WiMAX キャンペーン 2016年の動向【まとめ】

WiMAXのキャンペーンの2016年のまとめです。1年の傾向をチェックして、お得な契約時期が分かります。

便利なデジタルライフを応援するサイト
トップページWiMAX キャンペーン最新ネタ > WiMAX キャンペーン 2016年の動向【まとめ】

WiMAX キャンペーン 2016年の動向

WiMAX2+ キャンペーンの動向【12月版】

2016年12月のWiMAX キャンペーンの動向を紹介します。

今月は結構変化がありました。まず、WX03が発売されたことでしょう。各MVNOが揃って取り扱いを始めました。理論値で下り最大440Mbpsで、しかも東名阪エリアで使えるというのがすごいです。絶対に一番人気になるでしょう。

そして、キャッシュバックを増やしたのがDTIの25,000円 → 29,000円と、Niftyの20,100円キャッシュバック+最大3ヶ月無料というキャンペーンです。これは非常にお得です。他社も初月は無料のところが多いですから、実質2ヶ月分が還元されていると考えられます。約7,200円実質還元されると考えるとお得ですね。GMOとくとくBBよりキャッシュバック時期が早いですし、導入初期の負担が少ないというのはある意味で非常に大きなメリットです。

人によってはGMOとくとくBBよりお得と感じるのではないかと思います。というワケで、順位の変動が大きかった2016年12月です。

WiMAX2+ キャンペーンの動向【11月版】

2016年11月のWiMAX キャンペーンの動向を紹介します。

今月は今までになく月替わりで変動のない月でした。私が仔細に調べたところだと、GMOとくとくBBのW03のキャッシュバック額が100円上がったくらいです。それと、据え置き型ルーターのnovas HOME+CAをUQ WiMAXとDTI WiMAXがキャンペーン対象になったくらいです。その代り、キャンペーンからWX01が消えました。

So-netでWX02のクレードルが無料になって、少しお得になりました。

というワケで、キャッシュバック額などに大きな変動がないのでおすすめはGMOとくとくBBです。

WiMAX2+ キャンペーンの動向【10月版】

2016年10月のWiMAX キャンペーンの動向を紹介します。

毎月同じこと書いてる気がしますが、GMOとくとくBBがキャッシュバック額が大きいし、今月から7周年記念で微妙にクレードルセットのキャッシュバック額が良くなりました。おすすめです。

他社はほぼ9月と同等のキャンペーン継続という流れです。

端末は据え置きタイプのnovas Home+CAが登場しました。これまでURoad-Home2+しかありませんでしたが、novas Home+CAは220MbpsのCA対応です。これで家庭でのWiMAX環境が飛躍的によくなります。光・ADSLからWiMAXに乗り換えるならnovas Home+CAがおすすめです。

WiMAX2+ キャンペーンの動向【9月版】

2016年9月のWiMAX キャンペーンの動向を紹介します。

9月は各社少しずつキャンペーンに力を入れてる感じがあります。GMOとくとくBBは3,000円キャッシュバック額を増額し、本家UQ WiMAXも還元するJCBギフトカードを3,000円から10,000円に増額して、WX01のクレードルセットを800円から1円に値下げしました。そういう細かい点でいうと、So-netのW02グリーン限定キャンペーンが9月も継続されました。BIGLOBEはW02を選ぶと初期費用の事務手数料3,000円がタダになります。地味ですがお得なキャンペーンです。

キャッシュバックならGMOが相変わらず1位ですが、月額を抑えたいなら微妙ですがSo-netのW02グリーン限定キャンペーンの方が、GMOの月額が安くなるキャンペーンより安くなりました。地味ですが月々の支払額がかなり変わるのでおすすめです。

WiMAX2+ キャンペーンの動向【8月版】

2016年8月のWiMAX キャンペーンの動向を紹介します。

7月に比べて、GMOとくとくBBが1,000円キャッシュバックを減額し、PEPABOは2,500円減額しました。So-net、@nifty、DTI、BIGLOBEは変わりありません。本家UQ WiMAXは10,000円分のJCBギフト券だったのが3,000円になってしまいました。全体的に還元額が縮小気味な感じです。

