iPhoneSEと格安SIMセットが激安 メリットなど

iPhoneSEは格安SIMとのセットが激安で人気ですが、そのメリット・デメリットを調べました。

便利なデジタルライフを応援するサイト
トップページ格安SIM > iPhoneSEは格安SIMとのセットが激安!購入のメリット・デメリットを解説

iPhoneSEと格安SIMのセットにデメリットは無いの?

iPhoneSEはアップルストアで買うと端末代が高いし、キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)で買うと端末代の実質負担額は少ないけど月々の利用料が高いです。

それが格安SIMだと、端末代も安くて月々の利用料も抑えられるので人気です。

ただあまりの安さに「なんかデメリットないのかな?」と不安を感じてる人も多いので、ここでは格安SIMとiPhoneSEのセット購入のメリット・デメリットを詳しく解説します。

格安SIMとセットのiPhoneSEのメリット・デメリット

デメリットは『SIMロックされている』ところ

格安SIMとセットのiPhoneSEのデメリットは1点だけ、、、ズバリSIMロックです。

iPhoneSEを購入できるのはUQモバイル・Y!mobile・BIGLOBEモバイル・楽天モバイルの4社で、このうちUQモバイル・Y!mobile・BIGLOBEモバイルのiPhoneSEにはSIMロックがかかっています。

3社とも購入から101日以降で、端末代をきっちり支払っていて、ネットワーク利用制限されていなければSIMロック解除ができます。

ドコモ・au・ソフトバンクなどキャリアでiPhoneSEを購入してもSIMロックはかかっていますし、分割で購入すると100日間はSIMロック解除できません。(一括購入なら即日SIMロック解除できます。)

楽天モバイルはSIMフリーだけど高い

楽天モバイルは海外販売モデルのiPhoneSEなのでSIMロックはかかっていません。

ただ国内モデルと内部ストレージの量が違って、楽天モバイルで買えるのは16GBと64GBです。しかもかなり高いです。16GBが41,800円、64GBが46,800円です。

16GBはセール期間中だと音声通話SIMとセットで1万円台前半まで安くなるんですが、SDカードなどで記憶容量を増やせないiPhoneで16GBは心もとないです。

そして楽天モバイルの64GBは高すぎです。

アップルストアで32GBが39,800円・128GBが50,800円ですから、楽天モバイルの64GBで46,800円では「楽天モバイルで買うメリット」がありません。

スーパーホーダイで2年・3年の長期契約すれば、2年で1万円、3年で2万円のキャッシュバックが貰えますが、その間解約できませんからSIMフリーモデルを買うメリットもありません。

だから楽天モバイルでiPhoneSEを買うのはおすすめできません。

メリットはSIMフリー・キャリアよりかなり安い

UQモバイル・Y!mobile・BIGLOBEモバイルは32GBと128GBのiPhoneSEが買えます。

具体的に端末代と月々の支払いがいくらになるのかを計算してみました。

ちなみにアップルストアだと32GBが42,984円・128GBが54,864円です。

auの場合、ベーシックな毎月割の適用を受けて、32GBが実質10,800円、128GBで22,560円です。この金額を踏まえて、各社の価格をご覧ください。

UQモバイルはiPhoneSE(32GB)が100円

iPhoneSE

108円で買えるのはUQモバイルのおしゃべりプラン・ぴったりプランでiPhoneSE 32GBをセットで購入する場合です。

おしゃべりプランは国内通話5分かけ放題、ぴったりプランは無料通話付きのプランで、それぞれS・M・Lの3プランあって通信容量が2GB・6GB・14GBです。  

iPhoneSE 32GB iPhoneSE 128GB
端末代 44,172円 54,540円
分割支払金(24回) 1,836円/月
(初月のみ1,944円)
2,268円/月
(初月のみ2,376円)
割引 -1,836円 -1,728円
月額支払額 0円
(初月のみ108円)
540円
(初月のみ648円)
合計支払額 108円 13,068円

 プランSだと通信量2GBで月額料金が2,138円です。おしゃべりプランは国内通話5分かけ放題、ぴったりプランは最大60分の無料通話が付きます。

初月から13ヶ月目まで適用されるイチキュッパ割(-1,000円/月)が切れる14ヶ月目から3,218円/月になります。iPhoneSE 32GBなら月々はこれだけです。

その他に必要なのが3,240円の初期費用とユニバーサルサービス料 2円/月です。

他の格安SIMに比べると月額料金は高めですが、iPhoneをこの額で買える格安SIMは他にありません。

iPhoneSE 32GB・iPhone 6s 32GBも対象
JCBギフトカード 3,000円分プレゼント

 

Y!mobileはUQより約1万円高い

Y!mobile ロゴ
出典:【公式】Y!mobile(ワイモバイル

Y!mobileは32GBのiPhoneSEが10,584円の頭金のみ、128GBは頭金+540円/月×24回の負担になります。UQモバイルより頭金の10,584円分高いです。

プランはスマホプランで国内通話10分かけ放題が付いていて、通信容量はS・M・Lの3プランあってデータ量が2GB・6GB・14GBです。

iPhoneSE 32GB iPhoneSE 128GB
端末代 54,648円 67,608円
分割支払金(24回) 1,836円/月
(頭金10,584円)
2,376円/月
(頭金10,584円)
割引 -1,836円 -1,836円
月額支払額 0円 540円
合計支払額 10,584円 23,544円

