IIJmioのコミコミセットの要注意ポイント

IIJmioのコミコミセットは1年目が凄く安いです!セット端末のスペックは低いですので要注意です!

便利なデジタルライフを応援するサイト
トップページ格安SIM格安SIMでスマホ料金を節約 > IIJmioのコミコミセットは要注意!

IIJmioのコミコミセットは安いけど要注意

IIJmio コミコミセット スクリーンショット

IIJmioが、3GBの音声通話SIM+3分以内かけ放題+スマホ代 コミコミの新プランを2017年11月30日までの期間限定で受付を開始しました。1年目の月額料金が1,880円~という安さが印象的です。

ただ、個人的に誰にでも勧められるプランだとは思えません。ここではIIJmioのコミコミプランの要注意ポイントを紹介しています。

IIJmio コミコミセットの概要

まず、通常の料金プランだといくらになるのかを計算しましょう。

  • タイプD 3GBミニマムスタートプラン 音声通話機能付きSIM:1,600円
  • 誰とでも3分・家族と10分以内かけ放題 通話定額オプション:600円

合計で2,200円/月になります。それにコミコミセットで設定されている端末の分割支払いが

  • Zenfone Live:750円
  • VAIO PhoneA:725円
  • arrows M04:1280円
  • AQUOS SH-M04-A:1,380円

となります。合計するとZenfone Live 2,950円・VAIO Phone A 2,925円・arrows M04 3,480円・AQUOS SH-M04-A 3,580円となります。

それがコミコミセットだと、Zenfone Live・VAIO Phone Aだと1年目1,880円・2年目2,880円、arrows M04・AQUOS SH-M04-Aだと1年目2,480円・2年目3,480円です。

1年目で月々1,000円~1,100円安い計算になります。1年で12,000円以上お得です。

IIJmio コミコミセットの要注意ポイント

セット端末のスペックが低い

安さは魅力的ですが、セット端末のスペックが低いのが気になります。

機種名 サイズ CPU RAM ROM
Zenfone Live 5.0インチ QualcommR SnapdragonTM 400 2GB 16GB
VAIO Phone A 5.5インチ QualcommR SnapdragonTM 617 3GB 16GB
arrows M04 5.0インチ MSM8916(1.2GHz) 2GB 16GB
AQUOS SH-M04-A 5.0インチ QualcommR Snapdragon 430 2GB 16GB

特にZenfone Live・arrows M04はCPUとメモリ(RAM)が非力です。VAIO Phone AとAQUOS SH-M04-AのCPUのCPUはミッドレンジですが、AQUOS SH-M04-Aの方はメモリが2GBで弱いです。

この中だとメモリが3GBのVAIO Phone Aを選ぶのが順当かと思います。コスパは良いです。ただ3Dのゲームで使うには非力でカクついたりすると思います。

関連ページ

4機種全部に言える事は、内部ストレージが16GBしかないので、音楽や動画はmicroSDに入れれば問題ないですが、アプリを沢山インストールして使うのには心もとないです。

3年目で安くなると書かれていますが、個人的にはこの4機種は3年目には買い替えたくなるような気がします。

IIJmioコミコミセットの賢い使い方

コミコミセットは2年縛りが無くで、月額料金が大きく割引かれている1年で解約して、端末支払いの残債を払うのがベターかと思います。分割支払いが嫌な方は、サービス開始後に一括払いにも変更できます。そうすると月額料金の安さが際立ちます。おすすめはVAIO Phone Aです。

 

1年以内に解約すると音声通話機能解除調定金が発生しますので注意しましょう。

音声通話機能解除調定金の金額を教えてください。 | IIJmio

 

スポンサーリンク
格安SIM 人気エントリー

人気コンテンツ

メニュー
インフォメーション
にほんブログ村 PC家電ブログ パソコンの豆知識へ