mineo・UQ mobileの格安SIM 要注意ポイント

auの通信網を使ったmineo(マイネオ)・UQ mobileの格安SIMで注意したいポイントを紹介します。

便利なデジタルライフを応援するサイト
トップページ格安SIM格安SIMでスマホ料金を節約 > mineo・UQ mobileの格安SIM 要注意ポイント

au系のMVNO mineo(マイネオ)とUQ mobile

auの通信網を使ったmineo(マイネオ)・UQ mobileの格安SIMを使う上で、注意したいポイントを紹介します。ドコモ系格安SIMが多い中で、au系は少ないです。SIMフリースマホの全てが使えるわけじゃないし、au版のスマホでもSIMロック解除が必須だったり、ドコモ系とは事情が異なる点が少なくありません。

データ通信はau 4G LTEサービスエリアのみ!

mineo(マイネオ)・UQ mobileどちらも、データ通信はau 4G LTEサービスエリアのみです。人口カバー率99%超を謳っていますが100%ではないわけで、都会でも建物の中や地下などスポット的にLTEが入らない場所があるのは事実です。

auで契約していたりドコモ系の格安SIMならば、LTEを補完する形で3G通信に切り替わりますが、mineo・UQ mobileに関してはそれができません。データ通信はLTEのみです。自分がスマホをよく使う生活圏でLTEが途切れる場所が無いかの確認は必ずしておきましょう!

LTE イメージ

auのVoLTE端末はSIMロック解除が必須!

ドコモ系格安SIMの場合、ドコモで販売された端末はSIMロック解除しなくても使えます。

mineoのAプラン・UQmobileでは、auで販売されたVoLTE端末でもSIMロック解除しないと利用できません。中古のau版スマホを買ってmineo・UQmobileで使おうと考えている方は、SIMロック解除されているかどうかをチェックしましょう。

もう1点、ドコモ版のVoLTE対応機種でSIMロック解除されていても、mineo Aプラン・UQ mobileのVoLTESIMは使えません。動作確認ページを確認してから購入しましょう。

SIMフリー端末の全てが使えるわけじゃない

au系格安SIMのmineo AプランとUQmobileは、SIMフリー端末全てで使えるわけじゃありません。

逆にドコモ系の格安SIMはほとんどのSIMフリー端末で使えます。これはドコモ・auが使っている電波の周波数の違いによります。要するにドコモの電波は掴むけど、auの電波は対応していないという機種が少なくないという事です。

実際に私も、↑こういう状態をよく知らずにMoto G5 Plus・SIMフリー版のXperia X CompactにUQ mobileのSIMカードを挿したら全く電波を掴まなくて焦った経験があります。

mineo Aプラン・UQ mobileのSIMを使いたい方は、動作確認ページで確認しましょう。また海外版のSIMフリー端末を買う場合は、au系の周波数に対応しているかどうかを確認しましょう。

mineo AプランはiPhoneでテザリングできない

mineoのAプランはSIMフリー版・SIMロック解除版・au版どれでもテザリングは使えません。

テザリングを使いたいなら、SIMフリー・SIMロック解除版でDプランを使いましょう。若しくはUQmobileならテザリングも利用できます。

最低利用期間+違約金のチェックもお忘れなく!

mineoは最低利用期間・違約金はありませんが、MNP転出の場合利用開始から12ヶ月以内だと11,500円と高いです。ちなみに通常は2,000円です。電話番号を他社に移管しない純粋な解約の場合は解約金は必要ないですが、MNPで転出する場合は実質1年以内だとMNP転出手数料に転嫁してる形です。

UQ mobileは3GB・無制限プランの場合は音声SIMだと12ヶ月の最低利用期間があります。ぴったりプラン・おしゃべりプランの契約期間は2年で、更新月以外の解約には契約解除手数料9,500円が必要です。UQ mobileのデータ通信専用プランは最低利用期間がありません。

スポンサーリンク
格安SIM 人気エントリー

人気コンテンツ

メニュー
インフォメーション
にほんブログ村 PC家電ブログ パソコンの豆知識へ