iPhoneを格安SIMで使う!購入前の注意点②

iPhoneを格安SIMで使う場合、アンテナピクト問題とセルスタンバイ問題は理解しておきましょう。

便利なデジタルライフを応援するサイト
トップページ格安SIM格安SIMでスマホ料金を節約 > iPhoneを格安SIMで使う!購入前の注意点②

iPhoneを格安SIMで使う場合の注意点

iPhoneを格安SIMで使う場合の注意点で、非常に大事なことがありました!それは、アンテナピクト問題セルスタンバイ問題です。それほど多くないと思いますが、データ専用SIMでiPhoneを使おうと考えてる方は特に注意が必要です。

IIJmioの動作確認端末ページには、以下のような記述があります。

IIJmio 動作確認端末ページ

iPhoneSE SIMフリー版
iPhone 6s / 6s plus SIMフリー版 docomo版
iPhone 6 / 6 plus SIMフリー版 docomo版

データ通信専用SIMを使用した場合、VoLTEエリアのみアンテナピクトが表示されます。3Gエリアに移動するとアンテナピクトが正しく表示されません。

iPhoneの格安SIMはデータ通信専用じゃない方が良い!

全て冒頭にデータ通信専用SIMという言葉があることで分かるように、「データ通信専用SIMを使うと不具合がありますよ。」と言ってるわけです。遠まわしですが、SMS機能付きか、音声通話機能付きSIMを勧めているわけです。

2つの問題をざっくり説明しておきましょう。

アンテナピクト問題

アンテナピクトとは、電波状況が一目で分かる目盛りの事です。そのアンテナピクトが圏外表示になる現象です。明らかにエリア内に居るのに圏外表示されて、データ通信は通常通り出来る場合と、特定のアプリで通信できない、ブラウザが通信エラーになる、圏外だから電波を探し続ける=バッテリーの減りが異常に早いなどの症状が出る場合があります。

これは、本来通話+データ通信を行うiPhoneで、データ通信専用SIMを使うと音声通話機能が死にます。すると、音声通話の可否を示すアンテナピクトが正常に作動せず、それでも懸命に電波を探し続けます。

セルスタンバイ問題

電波を探し続ける=バッテリーが異常に早く減る ⇒セルスタンバイ問題という構図です。

ただ、iPhone6 / 6plusに関しては、IIJmioの特記事項にバッテリーに関する記述が無いので、セルスタンバイ問題は起きないのかもしれません。ネット上を調べると、iPhone6でセルスタンバイ問題らしき症状を書いてる人がいるので、絶対にならないとは言えません。

IIJmioだと、データ通信専用とSMS機能付きの価格差は140円/月です。BIGLOBEで120円/月です。SMS機能付きだとアンテナピクト問題は発生しないので、この価格差で回避できるならSMS機能付きSIMを選ぶのがベストだと思います。

私はiPhone6・iPhoneSEを格安SIMで使いました。

私は今、iPhoneSE SIMフリー版をBIGLOBE SIM(音声通話SIM)で使っていて、

その前にドコモ版 iPhone6をDMM mobile(データSIM+SMSオプション)で使っていました。

どちらも、アンテナピクト問題・セルスタンバイ問題は発生していません。初期設定で悩むこともなかったですし、通信速度も問題なくどちらも快適に使えました。

スポンサーリンク

このページを読んだ人はこんなページも見ています▼

  • 格安SIM比較&おすすめはコレ! 2017年1月版
    格安SIMを比較して、おすすめはコレだ!というMVNOとプランを紹介します。スマホ料金の節約は緊急課題です。手持ちのスマホ、SIMフリー、白ロムと格安SIMを上手く活用してデジタルライフを楽しもう!...
  • iPhoneを格安SIMで使いたい!購入前の注意点
    今持ってるdocomo・au・ソフトバンクで買ったiPhoneを、格安SIMで運用したい!という人が非常に多いです。2015年4月時点で、3キャリア合計で57.49%がiPhoneを使ってい...
格安SIM 人気エントリー

人気コンテンツ

メニュー
インフォメーション
にほんブログ村 PC家電ブログ パソコンの豆知識へ