BIGLOBEモバイルの特徴&料金・キャンペーン

BIGLOBEモバイルの一番分かりやすい解説です!特徴・料金・キャンペーン、実際の通信速度の測定結果など

便利なデジタルライフを応援するサイト
トップページ格安SIM > BIGLOBEモバイルの特徴&料金・キャンペーン

BIGLOBEモバイルの特徴と実際に使った感想など

BIGLOBEモバイルの一番わかりやすい解説です。

このページはBIGLOBEモバイルを、格安SIM初心者でも分かりやすいように解説しています。

特徴・料金プラン・キャンペーンの案内だけでなく、残念な点も書いてますから契約前にしっかり読んでください。

※このページ記載の情報は更新時の最新情報です。契約する段階では公式サイトで内容を確認してください。掲載の価格は注意書きがない限り税抜きの金額です。

スポンサーリンク

 

BIGLOBEモバイルの良い点・残念な点

BIGLOBEモバイルの良い点・悪い点をそれぞれ箇条書きにまとめました。

■BIGLOBEモバイルのここが良い

  1. エンタメフリーオプションでyoutube・Abema TVなどが480円/月で見放題
  2. スマホセットでもSIMのみでもキャッシュバック額が高額で超お得!
  3. 下りの速度は速くないけど、回線の品質が良く体感速度は遅くない
  4. ドコモ回線(タイプD)とau回線(タイプA)を選べる
  5. 6ギガプラン以上の契約でBIGLOBE Wi-Fi 1ライセンス無料(通常250円/月)
  6. 契約初月の利用料が無料
  7. 友達紹介プログラムの利用でさらに1ヶ月無料
  8. BIGLOBE接続サービスを利用中なら毎月200円割引

■BIGLOBEモバイルのここが残念

  1. 端末セットの支払い方法が24回の分割払いのみで、一括支払いに対応してない
  2. かけ放題オプションが3分のみで、650円/月で安いけど他社より時間が短い
  3. 昼12時台に通信速度が低下する
  4. クーポンコードによるキャッシュバックの増額はドコモ回線(タイプD)のみ

それぞれの項目の解説はBIGLOBEモバイルの良い点・残念な点【詳細】をご覧ください。

【速報】4月からBIGLOBEでんわ・通話オプションが変わりました!!

4月2日からBIGLOBEモバイルの半額通話アプリBIGLOBEでんわの仕様が変わりました。

固定電話にも番号通知されるようになった

今はNTTの固定回線宛てにBIGLOBEでんわからかけると相手に番号が通知されません。相手がナンバーディスプレイを使っている番号だと、登録されていても「不明な電話番号からの電話です」とアナウンスされてしまうのがBIGLOBEでんわのデメリットでした。

それが2018年4月1日から固定電話宛てでも番号が通知されるようになりました。

私がBIGLOBEモバイルの通話SIMから他社へ乗り換えた理由が↑これでしたから、すごく良い変更だと思います。

料金が少し変わった

BIGLOBEでんわの通話料が10円/30秒(不課税)だったのが、9円/30秒(税別)になります。30秒当たり1円下がって、不課税から税別に変わるので微妙に安くなります。

通話パック60・3分かけ放題も650円/月(不課税)が600円/月(税別)になります。これも2円だけですが安くなりました。

たかが数円でも安くなったのは有難いですね。

通話パック90・10分かけ放題が追加された

3月までは最大60分分の無料通話の【通話パック60】と国内通話3分以内かけ放題の【3分かけ放題】のみでしたが、4月2日から【通話パック90】【10分かけ放題】が追加されました。

通話パック90
1,620円分(最大90分分)の無料通話が830円/月(超過分は9円/30秒)

10分かけ放題
10分以内の国内通話がかけ放題(1回の通話で10分を越えた分は9円/30秒)

【番号通知・値下げ・オプションの追加】この3点の変更でBIGLOBEモバイルがすごく使いやすくなりました。

BIGLOBEモバイルのキャンペーン【2018年4月】

BIGLOBEモバイルは、当サイトとのタイアップのキャンペーンがお得なのでまず紹介しますね♪

格安SIM おすすめのランキングでも1位で紹介してますもんね。タイアップって他と何が違うんですか?

キャッシュバックが一般のキャンペーンより4,800円増額されます!