 プランSだと通信量2GBで月額料金が2,138円です。+1,000円で国内通話が時間無制限でかけ放題になるスーパー誰とでも定額を付けられます。

開通月の翌月から12ヶ月間適用されるワンキュッパ割(-1,000円/月)が切れる2年目からは3,218円/月です。iPhoneSE 32GBなら月々はこれだけで、128GBだと+540円です。

頭金の10,584円がなければUQモバイルと比較も出来たんですが、約1万円の差は大きいです。ただ完全かけ放題(スーパー誰とでも定額)が必要な方はY!mobileがおすすめです。

※ソフトバンクからのMNPだと月額割引が540円減るので注意しましょう。

新規・MNPのiPhoneの購入で
月額割引で 最大24ヶ月間 1,296円~2,160円 割引

 

BIGLOBEモバイルは高すぎる

BIGLOBEモバイル ロゴ
出典:格安SIM/格安スマホのBIGLOBEモバイル

BIGLOBEモバイルは、au回線のタイプAでの契約でスマホまる得プランという、通話オプションがセットになったプランでの契約になります。

通信量によってS・S+・M・L・2L・3Lの6タイプあって、それぞれ1GB・3GB・6GB・12GB・20GB・30GBの高速通信量が付いていて、最大90分の無料通話か10分かけ放題のどちらかの通話オプションがセットになっています。

端末代の割引はSプランだと756円、S+プラン以上で1,134円で、実際の支払額は以下の通りです。

iPhoneSE 32GB iPhoneSE 128GB
端末代 44,064円 54,432円
分割支払金(24回) 1,836円/月 2,268円/月
割引 Sプラン -756円・S+プラン以上 -1,134円
月額支払額 Sプラン 1,080円・S+プラン以上 702円 Sプラン 1,512円・S+プラン以上 1,134円
合計支払額 Sプラン 25,920円・S+プラン以上 16,848円 Sプラン 36,288円・S+プラン以上 27,216円

UQモバイル・Y!mobileと比べて明らかに高いですね。

通話オプションと関係なく通信容量が選べるのは、UQモバイル・Y!mobileにはないBIGLOBEモバイルの魅力ですが、月額料金もやや高めで、ここに端末代がプラスされるので、月々の支払いが高くなってしまいます。

コース名 通信量 1年目(税別) 2年目(税別)
Sプラン 1GB 2,230円 2,980円
S+プラン 3GB 2,430円 3,480円
Mプラン 6GB 2,980円 3,980円
Lプラン 12GB 4,230円 5,980円
2Lプラン 20GB 6,030円 7,480円
3Lプラン 30GB 8,280円 8,980円

iPhoneSE 32GBの通信量3GBで、1年目 3,326円・2年目 4,460円です。128GBだと+432円です。

ハッキリ言ってBIGLOBEモバイルでiPhoneSEを買うメリットは無いです。

格安SIMとiPhoneSEのセットはUQかY!mobile

このように比較すると、UQモバイルの安さが圧倒的なことが分かります。

Y!mobileより頭金の約1万円安く、BIGLOBEモバイルより1.5~2.5万円安いです。

アップルストアでSIMフリーを買えば、選べる格安SIMの選択肢が増えるし、月々の支払額は安くなりますがアップルストアの価格が高すぎます。

キャリアだと2年契約の割引で端末代はそれなりに安くなりますが、月々の利用料が最低でも5,000円以上します。データ量が3GB、5GBと増えれば7,000円以上になります。

そう考えると、SIMロックはされているというデメリットはあっても、格安SIMのUQモバイルでiPhoneSEを買うのがベストな選択肢だと思います。どうぞ参考にしてください。

iPhoneSEって今でも使えるの?古くないの?

iPhoneSEが発売されたのは2016年4月です。もう発売から2年経つので「今でも使えるの?」「古くないの?」と不安に思う人も多いです。

ちなみに私は、2016年3月に予約注文でアップルストアのSIMフリーモデル 64GBを税込約7万円で買いました。

今は私の手を離れてiPhoneSEでスマホデビューした奥さんが使っています。

4インチなんでバッテリーも長持ちするしカメラも普通にキレイに撮れるし動作もサクサクです。現役バリバリで稼働しています。

もちろん後継機のiPhone7・iPhone8・iPhoneXと比べれば色々見劣りする点はあります。防水じゃないし、おサイフケータイ使えないし、カメラに手ぶれ補正が付いてないし、、、挙げれば沢山あります。

でもiPhone7・iPhone8・iPhoneXは、新品が100円で絶対買えないし、100円で買えるiPhoneSEのコスパはスゴイと思います。

特にガラケーからの乗り換え、iPhone5・5sからの機種変更、子供や学生のスマホデビューというケースでiPhoneSEがおすすめです。

スポンサーリンク
格安SIM 最新エントリー
格安SIM・格安スマホ個別メール相談室

人気コンテンツ

メニュー
インフォメーション
にほんブログ村 PC家電ブログ パソコンの豆知識へ