WiMAXのキャンペーン 最新情報 2016年8月版

WiMAXのキャンペーン情報をいち早くチェック&比較して、お得なキャンペーンを紹介【2016年8月版】

便利なデジタルライフを応援するサイト
トップページ > WiMAXのキャンペーン 最新情報

WiMAX キャンペーン最新情報はココにある! 2016年8月版

WiMAX2+のキャンペーンは【自分に合う】がキーワード

下り最大220Mbpsという、モバイルデータ通信とは思えない高速通信が魅力です。このWiMAXは、本家のUQ WiMAXと、この通信網を借りてサービスを提供しているMVNO(仮想移動体通信事業者)のどちらからも申し込めます。これがキャンペーンをややこしくしている元凶とも言えますが、キャンペーンの競い合いで、キャッシュバック額などの条件が良くなっているのも事実です。毎月条件が変更になるので、しっかり比較して自分にとってベストなキャンペーンを選ぶようにしましょう。基本的にどこから申し込んでも、使う電波網や端末は同じですから通信速度や性能は同じです。ですから。キャッシュバック額で選ぶもよし、キャッシュバックのタイミングの早さで選ぶもよし、キャッシュバックは無くても月額料金の安さを押してるMVNOも有ります。自分に一番合ったMVNOを選びましょう。

WiMAXのプランは、ギガ放題か通常プランの2択です。

WiMAXはスマホのように、プランや割引の組み合わせが混沌としていません。至ってシンプルなギガ放題か通常プランの2択です。ギガ放題はその名の通り、通信量に応じた速度制限の無い使いたい放題プランです。通常プランは7GB/月の速度制限があります。UQ WiMAXの場合料金は以下の通りです。

プラン 基本使用料 おトク割 総額
ギガ放題 4,880円/月 -500円 4,380円/月
通常プラン 4,196円/月 -500円 3,696円/月

MVNOによって誤差はありますが、概ねこれに近い月額料金です。通常プランとギガ放題の差は684円です。たかが684円、されど684円、、、月々7GB以上使うならギガ放題しかないですが、そうでないなら通常プランにしておいて、「来月は沢山使うな」という月は前月中にプラン変更手続きすれば、翌月からギガ放題プランで使い放題になります。

現在、開通月を1ヶ月目として3ヶ月目まで、通常プランとギガ放題プランの差額を割引きするキャンペーン中です。ですから、最初はギガ放題プランでスタートして、割引期間中に通信量を確認して割引終了のタイミングで通常プランに変更するかどうか検討できます。

スポンサーリンク

 

キャンペーン対象のWiMAX 端末「どれを選べばいい?」

2016年7月現在で、キャンペーンの対象になっているWiMAX端末は主に以下の5種類です。2016年7月から発売されたW03がが最新で、メインはW03・W02・WX02・URoad-Home2+で、少し古いWX01はUQ WiMAXだけが取り扱っています。

機種名 最大通信速度 高速通信方式 au 4G LTE WiMAX 発売時期
W03 370Mbps CA × 2016/7
W02 220Mbps CA × 2016/2
WX02 220Mbps 4×4MIMO × 2015/11
WX01 220Mbps 4×4MIMO × 2015/3
URoad-Home2+ 110Mbps × 2015/3

ポイントは最新機種W03の最大通信速度です。W02・WX02・WX01が下り最大220Mbpsに対して、W03は下り最大370Mbpsです。この数値は、WiMAX2+とau 4G LTEのキャリアアグリゲーションで実現しました。ですから、ハイスピードプラスエリアモード(別途1,005円/月)でのみ使えます。対応エリアは、2016年7月時点で東京都渋谷駅周辺のみで、順次エリア拡大予定です。

ただ、気をつけなきゃいけないのは、ギガ放題プランでもハイスピードプラスエリアモードでは、当月の通信量が7GBを超えると、月末までau 4G LTEだけでなく、WiMAX2+も128kbpsの速度制限がかかってしまいます。ですから、370Mbpsで速いからと言って、ハイスピードプラスエリアモードでバカスカ使ってると、帯域制限に引っかかって大変なことになります。この点を理解しておきましょう。

W01・W02もau 4G LTEに対応しています。1,005円/月の費用は掛かりますが、au 4G LTEはWiMAX2+エリアより広いので、もし相当な地方での使用が想定されて、エリアマップでそこがWiMAX2+エリアじゃないのであれば、W01・W02が妥当だと思います。(W03同様ハイスピードプラスエリアモードでの使い過ぎ注意)