BIGLOBE SIM スクリーンショット
2018年4月3日から
新規契約で 最大20,400円キャッシュバック←当サイトタイアップ企画


BIGLOBEモバイルの現行のキャンペーンは、2018年4月2日~6月3日までで、タイプDの3ギガ以上のセレクトプランが対象(データSIMのみは除く)です。

キャッシュバック額は以下の通りです。

  • 端末セットの音声通話SIMで20,400円(3月20日から増額)
  • SIMのみで15,600円
  • 端末セットのデータSIMで4,800円

ポイントは、端末セットじゃない音声通話SIMのみの契約でも、最高額のキャッシュバックが貰えるという点です。

しかも条件が3ギガプラン以上だからライトユーザーも対象になるのが特徴です。

お得だけど細かい注意点も理解した上で申し込んでください。

BIGLOBEモバイル キャンペーンの注意点

キャッシュバックが貰えるのは13ヶ月後
実際にキャッシュバックが貰えるのはかなり先になります。申し込みページの注意書きに↓このように書かれています。よく読んでおきましょう。

【特典受取方法】
サービス開始日の翌月を1カ月目として、12カ月目が特典適用月となります。特典適用月の月初1日目に「口座指定案内メール」をBIGLOBEメールアドレス宛に送付いたします。指定口座受け取りの手続き完了から、数日後にご指定の口座へ振り込み致します。

最低利用期間は13ヶ月
キャッシュバックが貰えるのが13ヶ月後ですから、当然解約していては貰えません。

ただ、キャンペーンに関係なく音声通話SIMには最低利用期間(サービス開始月の翌月を1カ月目として12カ月目まで)が設定されていて、期間内に解約すると8,000円の解除料がかかります。契約するなら13ヶ月は継続する前提で契約しましょう。

au回線(タイプA)は増額対象外
キャッシュバック額の増額は、au回線(タイプA)は対象外でドコモ回線(タイプD)のみが対象です。タイプAだとキャッシュバック額は10,800円になります。

クーポンコードの入力が必須
専用の申し込みページから申込んでも、クーポンコードの入力がないとキャッシュバックの増額特典は適用されません。忘れずにクーポンコードを入力してください。

申し込みは → BIGLOBEモバイル

BIGLOBEモバイルと他社のキャンペーンの比較

BIGLOBEモバイルと他社のキャンペーンを比較してみました!

いいですね~、そういうの気になります!

主要な格安SIMの現行のキャンペーンを集めました。キャッシュバック・割引・特典など各社いろんな企画で乗り換えユーザーを獲得しようと頑張っています。BIGLOBEモバイルのキャンペーンと見比べてください!

楽天モバイル

2018年4月12日~
シェアNo.1獲得記念大感謝セール 格安スマホが限定特価

LINEモバイル

2月27日から
#ぜーんぶゼロキャンペーンで月額基本料など色々0円になる

IIJmio

2018年3月1日から
初期費用・容量追加・月額割引で史上最強にお得!!

UQmobile

対象の端末セット・SIMのみの契約で
JCBギフトカード 3,000円分プレゼント

mineo

2018年5月8日まで
通話SIM(デュアルタイプ)の新規申込みで 6ヶ月間 毎月900円/月割引
10分かけ放題 850円が 最大2ヶ月無料

nuroモバイル

2017年2月14日~
2GB以上の音声SIMの新規契約で 最大15,000円キャッシュバック

DMMモバイル

5月9日まで
新規申し込みで全プラン 新規契約手数料3,240円 無料

エキサイトモバイル

2018年5月8日11:59まで
新規申し込み全員に 3,000円か5,000円キャッシュバック

NifMo

2018年4月1日から
音声通話SIM+スマホセットで最大21,000円 キャッシュバック

DTI SIM

DTI SIMが初めての人限定
通話SIM 3GBプラン 10分かけ放題付き 半年間 1,520円/月

ん~、なんかいっぱいありすぎてよく分からない(-_-;)

ですよね(^_^;) 普通こんなに比較しませんもんね。

私は客観的に見て、音声通話SIMのみの契約でも15,600円のキャッシュバックはお得だと思います。しかも、条件は通常の最低利用期間と同じでキャッシュバックを貰ったら、解除料など払わずに解約して他社に乗り換えることもできます。

BIGLOBEモバイル並みにキャッシュバックが多いのは、楽天モバイルNifMoで、楽天モバイルはスーパーホーダイの3年契約で20,000円のキャッシュバックです。

ただ、3年以内に解約すると1年目は29,800円、2年目が19,800円、3年目は9,800円の契約解除料が必要です。解約しなきゃいいんですが、格安SIMに乗り換えたのにキャリアの2年縛りより長い3年縛りを受けるのはちょっとどうかと思います。

NifMoは4月からキャッシュバックを増額して、低容量の3GBプランの通話SIMでSIMのみで16,400円、スマホセットで20,000円貰えます。ただ、BIGLOBEモバイルの方がオプションが多いし、使い方に合わせた節約ができると思います。

