iPhone8は格安SIMか大手キャリアか検証

iPhone8は格安SIMで運用するのと、大手キャリアで使うのでどれくらい差があるのかを検証してみました。

便利なデジタルライフを応援するサイト
トップページ格安SIM格安SIMでスマホ料金を節約 > iPhone8・8 Plusは格安SIMか大手キャリアか検証

iPhone8・8 Plusはキャリアと格安SIMどっちが得か!?

iPhone8/8 Plusは格安SIMだといくらになるの?

iPhone8/8 Plusの予約がはじまり、iPhone7やiPhone6sシリーズを使っている人は、今利用している大手キャリアで機種変更するか、それとも違うキャリアにMNPするか、iPhone8は無視してまだ使える6s・7のSIMロック解除して格安SIMに乗り換えるか、はたまたSIMフリー版のiPhone8を買って格安SIMに乗り換えるか、、、いろんな選択肢の中で悩んでいる人も少なくないでしょう。

ここでは、各キャリアのiPhone8/8 Plusの価格と、SIMフリー版を格安SIMで運用した場合にいくらになるのかを検証して紹介します。まだiPhone8の買い方で悩んでる方は是非参考にしてください。

iPhone8・8 Plusの価格

iPhone8・8 Plus 端末価格

これは端末価格で、消費税込みの値段です。SIMフリーはアップルストアの値段です。iPhone8・8 Plusともにアップルストアの価格が一番安く、ドコモ < au < ソフトバンクという順で高いです。

大手キャリアには2年契約の割引(月々サポート・毎月割・月月割)があるので、端末代がかなり割引かれます。新規・機種変更・MNPでそれぞれ割引額が違うので、ここではiPhone8 Plus 64GBを例に割引額と割引後の価格を紹介します。

iPhone8・8 Plus 割引き・実質負担額

こうやって見ると、すごい額の割引額ですね。実質負担額だけを見ると大手キャリアが安くて、中でもソフトバンクが割安なことが分かります。

アップルストアのSIMフリー端末の場合割引は無く、10月16日までキャンペーンで6・10・12回払いまで分割の金利が0%です。12回払いで8 Plus 64GBを購入した場合、月額8,082円になります。

スポンサーリンク

 

格安SIM・大手キャリアの月額料金

格安SIM・大手キャリアの月額料金を比較します。条件は以下の通りです。

  • 通話は5分以内の国内通話 回数無制限プランを選択する。
  • データ通信量は5GBプランを選択する。
  • 端末保証に加入する。
  • 下取り、各種割引は考慮しない(パターンが増えすぎるので)
大手キャリアの月額料金

docomo

  • カケホーダイライト 2年定期契約あり:1,700円
  • データMパック(標準)(5GB):5,000円
  • spモード:300円
  • ケータイ補償サービス for iPhone & iPad:750円
  • 合計:8,370円(税込) ×24ヵ月=200,880円

iPhone8 Plus 64GB 機種変更の場合の実質負担額が43,632円ですから244,512円になります。

au

  • 2年契約(誰でも割)あり
  • スーパーカケホ:1,700円
  • データ定額5(5GB):5,000円
  • LTE NET:300円
  • AppleCare+& au端末サポート:890円
  • 合計:8,521円(税込) ×24ヵ月=204,504円

iPhone8 Plus 64GB 機種変更の場合の実質負担額が39,120円ですから243,624円になります。

SoftBank

  • スマ放題ライト(2年契約時):1,700円
  • データ定額5GB:5,000円
  • ウェブ使用料:300円
  • あんしん保証パック with AppleCare Services:830円
  • 合計:8,456円(税込) ×24ヵ月=202,944円

iPhone8 Plus 64GB 機種変更の場合の実質負担額が38,640円ですから241,584円になります。

格安SIMの月額料金

楽天モバイル

  • 楽天でんわ5分かけ放題 by 楽天モバイル:850円
  • 5GBプラン 通話SIM:2,150円
  • 合計:3,240円(税込) ×24ヵ月=77,760円

DMMモバイル

  • 通話オプション 5分かけ放題:850円
  • 高速データ通信プラン 5GB 通話SIM:1,910円
  • 合計:2,980円(税込) ×24ヵ月=71,520円

LINEモバイル

  • いつでも電話 10分かけ放題オプション:880円
  • コミュニケーションフリープラン 5GB 音声通話SIM:2,220円
  • 合計:3,348円(税込) ×24ヵ月=80,352円

これに、アップルストアでAppleCare+ for iPhoneに加入した場合 15,984円(税込)です。

端末代はiPhone8 Plus 64GBの場合96,984円ですから、保証をプラスして112,968円になります。

24ヶ月分の月額料金と合計すると、楽天モバイルが190,728円、DMMモバイルが184,488円、LINEモバイル193,320円です。大手キャリアより2年で4、5万円安いという結果になりました。

格安SIMと大手キャリアの実質負担額の比較

実質負担額は、SIMフリー&格安SIMの方が2年で4、5万円安いという結果になりました。

ここでは、iPhone8 Plus 64GBで検証しましたが、他3機種でも同程度の差額になります。

2年で考えれば、実質負担額は安いですが、アップルストアで端末代を一括で支払うのは流石にキツイですよね。ただ、10月16日までは金利0%で12回払いにすれば、1年間 月々8,000円程度になります。格安SIMの月額利用料と併せても11,000円強です。

キャリアだと月額料金+端末の分割支払いで10,000円強を24ヶ月払い続けることになりますから、2年目から月々3,000円そこそこで使えることを考えると、SIMフリーをアップルストアで12回分割払いにするのが、大きな負担がなく2年換算でも節約できる方法だと思います。

格安SIMは各社特徴がありますので、↑こちらを参考にして自分に合ったMVNO・プランを選んでください。個人的には、先に挙げた楽天モバイルLINEモバイルDMMモバイルがおすすめです。

スポンサーリンク
格安SIM 人気エントリー

人気コンテンツ

メニュー
インフォメーション
にほんブログ村 PC家電ブログ パソコンの豆知識へ