WiMAX キャンペーン 2015年の動向【まとめ】

WiMAXのキャンペーンの2015年のまとめです。1年の傾向をチェックして、お得な契約時期が分かります。

便利なデジタルライフを応援するサイト
トップページWiMAX キャンペーン最新ネタ > WiMAX キャンペーン 2015年の動向【まとめ】

WiMAX キャンペーン 2015年の動向

WiMAX2+ キャンペーンの動向【12月版】

2015年12月のWiMAX キャンペーンの動向を紹介します。

GMOとくとくBBが、キャッシュバックを大幅に増やしました。最大29,990円から37,000円ですから相当です。文句なしでキャッシュバック額はNo.1です。月額料金も割安ですし、ギガ放題から通常ブランに変更しても、キャッシュバック対象から外れないというのも大きなメリットです。

次に、So-netがクレードルの有無で月額料金が違うという、遠回しでわかりにくい設定をやめて、純粋にギガ放題プランの利用額を下げてきました。これまた、微妙な話で1位のGMOとくとくBBのポイント還元を月額料金で利用するか否かで、最安かどうかが分かれます。ポイントを月額料金に毎月使えば、GMOとくとくBBの方がお得です。

BIGLOBEのキャッシュバックとジーポイントでの還元は2016年1月頭まで継続です。

@niftyに関しては大きな差はありません。

11月末に発売されたWX02は、各社ともに扱っています。他の機種より若干高値でクレードルも今のところ有料のサービスが多いです。4×4MIMO方式でWiMAXハイパワーも利用できるWX02がおすすめです。

WiMAX2+ キャンペーンの動向【11月版】

2015年11月のWiMAX キャンペーンの動向を紹介します。

GMOとくとくBBが、キャッシュバックを減らしました。最大35,550円から29,990円に減額されました。それでもキャッシュバック額はNo.1です。月額料金も割安ですし、ギガ放題から通常ブランに変更しても、キャッシュバック対象から外れないというのも大きなメリットです。

次に、BIGLOBEがキャッシュバック額は変えず、ジーポイントでの還元を選べるようにしました。しかも、現金キャッシュバックよりも少し高額で、月単位で24か月貰えるというのがうれしいです。そのジーポイントは、WiMAXの月額料金にも充てられるし、流通系ポイントや電子マネー、マイルとも交換できます。月額を安く抑えたい、すぐにでも還元してもらいたい、、、という方はBIGLOBEがおすすめです。

So-net、@niftyに関しては大きな差はありません。So-netは「クレードルなしでギガ放題が良い」という方がおすすめです。というのも、標準のクレードル付きプランよりも、クレードルなしの方が月額料金が若干安くなるからです。その割引分とキャッシュバック額を合計すると、GMOとくとくBBのキャッシュバック額より高くなります。参考にしてください。

WiMAX2+ キャンペーンの動向【10月版】

2015年10月のWiMAX キャンペーンの動向を紹介します。

あまり大きな変動はありませんでした。

増額されたのが、BIGLOBEで24,000円から26,000円になりました。キャッシュバックではありませんが、格安スマホとのセットで安く利用できるというキャンペーンが始まりました。端末の分割料金とWiMAX2+のギガ放題プラン、音声通話機能がセットで6,580円は安いと思います。詳しくは>>>

niftyは9月に15,000円だったキャッシュバックが5,000円に減額されました。

GMOとくとくBBとSo-netは、9月のキャンペーンを継続という感じです。ですから、キャッシュバック額諸々を総合的に考えても、GMOとくとくBBが一番お得だと思います。

WiMAX2+ キャンペーンの動向【9月版】

2015年9月のWiMAX キャンペーンの動向を紹介します。

また@niftyの話題からですが、8月に28,000円まで上げたキャッシュバック額を、15,000円まで下げました。また、取扱い端末も減らしてWX01だけになってしまいました。クレードルセットで1円でキャッシュバック時期などは変わりません。

ただ、競合のGMOとくとくBBやSo-net、BIGLOBEなどが軒並みキャッシュバック額を大幅に増額してきたので、当サイトでも8月は@niftyがおすすめ1位だったんですが、4位になってしまいました。