個人的に気になるのが、So-netのW02 グリーン限定で月額料金が安くなるキャンペーンです。端末本体+クレードルが無料で、ギガ放題で1年目が1,999円引きの2,880円/月、2年目が699円引きの4,180円/月になります。月々の負担を減らしたい方は、こちらがおすすめです。

キャッシュバック額で考えると、やっぱり2016年8月もGMOとくとくBBが1位だと思います。

WiMAX2+ キャンペーンの動向【7月版】

2016年7月のWiMAX キャンペーンの動向を紹介します。

6月に比べて、GMOとくとくBBは1,000円キャッシュバックを増額し、PEPABOは2,000円減額しました。So-net、DTI、@nifty、BIGLOBEは大差ありません。本家UQ WiMAXは、タブレット・PCセットが無くなり、JCBギフト券 10,000円分プレゼントになりました。

キャンペーンを総合的に見ると、やはりGMOとくとくBBが一番お得だと思います。

ポイントはW03を選ぶかWX02を選ぶかだと思います。下り最大370Mbpsという通信速度は非常に魅力的ですが、通信方式の都合上4G LTEを使うハイスピードプラスエリアモードじゃないとこの速度は出ません。1,005円/月のオプション料金が必要な上に、ギガ放題でも7GB制限があるのが注意点です。ハイスピードプラスエリアモードでau 4G LTEが制限に引っかかると、その月はWiMAX2+も128kbpsの速度制限がかかります。

個人的には、理論値で370Mbpsを求めるよりも、220Mbpsでエリアの広い4×4MIMO方式のWX02の方が良いと思います。キャリアアグリゲーション対応エリアもかなり広くなりましたが、未対応エリアも少なくありませんし、特に九州は弱いです。

WiMAX2+ キャンペーンの動向【6月版】

2016年6月のWiMAX キャンペーンの動向を紹介します。

5月に比べて、各社キャッシュバック額が下がっています。トップのGMOとくとくBBは、33,000円から30,000円、So-netは25,000円から21,000円、BIGLOBEは26,000円から20,000円です。この減額は例年通りで、年度初めが一番高くて6月頃から減るのがいつものことです。年末までは大きな増額は期待できないかもしれません。

当サイトではこれまで紹介してこなかった、PEPABO WiMAXを6月から掲載しました。キャッシュバックが28,000円と高額ですし、月額が安くなるキャンペーンも展開しています。充分GMOとくとくBBの対抗馬になる内容ですので要チェックです。

また、GMOとくとくBBとPEPABO WiMAXは、契約から20日間は違約金なしでキャンセルできるようになりました。ピンポイントエリア判定で「○」などの条件がいくつかありますので、公式ページの方で詳細を確認してください。これまで「使ってみたいけど速度はどうなんだろう?」と不安だった方は一度試してみてください!これはGMOとペパボを選ぶ大きなメリットだと思います。

WiMAX2+ キャンペーンの動向【5月版】

2016年5月のWiMAX キャンペーンの動向を紹介します。

正直、4月と大きな差はありません。不動の1位はGMOとくとくBBで、4月とキャッシュバックの最大学は変わりません。でも、地味にそれぞれの端末のキャッシュバック額は変動しています。WX02場合、端末単体が30,950円から31,000円、クレードルセットだと28,350円から28,000円と、ホントに微妙に変わっています。

DTIは28,500円から28,000円に減額しました。So-net、UQ WiMAX、@niftyに変更はありません。BIGLOBE WiMAXは現行のキャンペーンが5月16日までなので、5月半ばの変更でどう変わるのかが楽しみです。

私の勝手な予想ですが、大した差は無いと思います。どちらかと言うと、季節的に減額方向に少し変わるんじゃないかと予測しています。少なくとも、GMOとくとくBBの最高額を超えることはありませんので、契約を待つ必要はないと思います。

早めに契約した方が、初月無料の恩恵を沢山享受できますからね。

WiMAX2+ キャンペーンの動向【4月版】

2016年4月のWiMAX キャンペーンの動向を紹介します。

新年度が始まり、年度末の3月より各社ともに若干キャッシュバックを減額しました。それでも、やはりGMOとくとくBBが33,000円でトップは変わらず、3月2位だったSo-netが25,000円に減額し、BIGLOBEの26,000円に抜かれて3位に変更になりました。

