅力的です。

2017年5月から楽天モバイルに完全かけ放題のオプションが登場しました。

楽天モバイル+Zenfone3
楽天モバイル スクリーンショット

おすすめプランの利用料金

プラン名 データ通信量 料金 オプション 合計
3.1GBプラン 3.1GB 1,600円/月 かけ放題
2,380円/月
3,980円/月

 

おすすめ格安スマホの価格

honor8 通話SIMとセットで42,800円が
台数限定半額の21,400円
分割払い 963円/月 24回
一括払い 21,400円
Zenfone3 通話SIMとセットで39,800円が
16,000円割引で23,800円
分割払い 1,071円/月 24回
一括払い 23,800円


キャンペーン情報

2017年7月24日~緊急開催
ウキウキ特価キャンペーンで 台数限定 honor8・novaが半額


大手キャリアのスマホのかけ放題プランは、ドコモ・au・ソフトバンク 一律2,700円/月です。それが2,380円ですから「あんま安くないじゃん」と思うかもしれませんが、そこは仕方ないです、、、どれだけ長電話されても追加で請求できないんですから、やっぱり高くなってしまいます。

ただ、かけ放題以外の部分が大幅に安いので、月々の料金は安くなるはずです。データ通信量が3GBだとauが4,200円で、さらにインターネット接続料で300円ですから合計7,200円に、更に更に端末の分割支払いが乗っかるので、月々1万円近くなってしまいます。

それが、3,980円にZenfone3なら1,071円/月ですから、税込み5,369円/月です。相当安いです。

なぜZenfone3をすすめてるかというと、これはSIMカードが2枚入って、電話番号を2つ持てるんです。だから仕事用の電話番号と個人の番号両方1台のスマホで利用できるんです。超便利ですよ。2016年10月発売モデルですが、今でも全然スペックに古さはないですから安心してください。

「別にSIMカードは1枚でいい。」という方はhonor8かP10 liteがおすすめです。

 

5.SIMもスマホもコロコロ変えたい!私みたいな人

このパターンは私が使っているプランです。別に難しい事じゃないんですがちょっと特殊かもしれません。私はこのサイトを運営してる都合上、スマホをコロコロ替えます。スマホだけでなく、SIMカードもよく変更します。

ですから、通話SIMの最低利用期間や端末の分割支払いで契約を縛られる訳にはいきません。だから最終的に↓この組み合わせで落ち着きました。

私のように、スマホをとっかえひっかえしたい人はおすすめです。

ドコモ(FOMA)+LINEモバイル+デュアルSIMスマホ
Moto G5 Plus

NTT docomoの利用料金

プラン名 料金 無料通話 端末代金分割-月々サポート 合計
FOMAタイプSSバリュー
(ひとりでも割50)
2,013円1,008円 1,000円分
(最大25分)
1,296円-1,008円=288円 1,296円/月

 

LINEモバイルの利用料金

プラン名 データ通信量 SIM 合計
コミュニケーションフリープラン 3GB データSIM SMS付 1,110円/月

 


LINEモバイルはユニバーサルサービス料、消費税をプラスして月々1,201円ですから、合計で2,497円/月の支払いです。FOMAのタイプSSバリューは、無料通話を3,000円まで繰り越せるので音声通話を使わなければどんどん繰り越されます。逆に通話が多い月は途中でSやMに変更できます。docomoですが、意外と便利で安いです。

使わないガラケーを買ったのは、バリュープランが適用にならないからです。端末を購入しないとベーシックプランが適用になり、月々の基本料が約2倍になります。端末を買っても月々サポートでほぼ償却されるので、結果的に月々の支払額は安くなります。

これで、デュアルSIM仕様でFOMA SIMが使える格安スマホなら何でも使えるわけです。データSIMの方がぶっちゃけ何でもいいんですが、LINEの年齢認証できるしSNSがカウントフリーなんでここ数ヶ月はLINEモバイルで定着しています。