他のMVNOで20,400円分以上の還元を受けられるキャンペーンはありませんから、やっぱりBIGLOBEモバイルのキャンペーンはお得だと私は思います。

申し込みは → BIGLOBEモバイル

BIGLOBEモバイルの料金プラン・オプション

ここではBIGLOBEモバイルの料金プランやオプションについて詳しくまとめています。

通信容量やSIMのタイプ(データ・データ+SMS・音声通話)、スマホをセットにするかSIMのみかを自由に選べるのがセレクトプランです。

もうひとつ2018年2月5日からスタートしたスマホまる得プランがあります。

こちらは対象端末を購入する時に選べるプランで、音声通話SIMと通話オプション(通話パック60 or 3分かけ放題)がセットになったプランです。端末なしのSIM単体では申込みできません。

まずセレクトプランの内容と料金を見ていきましょう。

BIGLOBEモバイル【セレクトプラン】

セレクトプランは、ドコモ回線のタイプDとau回線のタイプAから選べて、それぞれ1GBの音声通話スタートプランから30GBまで6種類から選べます。

音声通話スタートプランは、通信量1GBなのに3ギガの音声通話SIMと同じ料金設定なので、選択するメリットはありません。

3ギガプラン・6ギガプランが人気です。

3ギガプランが900円 6ギガプランが1,450円なので、大手キャリアと比較すると約1/3~1/5まで安くなります。

格安SIMの中で比較すると標準レベルの料金設定です。

セレクトプラン タイプD

コース名 通信量 データ データ+SMS 音声通話
音声通話スタート 1GB 1,400円
人気アイコン
3ギガ
3GB 900円 1,020円 1,600円
6ギガ 6GB 1,450円 1,570円 2,150円
12ギガ 12GB 2,700円 2,820円 3,400円
20ギガ 20GB 4,500円 4,620円 5,200円
30ギガ 30GB 6,750円 6,870円 7,450円

セレクトプラン タイプA

コース名 通信量 データ+SMS 音声通話
音声通話スタート 1GB 1,400円
3ギガ 3GB 1,020円 1,600円
6ギガ 6GB 1,570円 2,150円
12ギガ 12GB 2,820円 3,400円
20ギガ 20GB 4,620円 5,200円
30ギガ 30GB 6,870円 7,450円

参考:ドコモ・au・ソフトバンクのデータ定額料

1GB 2,900円 2GB 3,500円
3GB 4,200円 5GB 5,000円
20GB 6,000円 30GB 8,000円

初期費用
3,394円(プラン申込手数料 3,000円+SIMカード準備料 394円)

通話料
国内通話:20円/30秒、BIGLOBEでんわ:10円/30秒

SMS送信料
国内:3~30円/通

支払方法
クレジットカードのみ(データSIMの場合口座振替も可)

最低利用期間
音声通話SIMのみ最低利用期間があります。サービス開始月の翌月を1ヶ月として12ヶ月目まで

契約解除料
最低利用期間内に解約するか、音声通話機能をやめた場合8,000円

MNP転出手数料
契約開始月~3ヶ月目:6,000円、 4ヶ月目以降:3,000円

シェアSIM
3ギガプラン以上で最大4枚までSIMカードを追加できます。主回線を含めると5枚で通信量をシェアできます。

追加には1枚ごとに初期費用3,394円と、月額料金が必要です。(音声 900円/月・データ+SMS 320円/月・データ 200円/月)

主回線がデータ専用かデータ+SMSの場合、音声通話SIMを追加することは出来ません。

音声通話SIMを追加した場合は、SIMカードそれぞれに最低利用期間が設定されます。

最低利用期間内にシェアSIMを削除すると、8,000円の契約解除料がかかります。

BIGLOBEモバイル【スマホまる得プラン】

スマホまる得プラン バナー
出典:スマホまる得プラン | BIGLOBEモバイル

スマホまる得プランはタイプAで対象端末(ZenFone4 Pro・iPhoneSE・iPhone6s)をセットで購入するときに適用できるプランです。

音声通話SIMの利用料に通話オプション(通話パック90 or 10分かけ放題)が付いたプランで、3GB以上のプランだと月々の端末代が2年間1,050円値引きしてくれるキャンペーン中です。(1GBプランだと2年間700円引き)

スマホまる得プラン

コース名 通信量 1年目 2年目 セレクトプランの場合
Sプラン 1GB 2,230円 2,980円 2,230円
S+プラン 3GB 2,430円 3,480円 2,430円
Mプラン 6GB 2,980円 3,980円 2,980円
Lプラン 12GB 4,230円 5,980円 4,230円
2Lプラン 20GB 6,030円 7,480円 6,030円
3Lプラン 30GB 8,280円 8,980円 8,280円

右端の赤字がセレクトプランの月額料金に、通話オプションの830円/月を足した額です。

スマホまる得プランの2年目700~1,750円セレクトプランより高いことが分かります。

ちなみに、この金額には端末代が含まれないので、さらに↓端末代がプラスされます。

  • ZenFone4 Pro:3,750円(合計90,000円)
  • iPhoneSE 32GB:1,700円(合計40,800円)
  • iPhoneSE 128GB:2,100円(合計50,400円)
  • iPhone6s 32GB:2,350円(合計56,400円)
  • iPhone6s 128GB:2,850円(合計68,400円)