キャッシュバックが増額され、魅力が増強されたのがGMOとくとくBBです。35,500円という破格のキャッシュバック額を設定しています。月額料金の安さなど総合的に見ても、明らかにGMOとくとくBBが一番おすすめなキャンペーンです。

WiMAX2+ キャンペーンの動向【8月版】

2015年8月のWiMAX キャンペーンの動向を紹介します。

まず、@niftyがキャッシュバック額を20,100円から28,000円に一気に上げてきた点です。最高額の端末はWX01のクレードルセットです。今一番人気の端末で、最大下り220Mbps出る最新端末です。W01のキャリアアグリゲーション方式よりも、WX01の4×4MIMO方式の方が現状有効だと言われていますし、追加料金の必要なau 4G LTEより、旧WiMAXが使える方が、リーズナブルにWiMAXエリアを十分に使えます。

GMOとくとくBBは、WX01だと端末単体で27,750円、クレードルセットだと3,600円減額されて24,150円になってしまいます。ですからWX01の場合、8月は@nifty WiMAXの方がお得です。それがW01だとniftyじゃ15,000円でGMOは最高額の28,950円ですからGMOが有利です。

その他、So-net、BIGLOBEは特に変化はありません。目新しいキャンペーンも有りませんし、8月はWX01ならnifty、W01ならGMOで決まりです。

WiMAX2+ キャンペーンの動向【7月版】

2015年7月のWiMAX キャンペーンの動向を紹介します。

先月、おすすめした【WiMAXとiPadのセットキャンペーン】が早々に終わってしまいました。残念ですね。やっぱり値段が高くてもタブレット=iPadというイメージは強いので、需要は多かっただろうと思います。WiMAXとiPadのセットのキャンペーンにも書きましたが、旧モデルのiPadが高すぎるので、今後iPadとセットのキャンペーンが再開されるかは微妙だと思います。

キャッシュバックの方は、相変わらずGMOとくとくBBが一番です。HWD15で27,750円、一番人気のWX01単体なら25,950円(クレードルセットだと22,350円)です。2位以下と比較してもやっぱりGMOが断トツお得だと思います。

2位は@niftyです。キャッシュバックは220Mbps通信対応のW01・WX01の2端末がクレードルセットで20,100円です。GMOより少し額は減りますが、9ヶ月目でキャッシュバックが貰えるのは非常に魅力的です。GMOは最速で12ヶ月目の最終営業日、3位のSo-netは13ヶ月後の15日に手続き開始です。多少額面は少なくても早く欲しいという方は@nifty WiMAXでしょう。

キャッシュバック以外だと、やっぱりGMOとくとくBBの鬼安MAX2+キャンペーンでしょうね。月額料金が安いのは個人的にとても魅力的だと思います。

WiMAX2+ キャンペーンの動向【6月版】

2015年6月のWiMAX おすすめキャンペーンを紹介します。

1位はやっぱりGMOとくとくBBです。キャッシュバック額も一番高額ですし、月々も若干ですが安いのが魅力です。クレードルは確かにあれば便利ですが、スマホやタブレットと一緒に持ち歩いて使うのが基本で、家でLANケーブルを挿すことがまずないなら、必要ないモノです。ここは割り切って、クレードル無しで高額キャッシュバックを狙うのもアリだと思います。nifty・BIGLOBE共に、ベースでクレードルが付いていますから、クレードル無しで少しでも高額なキャッシュバックを求めるならGMOとくとくBB以外ありません。

2位@nifty WiMAXです。やっぱりキャッシュバックが早いのは魅力です。多少安くても早めに貰えるのは嬉しいですよね。GMOとの価格差はクレードルセットという前提でW01の場合1,290円差です。それで3ヶ月近く早く貰えるわけですから、悩みますよね。

3位BIGLOBE WiMAXです。ここにきて、キャッシュバック額を18,000円に上げてきたのと、GMO・nifty・So-netにはないタブレットセットが選べるという点が大きいです。タブレットはKindle FireHD7でAmazon価格18,280円の人気タブレットです。タブレットを貰っても、2,000円のキャッシュバックが受けられますから、実質還元額はniftyより高いと言えます。タブレットも合わせて欲しいという方は、BIGLOBEがおすすめです。

