格安SIMの高い通話料を節約する方法

高い格安SIMの通話料を安くするおすすめの方法やオプションプランを紹介します。

便利なデジタルライフを応援するサイト

格安SIMの通話料は高い?

格安SIMに乗り換える上で気になるのは通話料だと思います。データ通信料は、大手キャリアより相当安いんですが、通話料は大手がかけ放題や定額制が主流の今、20円/30秒は高すぎます。

今、大手キャリアの通話料は、完全定額のかけ放題と、定額で5分以内の国内音声通話を回数無制限で利用できるプランが主流です。各社の名称は以下の通りです。

  ドコモ au ソフトバンク 料金
かけ放題 カケホーダイ カケホ スマ放題 2,700円/月
5分以内かけ放題 カケホーダイライト スーパーカケホ スマホ放題ライト 1,700円/月

料金は2年単位の長期契約時の料金で、3社で示し合わせてる様に完全に同じです。そこは今に始まったことじゃないのでいいとして、国内通話かけ放題で2,700円/月・5分以内の通話が回数無制限で1,700円/月(5分超過分は20円/30秒)です。

自分が月々何分通話するかを把握して計算しましょう!

電話 イメージまず、自分の使っているキャリアのサポートページで自分が月々どれだけ通話してるのかを把握しましょう。ログインできなかったら、最寄りのショップに行けばすぐに教えてくれるはずです。

自分が5分以上の通話が多いのか少ないのかは、大体わかりますよね?家族や彼氏・彼女、友達との通話が多いなら5分以上の通話もあるでしょうが、そうでないなら、5分も通話が続くことはないでしょう。

家族とでも、「今から帰る」とかの要件連絡だけなら5分も話すことは無いと思います。

格安SIMの通話料

SIMフリー イメージ格安SIMで普通に通話すると20円/30秒です。それが、通話アプリを使うことで、10円/30秒になります。アプリ経由で電話するだけで、090の番号を使った普通の電話ですから、通話品質が悪いこともありません。ですから格安SIMの通話料は10円/30秒と考えます。

大手キャリアの定額プランと比較で、2,700円分だと単純計算で最大135分、1,700円で最大85分(5分換算で17回)です。自分の実際の通話時間と比較して、どっちが得か計算してみてください。

他にも、定額従量制や、大手の5分以内かけ放題プランを提供する格安SIMもありますので、実際の格安SIMの通話料はもっともっと節約できます。↓ここで通話料がお得な格安SIMを紹介します。

BIGLOBE 通話パック60【最大60分の通話が650円/月】

BIGLOBE 通話パック60 スクリーンショット


「音声通話は全くしない訳じゃないから通話料が気になる」という方におすすめなのが、BIGLOBEの通話パック60です。最大60分の通話料が650円で使えるというオプションプランです。BIGLOBEでんわという無料アプリを使う電話で通話料が10円/30秒です。それでも通常60分だと1,200円なんですが、通話パック60だと550円もお得な650円です。

1時間分は料金を気にせず電話できるってちょうどいいですよね。

楽天モバイル 5分かけ放題オプション【5分以内のかけ放題850円/月】

楽天でんわ 5分かけ放題オプション スクリーンショット


「キャリアのかけ放題ライトプランをがっつり使ってる!」という方におすすめなのが、楽天モバイルの5分かけ放題オプションです。大手キャリアが1,700円/月のところ半額の850円/月でとても安いです。こちらも、楽天でんわという無料アプリを使って電話するんですが、文字通り5分以内の通話は何度でもかけ放題です。しかも5分超過後も10円/30秒ですから、大手キャリアの半額です。

格安SIMでも通話料を気にせず電話ができる!楽天モバイル向け専用オプションです。

賢くプランを選べば、格安SIMの通話料は高くない!

オペレーター イメージ↑で紹介したBIGLOBEや楽天モバイルのオプションプランのように、通話料が気になる人向けのプランも増えてきています。データ通信料の方は、圧倒的に安い訳ですから、通話料の方も賢くプランを選べば、格安SIMの通話料は決して高くありません。

ただ、5分以上の電話を毎日するとか、家族同士やソフトバンクのホワイトプランでソフトバンク同士で長電話をよくするという場合は、そのまま大手キャリアのプランを使い続けた方が良いでしょう。

電話するのがほとんど家と決まってるなら、Wi-Fi経由でLINEやSkypeを利用するなどすれば、月々のスマホ代を思いっきり節約できると思います。これを機に高すぎるスマホ代を節約しませんか?

スポンサーリンク
格安SIM 人気エントリー

人気コンテンツ

メニュー
インフォメーション
にほんブログ村 PC家電ブログ パソコンの豆知識へ