WiMAXが遅い?エリアと特性について

『WiMAXが遅いんだけど』という質問もよく頂きます。WiMAXの電波の特性やエリアについて解説します。

便利なデジタルライフを応援するサイト
トップページWiMAX キャンペーンWiMAXとは > WiMAXが遅い?エリアと特性について

WiMAXが建物内で遅くなる理由

WiMAXはどこでも安い料金で利用できるのが強みですが、屋内では極端に回線速度が遅くなるという弱みを持っています。

回線工事がいっさい不要なため、アパートやマンションなど賃貸物件で利用している方も少なくありません。でも契約したら全然インターネットに繋がらず、また接続できても遅いといったケースがあるのです。事前に対応状況を調べることも大切ですが、周囲にある建物の環境によっても速度が大きく左右されます。

WiMAXが屋内で遅い理由は周波数によるものです。

一般的な無線LANなどでは2.4GHzの周波数帯が利用されています。実は周波数が高ければ高いほど、建物など遮蔽物の影響を受けやすくなります。しかし無線LANは利用範囲が狭いため、普通に利用する分にはほとんど影響を受けません。

WiMAXでは2.5GHz以上の帯域の電波を利用しており、非常に高速な通信が可能になる一方で、屋外にある建物の影響をダイレクトに受けてしまうのです。そのため、屋内で利用した場合電波が届かず、時々接続が切れてしまうこともあります。

WiMAXの電波が届きにくいと快適に利用することができません。周囲が高い建物だらけの場合、特に影響が大きくなるでしょう。場合によってはWiMAX自体諦める必要も出てきますが、屋内にも繋がりやすい場所が存在します。もっとも手軽な方法は部屋を移動することです。なるべく建物の陰にならない部屋で使うようにしましょう。

また屋内に電波が届きにくいため、WiMAXの端末を窓際に置くのもおすすめです。窓際は電波も入りやすいため極端に回線が遅いことも少なくなります。それでも回線が遅い・不安定なときは反射板を作ってみると良いでしょう。電波はアルミやステンレスに一部反射します。反射した電波を端末に近づけてやれば、安定した通信速度を保つことができます。大きめの段ボールや厚紙にアルミホイルをテープで貼り付け、端末の周辺に置いてあげましょう。窓際に設置すれば効果も高くなります。

WiMAX2+のエリア

WiMAXよりも高速通信が可能なサービスがWiMAX2+です。WiMAX2+は最大速度が110Mbpsと、光回線並みの速さを持っています。どこでも光回線とほぼ同じ速度でネットを利用できるのが魅力ですが、WiMAX2+を利用できるエリアは限られています。また対応端末を使わなければならず、少々古い機種ではWiMAX2+を利用できません。

しかしWiMAX2+のエリアは徐々に広がっており、対応端末も増えてきています。新機種はほぼ全て対応しているため、これから契約する方は特に気にすることもないでしょう。

WiMAX2+は環状7号線のエリア内からサービスが開始され、その後東名阪を中心にして徐々に全国へと広がっています。最終的にはほぼ全ての都道府県で利用できるようになる予定のため、WiMAXからWiMAX2+へ移行が進んでいくでしょう。

WiMAX2+を利用できる主要エリア

・札幌市など北海道の一部地域
・東北地方(青森県、宮城県、福島県、秋田県、山形県)の一部地域
・関東地方(1都6県)の一部地域(東京都23区内はほぼ利用可能)
・甲信越(山梨県、石川県、長野県)の一部地域
・中部地方(愛知県、三重県、岐阜県、静岡県)の一部地域
・近畿地方(大阪府、京都府、兵庫県、滋賀県、和歌山県)の一部地域
・中国地方(広島県、岡山県、山口県、鳥取県、島根県)の一部地域
・四国地方(徳島県、香川県、愛媛県、高知県)の一部地域
・九州沖縄地方(福岡県、沖縄県など8県)の一部地域

ほぼ全国の都道府県でWiMAX2+を利用することができます。もちろん地域によってWiMAX2+への繋がりやすさや細かなエリアは少々変わりますが、県庁所在地など全国の主要としについてはほぼカバーされています。近い将来、WiMAX2+がWiMAXと同じ人口カバー率になることは間違いないでしょう。お住まいのエリアが対応しているならWiMAXを契約する価値は十分にあると言えます。

スポンサーリンク

このページを読んだ人はこんなページも見ています▼

WiMAX 関連エントリー

人気記事コンテンツ

メニュー
インフォメーション
にほんブログ村 PC家電ブログ パソコンの豆知識へ