WiMAXと格安SIM 良い点&悪い点 どっち選ぶ?

WiMAX2+と格安SIMは、それぞれどこが良くてどこが悪いのか、、、どっちがBESTか冷静に選びましょう。

便利なデジタルライフを応援するサイト
トップページWiMAX キャンペーンWiMAXとは > WiMAXと格安SIM 比較

自分にはWiMAX・格安SIMどっちが向いているのか?

WiMAXと格安SIMは、「通信費を節約したい」と思ってる方にとって、悩ましい選択肢だと思います。今、家は光回線やADSLを使っていて、家族はスマホで大手3キャリアを使っている、、、でも、ネットと携帯代を合わせた通信費の増加は何とかしなきゃいけないと思っているはずです。そこで浮上してくるのがこのWiMAX2+と格安SIMだと思います。

どっちが向いているのか、それぞれの良い点・悪い点を解説しますので、そこを理解した上で冷静に判断しましょう。

WiMAXのメリット・デメリット

WiMAXのメリット

ギガ放題なら通信制限無し
ギガ放題プランなら基本的に月々の通信量制限はありません。
(3日で3GBの制限はありますが、youtubeが標準画質で見られるレベル)
通信速度が速い
理論値で下り最大220Mbpsの通信速度(実効速度で20~30Mbps程度)
端末が無料
キャンペーンを利用すれば、最新端末が無料
安い
月々4,300円程で無制限に使えますので、大量に使うなら圧倒的に安い

WiMAXのデメリット

荷物が増える
スマホ・タブレットなどの他にルーターを持ち歩く必要がある
最低利用期間が長い
2年の最低利用期間がある

格安SIMのメリット・デメリット

格安SIMのメリット

容量別に安いプランが選べる
1.1GBから3GB、5GBなど自分の使う容量次第で安いプランが選べる
最低利用期間が無い
音声通話機能付きSIM以外なら、ほとんど最低利用期間の設定が無い
スマホに入れるだけで使える
SIMフリー端末ならSIMカードを挿すだけで使える

格安SIMのデメリット

WiMAXより割高
15GB・20GBなど大容量を使おうと思うとWiMAXより割高
通信速度が安定しない
昼12~13時、夜18時~19時、22時台など混雑時は通信速度が明らかに落ちます。
新しく端末を買う場合高い
SIMフリー端末や、白ロムのスマホを買う場合値段が高い

【まとめ】WiMAXと格安SIMどっちが良いの?

一番分かりやすいのは容量です。10GB、20GB月々使うのであれば、WiAMXが絶対良いです。通信量を気にせず、格安SIMより早い通信速度でインターネット接続ができます。

逆に、月々3GB、5GBしか使わないのにWiMAXを使うというのは明らかに勿体ないです。

もう1点、端末代の有無も分かりやすいポイントです。WiAMXは最新端末がタダで手に入る上にキャッシュバックも有りますが、格安SIMの場合、SIMカードを格安スマホとセットで買うか、自分で新品や中古の対応端末(スマホ・タブレット)を購入する必要があります。この場合、ピンキリですがどんなに安くても2万円以上の出費は覚悟しなきゃいけません。iPhoneの新しい白ロムやSIMフリー端末だと6万円~8万円以上します。

↑この2点を勘案して、初期費用を抑えて大容量&高速で使いたいならWiMAX、最初に端末代の出費は嵩みますが、月々安く抑えたいなら格安SIMと考えるのがスマートだと思います。

格安SIM、WiMAXで悩んでる方は、是非参考にしてください。

  • 格安SIM比較&おすすめはコレだ!
    格安SIMを比較して、おすすめはコレだ!というMVNOとプランを紹介します。スマホ料金の節約は緊急課題です。手持ちのスマホ、SIMフリー、白ロムと格安SIMを上手く活用してデジタルライフを楽しもう!...
スポンサーリンク

このページを読んだ人はこんなページも見ています▼

WiMAX 関連エントリー

人気記事コンテンツ

メニュー
インフォメーション
にほんブログ村 PC家電ブログ パソコンの豆知識へ