最後に、220Mbpsの高速通信を行う方式が、CAと4×4MIMO方式の2種類あります。それぞれの端末がどちらに対応しているのかは上の表をご覧ください。

CAと4×4MIMO方式、それぞれ未対応のエリアがあります。CAの対応エリアはかなり広がりましたが、まだ4×4MIMO方式の方が未対応エリアは少ないのが現状です。WiMAXエリアでしか使わないのであれば、より広いエリアで220Mbps通信できるWX02がオススメです。

4×4MIMO方式:「WX02」「WX01」 下り最大110Mbps対応地域一覧
CA方式:「W02」「W01」 下り最大110Mbps対応地域一覧

家庭用の固定代替的な使い方なら、据置型のURoad-Home2+です。ルーターの場合有線接続にはクレードルが必要ですが、URoad-Home2+は単体で2つ有線LAN接続できます。また、2.4GHzだけでなく5GHz帯の無線LANにも対応しています。5GHz帯は電子レンジや無線LAN同士の干渉に強いです。

WiMAX キャンペーンおすすめランキング【2016年8月版】

GMOとくとくBB

GMOとくとくBB
2016年8月31日まで
最大30,000円キャッシュバック

 

2016年8月は最大30,000円のキャッシュバックがお得です。最高額はCA方式のW02で、4×4MIMO方式のWX02の端末のみ、最新のW03端末のみが29,000円、クレードルセットだと26,000円にキャッシュバック額が少し下がります。ホームルーターのURoad-Home2+の場合24,500円です。

人気は4×4MIMO方式のWX02です。WiMAXエリアでも使えますし、バッテリーが強く、国産メーカー(NECプラットフォームズ)製で、3日間の通信量も端末操作で分かるなど、細かい操作性が高く人気です。街中で使うだけならWX02が良いでしょう。

W02・W03は、au 4GLTEエリアでも使えますが、少しでも利用すると1,005円のオプション利用料が発生します。それでも、地方やWiMAX2+エリア外で使うこともあるならW03が良いでしょう。

ホームルーターのURoad-Home2+は、家庭のADSLや光回線をWiMAXに替えて、節約しながらキャッシュバックも貰えるので選ぶ人が増えています。従来回線でのノーリミットモードも使えます。

月額料金は、初月無料でその後2ヶ月は3,609円です。最大3ヶ月ギガ放題プランを通常プランと同額で試せます。その割引期間中に自分の通信量を確認して、4ヶ月目以降のプランを決定しましょう。プランを変更しても、キャッシュバック特典が失効しないのもGMOのメリットです。

通信速度に不安がある方も安心な、20日以内キャンセルOKなのも嬉しいです。

通常プランが3,609円/月と他社より少し安く、キャッシュバックも貰えるので、総合的に見て非常にお特なキャンペーンです。ギガ放題でもポイント還元分を考慮すると、他社より若干安いです。

キャッシュバックの他にも、月額が安いキャンペーンや、美容ローラーが貰えるキャンペーンもあるので詳細ページをチェックしてください。
 

GMOとくとくBB キャンペーン基本情報

キャッシュバック額 最大30,000円
対応端末 W03.・WX02・W02・URoad-Home2+
月額料金 ギガ放題:初月無料・~3ヶ月目 3,609円・~24ヶ月目 4,263円
通常プラン:初月無料・~24ヶ月目 3,609円
初期費用 3,000円
キャッシュバック時期 最短で12ヶ月目の最終営業日【銀行振込】

PEPABO WiMAX

PEPABO WiMAX
2016年8月31日まで
23,500円キャッシュバック

 

PEPABO WiMAXの2016年8月はキャッシュバックが23,500円です。キャッシュバックの他にも、月額割引プラン・ギガ放題お得プランも選べます。月額が安い方が良い方はコチラがおすすめ!