WiMAXとiPadのセットキャンペーンがスタート

GMOとくとくBBが期間限定で、iPad miniとWiMAX2+ルーターのセットキャンペーンをスタートさせました。これはとてもお得です。AndroidタブレットではなくiPadが欲しい!という方は非常に多くて、これまでWiMAXとiPadとのセットはありませんでしたので注目です。

キャッシュバックはもちろんありませんが、月々の利用料が数百円アップしているだけです。どうせWiMAX2+を導入するなら、iPadとのセットにするという手もありだと思います。

WiMAX2+ キャンペーンの動向【4月版】

2015年4月はレギュラーキャンペーンのキャッシュバック額が、大きく減ってしまいました。

当サイトでおすすめしてる4社のうち上位2社のキャッシュバックが激減しました。

・GMOとくとくBB:36,000円 ⇒ 27,390円
・@nifty WiMAX:35,400円 ⇒ 20,000円

niftyに関しては、解約違約金の他にキャンペーン違約金15,000円があったのが無くなり15,400円の減額です。年度末はやはり新規契約数が多いので、必然的にキャッシュバック額での差別化が顕著でした。それが新年度が始まり、終息したという感じだと思います。

GMOとくとくBBの27,390円は、HWD15の本体単体の場合のキャッシュバック額で、クレードルセットにすると23,790円になります。3,600円の減額です。最新のWX01の場合23,790円でクレードルセットならniftyより少し高い20,190円です。

スマホやタブレット、無線LAN子機内蔵のPCで接続する場合、クレードルは必要ありませんから、GMOとくとくBBがおすすめです。

月額が激安なGMOの鬼安MAX2+キャンペーンもおすすめ!

ギガ鬼安MAX2+キャンペーンは、月々3,414円で通信制限無しの使い放題です。お試し期間の2ヶ月は更に安い2,760円です。

その代りキャッシュバックはありません。GMOとくとくBBのキャッシュバックは約1年後ですから、スタート時から月額費用が割安な鬼安MAX2+キャンペーンは非常にお得です。

割引分を24ヶ月換算してみると、20,000円以上変わります。それに消費税8%も加わるのでもっとですね。1年も先のキャッシュバックを待ってられない、ギガ放題になって月々の負担が増えたのが気になると言う方は、このキャンペーンがおすすめです。勿論最新機種のWX01も端末代0円です!

WiMAX2+ キャンペーンの動向【3月版】

WiMAX2+のギガ放題プランがスタートしたのが、2015年2月20日でした。それから約1ヶ月経ちましたが、各社キャッシュバック額を大幅に増額しました。

最高額で比較すると以下の通りです(2015年3月22日時点)。

・GMOとくとくBB    :29,000円 ⇒ 36,000円
・@nifty WiMAX    :27,000円 ⇒ 35,400円
・BIGLOBE WiMAX    :2,000円 ⇒ 15,000円
・So-net モバイルWiMAX:15,000円 ⇒ 15,000円

ここで注意したいのが、@niftyだけ解約にかかる違約金の他に、キャンペーン違約金15,000円が設定されているという点です。

ここで紹介している4社とも、最低利用期間の2年以内に解約する場合、1年目が19,000円、2年目が14,000円の違約金が必要です。それに@niftyだけ15,000円追加されるという事です。まぁ、解約しなければ払う必要ないので関係ないですが、この設定があることは理解しておきましょう。

ギガ放題の他に、これまでの料金設定(約3,600円/月)でのプランも継続されています。その場合7GB/月の速度制限があります。月々7GBまで利用しないのであれば、従来のプランで契約するのもアリだと思います。また、キャッシュバックは無くても、使い放題で月々安いという珍しいキャンペーンを行っているのが、GMOとくとくBBです。

月々3,144円でギガ放題は、超お得だと思います!選択肢が増えた分、複雑になった面は否めません。よくよく検討して自分に一番合ったプラン・サービスを選択してください。

スポンサーリンク

このページを読んだ人はこんなページも見ています▼

WiMAX 関連エントリー

人気記事コンテンツ

メニュー
インフォメーション
にほんブログ村 PC家電ブログ パソコンの豆知識へ