格安SIMをAmazonで買うメリット・デメリット

格安SIMのSIMカードをAmazonで購入するメリットは、事務手数料が割安になる点です。

便利なデジタルライフを応援するサイト
トップページ格安SIM格安SIMでスマホ料金を節約 > 格安SIMをAmazonで買うメリット・デメリットを解説

格安SIMはAmazonで買うとお得なのか?

格安SIMの買い方 Amazonと公式サイトで何が違うの?

格安SIMはAmazonでも購入できます。最大のメリットは初期費用が割安という点です。通常だと初期費用・登録事務手数料として税別3,000円~3,400円かかるところ、300円~1,000円ほどで買えます。

ここでは、Amazonで購入できるMVNOと、初期費用が安くなるというメリット以外のデメリットも解説しています。Amazonで格安SIMを購入する前に読んでもらえると参考になると思います。

Amazonで買えるMVNOの格安SIM

AmazonですべてのMVNOの格安SIMが買えるわけじゃありません。私がチェックした時に取り扱っていたのが以下のMVNOです。
 

  • mineo
  • 楽天モバイル
  • LINEモバイル
  • DMMモバイル
  • FREETEL
  • OCNモバイルONE
  • UQmobile
  • IIJmio
  • BIC SIM
  • Y!mobile
  • NifMo
  • b-mobile
  • U-mobile

Amazonで格安SIMを買う場合のチェックポイント

価格は概ね1,000円以下ですがまちまちで、SIMカードが同封されているものと、エントリーパッケージとして公式ページから申し込む際に打ち込むコードだけが届くものなどそれぞれです。エントリーパッケージの場合、公式サイトから申し込む際にコードを入力しないと普通に初期費用が課金されます。

SIMカードが届く場合でも、開通の手続きは必要です。

MNPしたい方はMNPに対応しているかのチェックも必要です。

私は格安SIMについての知識が人一倍あるので間違う事は無いと思いますが、正直言って格安SIMが初めての方や、知識・経験に乏しい方は「よく分からない」と感じるんじゃないかと思います。

Amazonで格安SIMを買うデメリット

デメリットは、前項にも書きましたが「分かりにくい」という点が一番です。

エントリーパッケージを購入し、公式ページから申し込む際にエントリーコードを入力すれば事務手数料が安くなるのは間違いないわけですが、以下の点を確認する必要があります。

  • 別途SIMカード発行手数料がかかるMVNOもある
  • 初月利用料無料が適用されないMVNOもある
  • 申込むプランによってエントリーコードが利用できない場合もある
  • エントリーコードを利用すると適用されないキャンペーンがあるMVNOもある

↑どれも具体的に書けなくて申し訳ないんですが、それぞれのパッケージで条件が違うので、「●●は■■だから」とはとても書ききれません。それなりに格安SIMの手続き・キャンペーンや特典などに精通してる方なら別ですが、初めての方にとっては説明書きの意味も理解できないかもしれません。

ちなみに私は「Amazonで買うと初期費用が安くなる」と知っていますが、一度も利用したことありません。理由はズバリ「注意書きを読んで理解するのが面倒だから」です。知ってて利用しないのは馬鹿らしいと思われるかもしれませんが、公式ページからいつも申し込んでいます。

スポンサーリンク
格安SIM 人気エントリー

人気コンテンツ

メニュー
インフォメーション
にほんブログ村 PC家電ブログ パソコンの豆知識へ