速度制限無し SIM 使い放題なのに安い理由

通信量に応じた速度制限のない格安SIMがあります。通信速度も含めてメリット・デメリットを紹介。

便利なデジタルライフを応援するサイト
トップページ格安SIM格安SIMでスマホ料金を節約 > 速度制限無し SIM 使い放題なのに安い理由

速度制限の無い使い放題格安SIM

通信量に応じた速度制限のない格安SIMがあります。docomo・au・ソフトバンクには無い使い放題プランが、大手キャリアの回線を借りてるMVNOサービスにはあるって事です。

なぜ?はひとまず置いておいて、現行の使い放題プランのある格安SIMを紹介します。

速度制限無しで使い放題 おすすめ格安SIM ベスト4

b-mobile SIM 高速通信 無制限

b-mobile SIM 高速通信 無制限 1,980円で、速度制限無しの使い放題です。最大速度は150Mbpsです。

U-mobile LTE使い放題

U-mobile LTE使い放題

2,480円で、速度制限無しの使い放題です。最大速度は150Mbpsです。

ぷららモバイルLTE 定額無制限プラン

ぷららモバイルLTE 定額無制限プラン

2,760円で、速度制限無しの使い放題です。最大速度は3Mbpsです。

UQ mobile データ無制限プラン

UQ mobile データ無制限プラン

1,980円で、速度制限無しの使い放題です。最大速度は500kbpsです。

最大速度150Mbpsでも、実効速度はほぼ横並び状態

上に紹介した4社、、、上位3社がdocomo系でUQ mobileだけがau系MVNOです。理論値の最大通信速度を見ると、b-mobileとU-mobileは150Mbpsで、ぷららが3Mbps、UQ mobileが500kbpsですが、実際の実効速度はほぼ横並びで、計測状況にもよりますが1Mbps前後です。

ここがポイントで、大手キャリアの回線を直で使う場合と、MVNOの格安SIMで使う場合では、理論値は変わらなくても実効速度に大きな開きがあるという事です。特にトラフィックが集中するといわれる12時~13時や、18時台、22時台はその開きが顕著です。

実際にどの程度の差があるかと言うと、昼12時台の場合格安SIMで1Mbps前後しか出ないのに、キャリアは20~30Mbpsの通信速度が出るという計測結果もあります。

【まとめ】MVNOの理論値は期待しない おすすめ度は逆!?

ネットを調べれば、格安SIMの実効速度を発表してるサイトが山ほどあります。理論値の最大速度に振り回されず、実際の計測データを元にして選びましょう。

私が調べた限りでは、最大速度は遅くてもぷららが安定感があって、一番ストレスなくネットが出来る無制限プランだということ。

次はU-moboileで少ない通信量では速度は早いけど、実は1日で一定量を超えると速度規制されるというレビューがあります。公式には速度制限なしなのに速度制限されているようだ、、、という話です。

最後がb-mobileです。b-mobileは、独自のシステムで画像ファイルが圧縮されたり、速度は速いけどレスポンスが悪い(=クリックしてからの反応が遅い)という評が多いです。

スポンサーリンク
格安SIM 人気エントリー

人気コンテンツ

メニュー
インフォメーション
にほんブログ村 PC家電ブログ パソコンの豆知識へ