キャンペーンで3GBプラン(S+プラン)以上だと端末代が2年間1,050円割引してくれるので上記の金額から25,200円安くなります。キャンペーン後の金額がこちら↓

  • ZenFone4 Pro:2,700円(合計64,800円)
  • iPhoneSE 32GB:650円(合計15,600円)
  • iPhoneSE 128GB:1,050円(合計25,200円)
  • iPhone6s 32GB:1,300円(合計31,200円)
  • iPhone6s 128GB:1,800円(合計43,200円)

端末代は2年間で25,200円安くなりますが、2年目の月額料金がセレクトプランより700~1,750円/月高くなるので、1年で8,400~21,000円も高くなります。。

正直言うとどこがまる得なのかというとプランです

スマホまる得プランの対象端末は、セレクトプランでは購入できない端末なので、対象の5端末を「どうしてもBIGLOBEモバイルで買いたい」という方は仕方ないです。

そうでないなら別のMVNOを選ぶか、セレクトプランで買えるスマホから選ぶのが良いと思います。

料金やキャッシュバックの特徴の他に注意点があるので紹介します。

BIGLOBEモバイル【スマホまる得プラン】注意点

定期利用期間と自動更新
サービス開始月の翌月を1ヶ月目として24ヶ月目の末日までが定期利用期間です。24ヶ月目・25ヶ月目の更新期間月に解約しないと、24ヶ月毎の定期利用期間が自動更新される。

2年契約プラン解除料
上記更新期間月以外に解約すると、6,000円の2年契約プラン解除料が必要

音声通話サービス契約解除料は別途
音声通話SIMの契約解除料は、セレクトプランと同じ設定でサービス開始月の翌月を1ヶ月として12ヶ月目の末日までに解約すると8,000円必要で、上記2年契約プラン解除料 6,000円も必要なので、合計14,000円必要になる

iPhoneSE・6sはSIMロックされている
BIGLOBEモバイルで購入するiPhoneはキャリアはSIMロックされています。SIMロック解除に関しては SIMロックの解除はできますか | BIGLOBE会員サポートを要確認

BIGLOBEモバイルのおすすめプラン

セレクトプランとスマホまる得プランなら、セレクトプランがおすすめです。

私がおすすめする理由は↓この4点です。

  • 2年の定期利用期間・自動更新がない
  • スマホセットで選べる端末が多い
  • SIMのみでもキャッシュバックが貰える
  • キャッシュバックが4分割ではなく1年後に一括で貰える

キャッシュバック額は最大15,600円で、スマホまる得プランの合計25,200円より安いですが、2年目に月額料金が上がらないし、通話オプションが必要がなければ外せます。

1年後にキャッシュバックを受け取ってから、他の格安SIMで自分に合ったプランや、お得なキャンぺーンがあれば違約金なしで自由に乗り換えられます。

このように考えると、明らかにセレクトプランがおすすめです。

BIGLOBE SIM スクリーンショット
2018年4月3日から
新規契約で 最大20,400円キャッシュバック←当サイトタイアップ企画

 

BIGLOBEモバイル【スマホセット】

BIGLOBEモバイルでSIMカードとセットで購入できるスマホは以下の通りです。(2018年4月5日時点)

メーカー 端末 支払額 合計額
ASUS ZenFone Max Plus(M1) 1,240円×24回 29,760円
HUAWEI nova lite 2 1,080円×24回 25,920円
シャープ AQUOS sense lite 1,380円×24回 33,120円
ASUS ZenFone4 MAX(ZC520KL) 970円×24回 23,280円
シャープ AQUOS R compact SH-M06 2,850円×24回 68,400円
ASUS ZenFone4(ZE554KL) 1,980円×24回 47,520円
ASUS ZenFone4 Pro(ZS551KL) 3,750円×24回 90,000円
Motorola Moto G5s Plus 1,610円×24回 38,640円
富士通 arrows M04 1,490円×24回 35,760円
ASUS ZenFone Live 820円×24回 19,680円
TCLコミュニケーション Alcatel PIXI 4 420円×24回 10,080円
Apple iPhoneSE 32GB 1,700円×24回 40,800円
Apple iPhoneSE 128GB 2,100円×24回 50,400円
Apple iPhone6s 32GB 2,350円×24回 56,400円
Apple iPhone6s 128GB 2,850円×24回 68,400円

付きの端末は、スマホまる得プランでしか申込めません。
出典:端末一覧 | BIGLOBEモバイル

BIGLOBEモバイルは24回払いの分割払いのみの対応で、支払い方法はクレジットカード支払いのみ。分割手数料はかかりません。24回払いの途中で解約した場合、残債は一括支払いになります。