地味ではあるんですが、DTI WiMAXがこれまで、7GBの制限のあるモバイルプランでキャッシュバック額が安かったんですが、28,500円に統一されました。でも、初期費用が高かったりしますし、知名度も高くないので、順位は低めです。「知名度とか関係ないし!」って方は、DTIおすすめです。

ただ、順当に考えればやはり33,000円のGMOとくとくBBがお得だと思います。

もう1点、本家UQ WiMAXの端末セットキャンペーンに、Nexus9が復活しました。実売価格4.5万円以上する人気のAndroidタブレットがセットで、月々5,399円はお得だと思います。

WiMAX2+ キャンペーンの動向【3月版】

2016年3月のWiMAX キャンペーンの動向を紹介します。

GMOとくとくBBが、年度変わりの需要獲得のため、キャッシュバック額を最大36,000円まで増額しました。2月と比べると3,500円の増額です。今月がねらい目かもしれません。

So-netは、キャッシュバックは27,000円のままですが、月額料金を安くするキャンペーンを追加しました。これが、GMOとくとくBBの類似キャンペーンよりも数百円安く、月額を抑えたい方は3月はSo-netがベストです。

細かいところですが、BIGLOBEはW01限定でキャッシュバック額を26,000円に増やしました。

全体を見ても、やはり3月もGMOとくとくBBがお得だと思います。引っ越しや一人暮らしを機に、ネット環境を見直す場合、WiMAXは安いし、開通が早いのでおすすめです。

WiMAX2+ キャンペーンの動向【2月版】

2016年2月のWiMAX キャンペーンの動向を紹介します。

GMOとくとくBBが、キャッシュバックをやや減らしました。最大33,500円から32,500円ですから1,000円の減額です。それでも2016年2月の1番お得なWiMAXキャンペーンはGMOとくとくBBです。他社と比較して月額料金も割安ですし、ギガ放題から通常ブランに変更しても、キャッシュバック対象から外れないというのも大きなメリットです。

2位以下のSo-net、BIGLOBE、DTI、@niftyでは、BIGLOBEがキャッシュバック額を26,000円から23,000円に減らしました。@niftyは100円減らしました。2月はやや減少傾向ですね。

他では、3月31日までWiMAXの本家 UQ WiMAXのキャンペーンがお得なので掲載しました。タブレットやノートパソコンとWiMAX端末のセットが格安で購入出来て、更に3,000円分のJCBギフトカードがスグに貰えるという美味しいキャンペーンです。

月額費用がやや高くなりますが、MVNOよりも本家UQとの契約という安心感と、通信品質の高さを考えると、お得だと思います。タブレットやPCが不要な方向けの10,000円商品券プレゼントというキャンペーンもあります。額面の派手さはないですが、個人的におすすめしたいキャンペーンです。

WiMAX2+ キャンペーンの動向【1月版】

2016年1月のWiMAX キャンペーンの動向を紹介します。

GMOとくとくBBが、キャッシュバックをやや減らしました。最大37,000円から33,500円ですから3,500円の減額です。それでも2016年1月の1番お得なWiMAXキャンペーンはGMOとくとくBBです。他社と比較して月額料金も割安ですし、ギガ放題から通常ブランに変更しても、キャッシュバック対象から外れないというのも大きなメリットです。

2位以下のSo-net、BIGLOBE、DTI、@niftyは、12月からの変更はありません。

キャンペーン対象端末に関していえば、WX02が発売されて暫く経ち、WX01を扱うサービスが減ってきました。ま、後継機種が出ているのに、古い機種を選ぶ理由もありませんからね。

これも細かい点ですが、GMOとくとくBBのタブレットとのセットキャンペーンのNexus7(2013)が値上がり傾向にあって、先月の18,000円から、1月上旬時点で23,000円しますから、外部要因ですがお得感がアップしました。

スポンサーリンク

このページを読んだ人はこんなページも見ています▼

WiMAX 関連エントリー

人気記事コンテンツ

メニュー
インフォメーション
にほんブログ村 PC家電ブログ パソコンの豆知識へ