WiMAX プランの比較とおすすめの選び方

WiMAXのプランは比較と自分の使用量を把握したうえで選びましょう!

便利なデジタルライフを応援するサイト
トップページWiMAX キャンペーンWiMAXとは > WiMAX プランの比較とおすすめの選び方

WiMAXのプランを比較してみました。

WiMAX ロゴイメージWiMAX(=WiMAX2+)にはいくつかのプランがあって、プラン選びが意外と重要です。誰でもがギガ放題を選べばいいというものではありませんから注意しましょう。

まず今あるプランを、GMOとくとくBBを例に見てみましょう。

ギガ放題プラン 4,263円/月

ギガ放題プランは、月間のデータ通信量に上限が無く、月単位の通信量による速度制限がありません。ただ直近3日間で3GB利用すると翌日にかけて通信速度が制限されます。3GBというと、youtubeのHD画質720Pを約5時間見た場合のデータ量です。テキストベースのメールなら500文字を10万通送れる量です。中々達することのできない制限量です。

通常プラン 3,609円/月

通常プランは、月間のデータ通信量が7GBを超えると、月末まで通信速度が128kbpsに制限されます。さらに、ギガ放題プランと同様に3日間で3GBという制限もあります。

GMOとくとくBBに限らず、端末の受取月の翌々月まではギガ放題プランも通常プランと同じ料金で利用できます。ですから、ひとまずギガ放題プランで始めておいて、受取月を含む3ヶ月目の末を目途にプランを決定するのが良いと思います。その間に、自分が月にどれだけ通信するのか把握しましょう。

GMOとくとくBBの場合、生活に合わせて毎月プランを変更できるので便利です。

ノーリミットモードでWiMAXを使う!

非常にややこしい話なんですが、料金プランの他にルーターの通信モードというものもあります。

ハイスピードモード【標準】
WiMAX2+エリアでは2+を、WiMAX2+エリア外でWiMAXエリアではWiMAXを利用
ハイスピードプラスエリアモード
WiMAX2+とau 4G LTEも利用できる。別料金1,005円/月
ノーリミットモード
WiMAXのみを利用

ルーターの標準通信モードはハイスピードモードで、WiMAX2+とWiMAXが自動切り替えされます。より広いエリアで高速通信を利用したい方は、au 4G LTEも利用できるハイスピードプラスエリアモードも有ります。上で紹介した月単位・3日単位の通信制限は、WiMAX2+とau 4G LTEに課されるもので、WiMAXはこの限りではありません。

そこでノーリミットモードが威力を発揮します。WiMAX2+を使わずWiMAXのみを使うので、通信制限がありません。ただ、通信速度が下り最大40Mbps(キャリアアグリゲーション(CA)済のエリアは13.3Mbps)で、WiMAX2+の魅力である下り最大220Mbpsより圧倒的に遅いです。

でも、通信量を気にせず利用できるのは大きなメリットですし、遅いと言ってもストレスを感じる程の遅さではないです。ですから、「通信速度は気にしない」と言う方は、通常プランでノーリミットモードを利用するのが一番お得です。

ノーリミットモードを使うならHWD15

現行で販売されているルーターでは、HWD15だけが手動でノーリミットモードを選択できます。W01はWiMAXを拾わないですし、WX01は自動切り替えなのでWiMAX2+で速度制限を受けたからノーリミットモードで、、、という使い方は出来ません。ただ、HWD15は220Mbps通信に対応していないので最大110Mbpsです。

HWD15 通信モード切替

HWD15は一世代古い機種で、在庫限りで終売になるので、気になる方は早めに手に入れましょう。当サイトで紹介してるキャンペーンの場合GMOとくとくBBはまだHWD15を取り扱っています。

スポンサーリンク

このページを読んだ人はこんなページも見ています▼

WiMAX 関連エントリー

人気記事コンテンツ

メニュー
インフォメーション
にほんブログ村 PC家電ブログ パソコンの豆知識へ