スマホ代を一括で支払いたい方は別のMVNOを選びましょう。

BIGLOBEモバイルのスマホセットのおすすめ

BIGLOBEモバイルのスマホセットでおすすめなのは、ZenFone4nova lite2です。おサイフケータイを利用したい方はAQUOS sense liteがいいでしょう。

ZenFone4は2017年9月23日発売の機種で、4月から約4,000円値下げされて1,980円×24回=47,520円です。「高い」と感じますが、3ギガプラン以上の音声SIMとセットなら20,400円キャッシュバックが受けられます。ですからZenFone4が実質27,120円で購入できるので非常にお得です。

nova lite2は2018年2月9日発売でコスパが凄いです。1,080円×24回=25,920円と非常に安いのにWレンズ搭載でCPUはミドルクラスでメモリは3GB、iPhoneX的なボタンレスな超ワイドディスプレイ搭載です。キャッシュバックを考えれば、実質5,520円で購入できます。

AQUOS sense liteは防水・おサイフケータイ対応のミドルスペックモデルで、高精細なIGZOディスプレイは濡れてもサクサク操作できます。ワンランク上のAQUOS R compactの方がかなりスペックが良いし、ワンセグ・ハイレゾ再生にも対応しますが、価格がsense liteの2倍以上の価格になってしまいます。格安スマホという意味ではsense liteがおすすめです。キャッシュバックを考えれば、実質12,720円で購入できます。

申し込みはこちら → BIGLOBEモバイル

  • BIGLOBEモバイルのオプション徹底解剖 おすすめしないのはコレ
    BIGLOBEモバイルのオプションプランを徹底解剖して解説しています。エンタメフリーや通話パック・かけ放題など豊富なオプションが魅力です。他にも沢山ありますが正直ほとんど必要ないです。おすすめしないオプションと、使えるオプションを解説しているので参考にしてください。...

BIGLOBEモバイルの実際の通信速度

BIGLOBEモバイルの最新の通信速度のテスト結果がこちらです。

2018年4月17日(火)スピードテスト結果(OOKLA SPEEDTEST)

BIGLOBEモバイル 通信速度テスト結果 折れ線グラフ

日時 下り(Mbps) 上り(Mbps) ピン(ms)
6:20 19.9 11.6 59
7:41 1.38 8.80 68
8:41 1.72 5.96 57
9:36 26.0 12.4 48
10:33 26.2 8.39 59
11:06 36.1 9.79 71
12:15 0.45 10.1 71
13:17 3.09 3.42 71
14:26 17.0 6.34 59
15:15 6.40 7.82 66
16:30 11.3 8.07 72
17:34 3.30 7.16 66
18:54 0.97 8.58 96
19:20 0.85 5.15 97
20:19 1.78 9.20 69
21:34 3.04 10.4 68
22:23 3.04 8.21 72
23:03 7.64 5.40 68

前回1月末に計測した時より、18~20時台の速度低下が大きかったです。1.0Mbps切ると普通のブラウジングやSNSのチェックでも「遅いな」と感じるレベルです。昼12時台も1.0Mbpsを下回っていました。これらの時間帯に速度低下するのは他社も同じなので、他の時間帯はまずまずのスピードが出ているので通信品質は悪くないと思います。

2018年1月29日(月)スピードテスト結果(OOKLA SPEEDTEST)

日時 下り(Mbps) 上り(Mbps) ピン(ms)
6:54 8.06 3.01 69
7:27 5.95 5.37 68
8:19 5.75 8.29 66
9:19 8.95 4.15 59
10:20 7.02 3.27 60
11:20 7.08 5.59 62
12:40 0.44 4.51 76
13:42 7.54 4.18 71
14:42 9.93 3.47 68
15:33 5.72 5.70 71
16:42 9.29 5.28 71
17:33 2.97 2.67 71
18:46 3.00 9.04 68
19:37 2.68 3.38 74
22:21 3.22 10.49 78

昼に下り0.44Mbpsまで下がりますが、他の時間帯は安定して速い速度が出ています。夕方の混雑する時間帯 18時・19時台がやや遅いですが、極端に「遅い」とストレスを感じるレベルではありません。今後も継続してスピードテストを実施していきます。

他社との比較はこちら>>>格安SIM 通信速度の解説&比較検証【最新版】

BIGLOBEモバイルの良い点・残念な点【詳細】

■BIGLOBEモバイルのここが良い

1.エンタメフリーオプションが480円/月

BIGLOBE SIM エンタメフリーオプション ロゴ定額制の音楽配信サービスや動画やネットテレビ・ネットラジオを使う人にとって、こんなに心強くお得なオプションはありません。