まずキャッシュバックの特徴ですが、ペパボのキャッシュバックは受け取り方法が簡単なのが特徴です。11ヶ月目に管理画面で振込口座を登録するだけで、翌月末に振り込んでくれます。スマホのカレンダーなどでアラート登録しておけば忘れることもありません。

端末はW03・W02とWX02、URoad-Home2+の3種類で端末代は0円、ルーターのクレードルは別途2,750円必要です。

月額割引プランは、7GB/月 制限プランが、2,980円/月で24ヶ月利用できます。通常だと3,609円なので毎月629円安いです。ギガ放題お得プランは、2年間ずっと3,609円でギガ放題プランが利用できます。(コチラに関しては、GMOとくとくBBの割引プランの方が若干安いです。)

通信速度に不安がある方も安心な、20日以内キャンセルOKなのも嬉しいです。

プラス、運営会社のGMOペパボが運営するレンタルサーバーやホームページ作成サービス、フォトストレージサービスが総額40,550円分割引になるのもお得なポイントです。↑これらのサービスを利用する予定のある方はペパボWiMAXがとてもお得です。
 

PEPABO WiMAX キャンペーン基本情報

キャッシュバック額 23,500円
対応端末 W03・WX02・W02・URoad-Home2+
月額料金 ギガ放題:初月120円/日・~3ヶ月目 3,609円・~24ヶ月目 4,263円
通常プラン:初月無料・~24ヶ月目 3,609円
初期費用 3,000円
キャッシュバック時期 12ヶ月目【銀行振り込み】

So-net モバイルWiMAX

So-net モバイルWiMAX
2016年8月31日まで
21,000円キャッシュバック

 

2016年8月はキャッシュバックが21,000円です。So-netの特徴は他社より少しギガ放題プランの月額料金が安いという点です。利用開始から3か月目~24か月目が4,180円/月です。GMOとくとくBBは4,263円/月、BIGLOBEが4,380円/月です。わずかな差ですが安いです。

【8月限定】W02グリーン限定月額費用割引キャンペーン実施中

W02のグリーン限定で、クレードルセット(通常2,750円)が0円で、尚且つ月々が1~11ヶ月目が2,880円・12~24ヶ月目が3,695円になって格安です。キャッシュバックはありませんが、「月々安い方が良い」という方は、こちらがおすすめです。

現在So-netの接続コース会員の場合、200円/月安くなるのでギガ放題の場合3ヶ月~24ヶ月目が3,980円になります。ADSLや光回線でSo-netを利用中の方は、So-net モバイルWiMAXがおすすめです。

So-netは以前キャッシュバック時期が他社より遅かったんですが、他社と同等に変更になりました。具体的には、11ヶ月後の15日に案内メールを受け取り、独自サービスの「ソネット de 受取サービス」で受取口座を指定することで受け取れます。メールは登録した連絡先メールアドレスではなく、So-netメールアドレス宛に届きます。契約してから月日も経ちますし、案内メールを見逃さないように注意しましょう。
 

So-net モバイルWiMAX キャンペーン基本情報

キャッシュバック額 21,000円
対応端末 W03・W02・WX02・URoad-Home2+
月額料金 ギガ放題:初月無料・~3ヶ月目 3,695円・~24ヶ月目 4,180円
通常プラン:初月無料・~24ヶ月目 3,695円
初期費用 3,000円
キャッシュバック時期 11ヶ月後の15日に手続き開始【銀行振込】

@nifty WiMAX

@nifty WiMAX
2016年9月30日まで
20,100円キャッシュバック

 

2016年8・9月はW03・WX02単体が1円・クレードルセットが2,750円で20,100円のキャッシュバックです。他社よりキャッシュバックが早いのが@niftyの魅力です。機器発送月を含む9ヶ月目に登録した受取口座に振り込んでくれます。(8ヶ月目のメール連絡の確認必須)

キャンペーン対象になるのは、WiMAX2+ Flat2年 ギガ放題WiMAX2+ Flat2年 auスマホ割です。(auスマホ割という名前ですが、auスマホの契約が無くても契約できます。いわゆるWiMAX 2+方式で7GB/月の制限があるのがauスマホ割の方です。)
 

@nifty WiMAX キャンペーン基本情報

キャッシュバック額 20,100円
対応端末 W03・WX02
月額料金 ギガ放題:初月無料・~3ヶ月目 3,670円・~24ヶ月目 4,350円
通常プラン:初月無料・~24ヶ月目 3,670円
初期費用 3,000円
キャッシュバック時期 9ヶ月目【銀行振込】

DTI WiMAX

DTI WiMAX
2016年8月31日まで
最大25,000円キャッシュバック

 

2016年8月は最大25,000円です。キャッシュバック額はギガ放題プランの場合でも7GB制限のあるモバイルプランでも同じですが、モバイルプランだと事務手数料が1,500円高くて5,500円になります。