スマホは、現時点ではMoto G5 Plusを使っています。SIM2枚+microSDが使えるので音楽もたっぷり持ち歩けます。私は好きですが、すごくシンプルな仕様なので、Androidに慣れてない方はZenfone3の方がおすすめです。ただ、Zenfone3はSIMカード2枚とSDカード両方は使えません。

「格安SIMでの使用期間の縛りは無いけど、ドコモで2年縛りあるじゃん!?」と言われそうですが、その通りでドコモの2年縛りがあります。ただ、ドコモを替えるつもりはないというか、この利用料で無料通話付きの音声通話SIMが無いので変える理由もありません。

格安SIMでデータSIMを音声通話SIMにすると、それだけで700円かかります。私は月々1,296円払っていますから、差額は600円程度です。通話料が半額(10円/30秒)になる通話アプリを使えば、最大30分通話ができるわけです。そう考えるとトントンですね。

それでも私がドコモにした理由は、一重に「スマホをコロコロ替えたい」のと「通話アプリを使うのが面倒」、、、この2点です(^o^)v

私のような物好きな方は、どうぞ真似してみてください。「なんでそんな面倒くさいことしてるの?」と聞かれたり「スマホ何台持ってるの?」と言われるのが嬉しかったりする変な方におすすめです。

格安SIMは比較し始めるとキリがありませんよ。

格安SIMについて毎日色々調べたり、実際に使ってチェックしたりしていますが、本当に比較し始めるとキリがありません。どんどん格安スマホは発売されるし、通信速度は日夜変わります。「先週あんなに速かったのに、今週はダメだな」なんてよくあることです。

プランの料金はオプション、キャンペーンもコロコロ変わります。こんなサイトを運営しているので、常に最新の情報を掲載することを意識していますが、そうでなければとても追いかけられません。

私はこれまで、NifMo・DMM mobile・BIGLOBE SIM・Nuroモバイル・OCNモバイルONE・UQ mobile・楽天モバイル・LINEモバイルを使ってきました。それぞれ良い点・イマイチな点、速かったり遅かったりしましたが、今はLINEモバイルと楽天モバイルで落ち着いています。

私の現時点での感想としては、楽天モバイルは混雑時以外はかなり速くて安定していて、利用料で楽天ポイントが貯まるし使えるのが良いです。それと、端末の割引額が圧倒的に高いので、どう考えてもお得だという点です。だからこのサイトでもイチ押しにしています。

LINEモバイルに関しては、LINEの年齢認証がクリアできて、主要SNSでの通信分がカウントフリーで、通信量を使い切っても高速通信できるという点です。こちらも安定して通信速度が速いという感想を持っています。(2017年1月~3月は爆速でしたが最近下降気味。それでも速い方です。)

だからこの2社を軸におすすめプラン 5選も紹介しています。その他で紹介しているUQ mobileに関しては、今使えるスマホを持っていないのと、SIMフリースマホでも使えない端末が少なくないという理由で今は解約しています。SIMフリーのiPhoneを買う事になったらまた契約すると思います。

ネット上で比較しようと思ったら、いくらでもできます。10円単位で基本料金を比較したり、キャンペーンの特典などは分かり易い方で、通信速度の評判を紹介してるブログは調べればいくらでも出てきます。他に通信量による速度制限や低速通信時の通信量制限の有無、MVNEがどこで、その評価はどうなのかとか、本当にキリがありません。

私も当然色々調べて色々使いましたが、結局今の2社に落ち着いているわけで、気が付けば当サイトからの申込みの数も、楽天モバイルとLINEモバイルが圧倒的に多いです。だから、あれこれ些末な点で比較するんじゃなくて、「これがおすすめ!」というページを作ろうと思ったんです。

長くなりましたが、どうぞ私の経験と知識を格安SIM選びの参考にしてください。

スポンサーリンク
格安SIM 人気エントリー

人気コンテンツ

メニュー
インフォメーション
にほんブログ村 PC家電ブログ パソコンの豆知識へ