音声SIMの3GBプラン以上なら月々480円です。データSIMだと980円で高くなっちゃうので要注意です。

これまでエンタメコンテンツで使う為に7GB・10GBそれ以上のプランを利用していた方は、3GB+エンタメフリーオプションで大幅に節約できるでしょう。

3GBプランの通話SIMが1,600円/月ですから、480円足しても2,080円/月です。

業界最安を謳うDMM mobileの7GBプランが2,560円、10GBだと2,890円もします。音楽・動画で高速通信量を消費している方に強くおすすめ出来るオプションプランです。

エンタメフリーオプション対象サービス
youtube・Google Play Music・Apple Music・Abema TV・Spotify・AWA・radiko.jp・Amazon Music・U-NEXT・youtube Kids (2018年2月1日時点)

ただ、通信の最適化が行われるので、Youtubeの場合だと高画質(720P・1080P)で試聴していても自動で360Pに最適化されます。360Pはスマホで見る普通画質レベルです。

7インチ以上のタブレットで360Pで見ると少し粗さを感じますが、スマホなら普通に観られる画質です。その他のサービスも画質・音質の推奨品質がスマホ品質となっています。

エンタメフリー機能に係る説明

また、昼時(12時台)や夜の混雑する時間帯(19~21時前後)は日によって止まったり途切れることがあります。その他の時間は途切れることなく快適に利用できます。

仕事や家事のバックでyoutubeやストリーミングの音楽を流しっぱなしにして作業してる方とか、AbemaTVや動画をよく見る方にすごくおすすめです。

申し込みはこちら → BIGLOBEモバイル

2.キャッシュバックキャンペーンがお得

BIGLOBE SIM スクリーンショット
2018年4月3日から
新規契約で 最大20,400円キャッシュバック←当サイトタイアップ企画


BIGLOBEモバイルの現行のキャンペーンは、2018年4月2日~6月3日までで、タイプDの3ギガ以上のセレクトプランが対象(データSIMのみは除く)です。

キャッシュバック額は以下の通りです。

  • 端末セットの音声通話SIMで20,400円
  • SIMのみで15,600円
  • 端末セットのデータSIMで4,800円

ポイントは、端末セットじゃない音声通話SIMのみの契約でも、最高額のキャッシュバックが貰えるという点です。

しかも条件が3ギガプラン以上だからライトユーザーも対象になるのが特徴です。

他の時間帯は安定して速いし、遅くなるとスピーディに回線を増強してくれるんですが、平日昼の一番混雑する時間帯は下り1.0Mbpsを下回ることもあります。他のMVNOも多かれ少なかれ低下しますが格安SIM初めての方は理解しておいた方がいいでしょう。

申込み前にBIGLOBEモバイル キャンペーンの注意点もよく読んでください。

3.回線の品質が良く体感速度は遅くない

私は2016年4月から何度か途切れてはいますが、BIGLOBEモバイルを使い続けています。そして長らくスピードテストも実施しています。

そこで感じるのが「数値は低いけど体感速度は悪くない」というBIGLOBEモバイルの通信速度の特徴です。逆に楽天モバイルは「数値は良いけど体感速度が伴わない」という印象で、結果的に似たり寄ったりな体感スピードという印象を持っています。

実際に大手メディアサイトでも、BIGLOBEモバイルのトラフィックコントロールや最適化についてのBIGLOBEモバイルの有泉社長のインタビュー記事が掲載されています。

なぜ今“SIM替え”なのか 新生「BIGLOBEモバイル」の狙いを聞く (3/3)
http://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/1710/31/news120_3.html

↑この中で、スピードテストの数値だと「BIGLOBEは遅い」と言われるけど、「体感上の品質が重要だと考えている」と書かれています。

UQモバイルやY!mobileのように極端に速いわけじゃありませんが、スピードテストの数値より速く感じるのは本当で、他社と比べて遅いことはないです。

4.ドコモ回線(タイプD)とau回線(タイプA)を選べる

au回線SIMついに開始!
出典:au回線の格安SIM ついに開始!

BIGLOBEモバイルは2017年10月10日から、ドコモ回線だけでなくau回線(タイプA)も選べるようになりました。

料金設定はドコモ回線と同じですが、タイプAにはデータSIMがなくSMS機能が必ず付きます。

au回線が増えたことで使える端末が増えました。auで販売されたAndroidスマホでもBIGLOBEモバイルが使えるようになりました。ただ2017年7月31日までに発売されたau販売の端末はタイプAを利用する場合もSIMロック解除は必須です。

私はタイプDを契約しているので、実際に測定はしていませんがTwitterなどでユーザーの評価を調べると、タイプDより速いということはないようです。

BIGLOBE タイプA - Twitter検索

速度的なメリットが無い以上、キャッシュバックキャンペーンで優遇されているタイプDを選ぶのが良いと私は思います。

5.BIGLOBE Wi-Fi 1ライセンス無料(通常250円/月)