モバイルプランは月額が3,500円で他社より少し安いです。(ただ、初期費用が5,500円で他社より1,500円高い)でも、キャッシュバック額などを総合的に見ると、やはり上位には敵いません。

GMOとくとくBBは、通常プランで3,609円ですが、キャッシュバック額は最大31,000円ですし、初期費用の事務手数料も3,000円で他社並みです。ペパボはキャッシュバックが26,000円です。DTI WIMAXにも、もう少し頑張ってもらいたいですね。
 

DTI WiMAX キャンペーン基本情報

キャッシュバック額 25,000円
対応端末 WX02・W03・W02
月額料金 ギガ放題:初月~3ヶ月目 3,500円・~24ヶ月目 4,300円
通常プラン:初月無料・~24ヶ月目 3,500円
初期費用 ギガ放題プラン:3,000円 モバイルプラン:5,500円
キャッシュバック時期 11ヶ月の継続利用確認後メール連絡【楽天銀行 メルマネ】

BIGLOBE WiMAX

BIGLOBE WiMAX
2016年8月31日まで
20,000円キャッシュバック

 

BIGLOBEは、2016年7月・8月はキャッシュバックが20,000円です。Gポイントだと21,600円相当(月々900G)です。

キャッシュバックの条件は、12ヶ月までの継続利用とアンケートの回答。支払いは振替払出証書の送付です。(最低利用期間内に解約すると、解除料とは別に特典違約金15,000円が必要)

Gポイントは900Gずつ毎月もらえます。キャッシュバックよりも早く貰えるのがうれしいです。Gポイントは月額料金に900円相当として充てられるので、「キャッシュバックより月々安いほうが良い!」という方は、BIGLOBEがおすすめです。ギガ放題の3か月目以降の料金が通常4,380円のところ3,480円/月になります。

またGポイントは、Suica・WAON・nanacoポイントやANA・JALのマイルにも使えます。

取扱い端末は、WX02・W03でクレードルは別売り(クレードル+ACアダプタで4,450円)。WX02は4×4MIMO方式の220Mbps通信対応、W03はCA方式で370Mbps通信対応です。

キャッシュバックは受けられませんが、格安スマホとのセットでお得なキャンペーンもあります。WiAMXとBIGLOBEの格安スマホを同時に申し込むと、3~24ヶ月の間両方で6,580円で使えるというものです。格安スマホのデータ通信量を3GB(エントリープラン)でWiMAX2+ルーターと一緒に持ち歩けば、ギガ放題なので使い放題です。 詳しくは>>>WiMAX2+とSIMの同時利用
 

BIGLOBE WiMAX キャンペーン基本情報

キャッシュバック額 最大20,000円(若しくは、21,600Gポイント)
対応端末 WX02・W03
月額料金 ギガ放題:初月無料・~3ヶ月目 3,695円・~24ヶ月目 4,380円
通常プラン:初月無料・~24ヶ月目 3,695円
初期費用 3,000円
キャッシュバック時期 12ヶ月目以降【振替払出証書】

UQ WiMAX

UQ WiMAX
2016年8月31日まで
↓このページから契約した方限定 3,000円 JCBギフトカードプレゼント

 

2016年8月31日まで3,000円分 JCBギフトカードが貰えるキャンペーンがお得です。

上位の高額キャッシュバックと比較すれば地味ですが、MVNOではなく本家 UQ WiMAXと契約したいという方はこちらから申し込んでください。

WX01が買えるのはUQ WiMAXだけです。クレードルセットで800円は安いです。

最新のW03は、端末のみ2,800円・クレードルセットで4,800円。人気のWX02は、端末のみで800円、クレードルセットで2,800円です。WX01はクレードル付きで800円です。

端末は有料だし、還元額も高くないので「本家と契約したい」と考える方以外にはお勧めできません。
 

UQ WiMAX キャンペーン基本情報

キャッシュバック額 3,000円 JCBギフトカード
対応端末 W03・WX02・WX01
月額料金 ギガ放題:初月~3ヶ月目 3,696円・~24ヶ月目 4,380円
+端末代
初期費用 登録料:3,000円
キャッシュバック時期 契約月の翌月末までに発送
スポンサーリンク

このページを読んだ人はこんなページも見ています▼

WiMAX 関連エントリー

人気記事コンテンツ

メニュー
インフォメーション
にほんブログ村 PC家電ブログ パソコンの豆知識へ