Zenfone3のデュアルSIMのメリットと節約法

Zenfone3の機能と節約法のメリットを紹介します。私も買いましたがとても良い格安スマホです。

便利なデジタルライフを応援するサイト
トップページ格安スマホ > Zenfone3(ZE520KL)

Zenfone3のデュアルSIM機能が凄い理由

ASUSのZenfone3(ZE520KL)は、スペックが高くて安い上に、デュアルSIM・デュアルスタンバイ機能が注目されて、2016年10月の日本版の発売前から、本国 台湾モデルがAmazonやEXPANSYS(エクスパンシス)で売れていた2016年一番注目されている格安スマホです。

Zenfone3 パールホワイト

私は国内版を発売直後に買いました。私的なレビューは別エントリーで紹介します。

ここでは「Zenfone3の何が他の格安スマホと違うのか」「デュアルSIM・デュアルスタンバイって何なんだ」という点を紹介します。スペックとかベンチマークスコアとかカメラ性能とかは、他にレビューブログがいっぱいあるのでそちらをご覧ください。

Zenfone3のデュアルSIM機能について

Zenfone3 デュアルSIMカード設定

Zenfone3の機能について簡単に紹介すると、デュアルSIMというのは、2枚SIMカードを挿せるという事です。デュアルスタンバイというのは、2枚のSIMを同時に待ち受け出来るという事です。

これまで国内で販売されていたスマホは、iPhoneもそうなんですが基本1枚しかSIMカードは使えませんでした。ですから、1枚のSIMカードで音声通話・データ通信両方を契約するのが当たり前でした。

でもZenfone3の場合、2枚SIMを挿せて、両方待ち受け出来るので、挿すSIMのバリエーション次第で使い方の幅が一気に増えたわけです。個人的にこれは非常に画期的な事だと思っています。

どんな使い方が出来るかというと、

  • 音声通話契約とデータ通信契約を別々にする。
  • プライベート用と仕事用のスマホを1台にできる。

↑こういう使い方です。

具体的には、格安SIMを使いたかったけど、通話が多くてキャリアのカケ放題プランが必要だったなんて人は、音声通話は大手キャリアの契約を残して、キャリアの高すぎるデータ通信を格安SIMにする。とか、格安SIMは通話料が高いし無料通話が無いから嫌という人は、キャリアの無料通話付きのガラケープラン(ドコモのFOMAプランなど)のSIMと、データ通信用の格安SIMを挿して使う。などです。

私はドコモのFOMAプラン(タイプSSバリュー)にMNPして、データ通信は楽天モバイルの3.1GBプランのSIMを挿してます。合計で約2,500円/月です。音声通話はドコモ・データ通信は楽天モバイルというワケです。

Zenfone3 アンテナピクト

Zenfone3を購入できる格安SIM 比較

私は、ヨドバシで予約購入しましたがZenfone3を取り扱うMVNO各社では、24回分割支払いや、お得なキャンペーンを開催しています。特にNifmoのキャッシュバックキャンペーンがお得です!

会社名 分割(24回) キャンペーン 備考

楽天モバイル
1,161円/月
端末代 割引
楽天モバイル夏トクキャンペーンで、通話SIMセットで14,000円引きの25,800円で購入できる。楽天カードの場合分割手数料無料

UQ mobile
なし
端末代値引き
UQ購入サポート一時値引きでプランSは10,800円・プランM/Lは21,600円引きで購入できる。購入時の一括支払いのみで分割はなし

IIJmio
1,380円/月
端末代 割引+Amazonギフト券
一括支払いの場合7,000円引きの32,800円、分割の場合1,380円/月の24回払いで、5,000円分のAmazonギフト券プレゼント

エキサイトモバイル
1,408円/月
端末代割引+キャッシュバック
一括支払いの場合6,000円引きの33,800円、分割の場合初回1,416円・2ヶ月目以降1,408円で10,000円キャッシュバック
スポンサーリンク
格安スマホ コンテンツ一覧

人気コンテンツ

メニュー
インフォメーション
にほんブログ村 PC家電ブログ パソコンの豆知識へ