BIGLOBE Wi-Fi
出典:BIGLOBE Wi-Fi 外出先でも高速なWi-Fiサービス

BIGLOBEモバイルの6ギガプラン以上の契約で、BIGLOBE Wi-Fiが1ライセンス無料で利用できます。

全国のスタバ・タリーズ・セブンイレブンなど約83,000ヶ所のアクセスポイントを利用できます。店舗だけでなく鉄道の主要駅・空港などもアクセスポイントがあります。

通信容量の節約や、速度低下する昼時にBIGLOBE Wi-Fiのアクセスポイント下へ回避するような使い方もできます。無料のオートコネクトアプリを使うとモバイルデータ通信からBIGLOBE Wi-Fiへ自動で切り替わるので便利です。

6.契約初月の利用料が無料

BIGLOBEモバイルは契約した月の利用料が無料です。

例えば3月6日にWEBから申し込むと、2、3日でSIMカードが届くので3月8日、9日頃がサービス開始日になります。そして3月分の月額基本料は無料になります。

ただ、初期費用の3,394円(プラン申込手数料 3,000円+SIMカード準備料 394円)と、オプション料金は課金されますので注意しましょう。完全に無料ではありません。

端末セットで購入した場合も、契約初月は課金されず翌月から24ヶ月になります。

BIGLOBEモバイル 初月無料の活用法
初月無料を最大限に利用するには、契約したい月の前月の月末の日か、1、2日前に申し込んで、翌月早々に手元に届きサービス開始日になるようにします。

さらに実際に契約したいプランのひとつ上のプランに申し込めば、1ヶ月無料で使った上に翌月に繰り越せます。自分にあったプランが3ギガプランだったとしたら、6ギガプランで申し込むわけです。すると初月に3GB使って翌月に3GB繰り越せます。

無料の月の月末までにプランを下げることを忘れないようにしましょう。

MNPでキャリアから転入する場合
MNPでキャリアからBIGLOBEモバイルに転入する場合、キャリアの料金は日割りされませんから、月末にMNPの転入手続きが完了できるタイミングがいいでしょう。

この場合「月末にSIMが届かない」のが最悪のケースですから、2、3日前に届くように余裕を持って申し込みましょう。

月末にサービス開始する場合、ほぼ丸ごと通信量が翌月に繰り越される事になります。先述のようにひとつ上のプランで申し込んでサービス開始して、月末にすぐプラン変更した場合、繰り越されるのは月間データ通信量と同量なので、ひとつ上のプランで契約するメリットはありません。手間が増えるだけなので、必要なプランで申し込みましょう。

7.友達紹介プログラムの利用でさらに1ヶ月無料

BIGLOBEモバイル 友達紹介プログラム
出典:友達紹介プログラム

友達紹介プログラムはBIGLOBEモバイルを利用中の人が、紹介コード確認ページにアクセスして表示される紹介コードを、紹介コード入力ページに入力すると、紹介した人も紹介された人も2人とも月額料金が1ヶ月無料になるというキャンペーンです。

紹介する人・される人どちらも音声通話SIM利用者じゃないといけません。

もちろん、友達かどうかの判断なんてできませんから、他人でも紹介コードさえあればお互い1ヶ月無料になります。私は残念ながらSMS付きデータSIMユーザーなので紹介コードが出せません。

紹介する側になれば、紹介した人数分の月数分プラン月額料金が無料になります。対象期間は2018年9月30日までなので残りわずかです。紹介するのもされるのも急ぎましょう。

8.BIGLOBE接続サービスを利用中なら毎月200円割引

SIM以外のBIGLOBEのネット回線を利用してる人は、SIMが200円/月安く利用できます。

この200円/月というのは、ベーシックコースというBIGLOBEの通信・プロバイダーサービスの全ての料金に含まれている基本料で、ひとつのサービスで支払っていれば、他のサービスを利用する時は重複して払わなくていいので、結果的に200円安く利用できるという理屈です。

だから、最初にBIGLOBEモバイルを使い始めて、後からWiMAX2+を契約するとWiMAX2+のベーシックコース分 200円/月が安くなります。WiMAX2+の他、光回線・ADSLなども対象です。

BIGLOBE光を利用中だと光☆SIMセット割で、さらに300円/月安くなるので合計500円/月安くBIGLOBEモバイルが利用できます。月々500円安いのは大きいです。(フレッツ光の場合100円/月・au回線(タイプA)は光☆SIMセット割は対象外)

■BIGLOBEモバイルのここが残念

1.端末セットが分割払いのみで一括支払いできない

BIGLOBEモバイルは、端末セットが分割払いのみで一括払いできません。

BIGLOBEモバイルの場合、アシストパック●(●はアルファベットか金額が入る)という呼び名で、それぞれの端末ごとにアシストパックMとかアシストパック3750など適用されるパックが違います。

アシストパックなんて名前は付いていますが、割引や違約金があるわけでもないただの分割払いです。24回支払う前に解約すると、残りは一括支払いになります。

アシストパックの月額料金

↑こちらにそれぞれのパックごとの契約解除料が掲載されていますが、契約解除料は月々の支払額に残りの月数を掛けただけです。

例えば、AQUOS sense liteのアシストパックHを14ヶ月目で解約した場合、(24ヶ月-14ヶ月)×1,240円=12,400円という計算です。違約金が加算されたりはありません。

ですから、音声通話SIMの最低利用期間(サービス開始月の翌月を1ヶ月として12ヶ月目まで)を過ぎて、キャッシュバックがある人はキャッシュバックを貰ってしまえば、解約・乗り換えの経済的な負担はありません。

個人的には端末代は最初に払ってしまいたい人なので、分割払いしかできないのはBIGLOBEモバイルに改善してほしいと思う点です。

2.かけ放題が3分 650円/月で安いけど時間が短い

BIGLOBEモバイルは、他の格安SIMのかけ放題オプションより安いですが時間が短いです。

かけ放題の時間が3分650円/月です。他社は10分850円が一般的です。

10分の上位オプションが選べれば良いのですが、今のところそういうオプションプランはありません。有るのは最大60分の無料通話も同じ料金で選べます。

ちょっとした用事なら3分で済みますが、少し話すと3分はすぐオーバーしてしまいます。オーバーした分は10円/30秒なので差額の200円分だと10分の計算です。

自分がどれくらい通話するのか、1回あたり何分くらいなのかはよく計算した上で申し込みましょう。650円だと10円/30秒換算で32.5分です。

月々30分以上電話しない方は通話オプションに加入する必要ありません。

3.昼12時台に通信速度が低下する

BIGLOBEモバイルは昼12時台の速度低下が他社と同様にあります。

2017年8月からスピードテストした結果の中から12時台の結果だけを抽出しました。

日時 下り(Mbps) 上り(Mbps) ピン(ms)
2018年3月6日 (火) 0.25 9.41 69
2018年2月19日 (月) 1.57 6.75 97
2018年2月13日 (火) 0.35 10.62 108
2018年1月26日 (金) 0.33 8.90 78
2018年1月17日 (水) 1.24 11.04 76
2018年1月13日 (土) 3.16 10.18 71
2017年12月28日 (木) 0.91 10.40 70
2017年12月2日 (土) 3.14 9.79 77
2017年11月2日 (木) 0.65 12.17 63
2017年10月25日 (水) 1.45 17.94 42
2017年9月29日 (金) 0.64 10.27 92
2017年9月22日 (金) 0.81 9.27 61
2017年9月15日 (金) 0.58 10.32 69
2017年9月8日 (金) 0.45 7.82 74
2017年9月1日 (金) 0.40 10.67 37
2017年8月21日 (月) 0.42 9.97 69
2017年8月15日 (火) 0.86 5.54 69
2017年8月8日 (火) 0.56 8.97 66

平日はほぼ下り1.0Mbpsを切ってしまっています。上回ってるのは赤字の3回のみです。しかし、同時に見てほしいのが上りとPINの数値です。非常に良い数値が出ています。

回線の品質が良く体感速度は遅くない」でも書きましたが、トラフィックコントロールや通信の最適化を実施して、スピードテストでの数値ほどの遅さは感じないのがBIGLOBEモバイルの特徴です。

この数値ですから速いことはありませんが、ブラウザでのWEBページチェックや、SNSの巡回くらいなら遅いなりにも使えるレベルの速度は出ています。

ここまで低下するのは昼時だけなので、他の時間は快適に通信できます。

昼の速度低下はUQモバイル・Y!mobile以外の格安SIM全てに言えることなので、「昼遅いのは仕方ない」と思った方がいいかもしれません。

今後も定期的にチェックして更新していきます。

4.キャッシュバックの増額はドコモ回線(タイプD)のみ

BIGLOBE SIM スクリーンショット
2018年4月3日から
新規契約で 最大20,400円キャッシュバック←当サイトタイアップ企画

 
現行のセレクトプランでのキャッシュバック増額の対象は、タイプDのみでタイプAだと通常の10,800円になります。タイプAしか使えないスマホで使うわけじゃないなら、タイプDでの契約の方がお得だと思います。

BIGLOBEモバイルの関連ページ

スポンサーリンク
格安SIM 最新エントリー
格安SIM・格安スマホ個別メール相談室

人気コンテンツ

メニュー
インフォメーション
にほんブログ村 PC家電ブログ パソコンの豆知識へ