格安SIMとは?初心者は乗り換え前に必見情報

「格安SIMとは?」と格安SIM・格安スマホ初心者が抱く疑問を分かりやすく回答してます。

便利なデジタルライフを応援するサイト
トップページ格安SIM > 格安SIMとは?初心者は乗り換え前に必見!デメリットも公開中

格安SIMとは?の疑問はこのページで解決します!

今さら聞けない 格安SIMとは?

格安SIM・格安スマホの今さら聞けない疑問にとことん答えるのがこのページの目的です。ここ1、2年で知名度がグッと上がったし、テレビCMや雑誌・ネット広告でも頻繁に目にする格安SIMですが、意外と「実はよく知らないんです」という人が多いです。

知らない人にとってはややこしい格安SIMを、分かりやすく簡潔に解説しています。

漠然とした「なんか不安」「なんか怪しい」「なんかめんどくさそう」という認識で格安SIMへの乗り換えを躊躇してる方も、基本を押さえて仕組みさえ理解できれば、キャリアよりもむしろ自由度が高いことが分かって自分に合ったプランが見つかるはずです。

『格安SIMとは』の基本のき

格安SIMってメインで使っても大丈夫?

番号そのままで乗り換えるMNPができるし通話品質も同じです。ただ今のメアドが使えなくなったり、サービス内容は全く同じではないです。

この点に関しては、乗り換えてから後悔しないためにしっかり理解しておきましょう。


なんで格安SIMの料金はこんなに安いの?

自前の回線じゃなくて大手からレンタルしてるので、アンテナやシステムの増設・維持管理にかかる莫大な費用が必要ないし、直営ショップやサポート人員も少ないから人件費もキャリアより圧倒的に少ないです。

格安SIMは利用者の数に応じて回線を増やすので余計な負担がないのも格安に出来る理由です。その代り回線が混みやすく、時間帯によっては通信速度が大きく低下します。


Y!mobileとかUQ mobileも格安SIMなの?

Y!mobileは自前の通信設備を持ってるので格安SIM(=MVNO)ではなくキャリアのひとつでソフトバンクのサブブランドです。UQ mobileはauの回線を借りているからMVNOです。

UQ mobileを運営するUQコミュニケーションズはKDDI傘下の会社ですから、MVNOですがauと同門と言えます。


そもそもMVNOって何?

格安SIMを提供してる会社のことで、自前の回線を持たずに通信サービスを提供している会社のことです。ちなみにキャリアのことはMNOと言います。MNOとMVNOを繋ぐ手助けをするのがMVNEです(^m^ )

MVNO(=Mobile Virtual Network Operator)は、日本語では仮想移動体通信事業者と言います。仮想という言葉が適切かどうかは疑問ですが、キャリアから通信網を借りて通信サービスを提供している事業者のことです。


SIMカードってなに?どれのこと?

スマホやガラケーにも入ってる小さなICカードのことで、契約者を特定するID情報や電話番号などの契約者情報が書き込まれています。SIMカードがないとネットも電話も出来ません。

ZenFone3 SIMカード

↑これがSIMカードで、この端末(ZenFone3)の場合SIMカードが2枚入る仕様です。微妙にサイズが違うことが分かると思いますが、左がMicro SIMで右がnano SIMです。最近のスマホはnanoサイズが主流です。


格安SIMに乗り換えたら本当に安くなるの?

なります!キャリアの半額以下は確実です。

キャリアだと基本プランの安い方の5分かけ放題が1,700円で、それに通信容量次第でデータ定額料が追加されて、さらに300円の接続料をプラスした額が月額利用料です。3GBだと6,200円/月、5GBだと7,000円です。

参考:ドコモ・au・ソフトバンクのデータ定額料

1GB 2,900円 2GB 3,500円
3GB 4,200円 5GB 5,000円
20GB 6,000円 30GB 8,000円

格安SIMの場合、音声通話SIMの基本料が700円で、10分かけ放題が850円、通信料は選ぶ人が一番多い3GBプランで900円が相場です。合計しても2,450円です。

キャリアの3GBのパケット代よりも安い計算になります。


通信速度が遅いって聞いたけどどうなの?

昼12時台は下り1.0Mbpsを下回ることもあって、キャリアとの通信速度の差が非常に大きいです。夜の19時~22時頃も昼ほどじゃないですが通信速度が低下します。

通信速度はキャリアと比べると終日遅いです。数字で現すとキャリアが15~50Mbpsのところ、格安SIMだと0.3~15Mbps程度です。ただ1.0Mbpsを下回るのは昼の1時間だけで、他の時間帯は概ね普通に使える通信速度が出ています。

通信速度と安定感はキャリアの圧勝ですので、「絶対遅いのは我慢できん!」という方は格安SIMへの乗り換えはやめた方がいいかもしれません。

  • 格安SIMの通信速度の分かりやすい解説&厳選6社の比較
    格安SIMの通信速度はキャリアに比べて遅いし、安定していません。それは事実ですが、自分に必要な通信速度を誤解してる方が多いです。スマホを普段使いするのに本当に必要な通信速度を分かりやすく解説しています。...

格安SIMと格安スマホって何が違うの?

ハッキリした定義はないんですが、格安SIMはMVNOが提供する通信サービスの通称で、格安スマホは格安SIMとセットで買うSIMフリースマホのことをだったり、スマホ単体で販売されているSIMフリースマホのことも格安スマホと言ったりします。難しく考えなくて大丈夫です。


家電量販店でも買えるけどネットで申し込むのと何が違うの?

サービス自体に違いはないです。自分に合った格安SIMのプランやオプション、キャンペーンを決め打ちで行った方がいいでしょう。

家電量販店やMVNOの専門ショップでは、他社サービスとの細かいプランや料金の比較が難しくて、通信速度の感想や評判が分かりにくいです。特に「他社と比較してココはいいけど、ここはイマイチ」という情報はまずありません。

店頭の人は自社サービスを契約してもらうためにいますし、家電量販店はそれぞれ取り扱う格安SIMに偏りがあります。

契約してから「やっぱりこっちだった」と後悔しないためにも、ネットで情報収集して比較して、それでも分からないところは公式ページのチャットで聞いて決めた方が良いと私は思います。


ドコモ・au・ソフトバンクから乗り換えるデメリットは?

キャリアのメール・サービスが使えなくなるのと、通信速度が遅い時間帯がある、店頭サポートが受けられないなど色々あります。ここはしっかり理解した上で乗り換えましょう。

料金が半額以下になって、デメリットが全くなかったらキャリアのサービスが成り立ちませんから、格安SIMにデメリットはあります。

このページで詳しく解説しているのでしっかり理解してください。


契約するのに何が必要ですか?

本人確認書類・クレジットカード・MNP予約番号・メールアドレスが必要です。

メールアドレスをキャリアのメアドしか持っていない人は、Gmailを登録して申し込むといいでしょう。もちろん無料です。

キャリアのメアドはMNP手続きが完了すると使えなくなりますので、それで契約すると開通後にメール連絡が受け取れなくなってしまいます。


SMSってなんのこと?

SMSとはドコモのショートメール、auのCメール、ソフトバンクはそのままSMSという名称で、電話番号でやり取りするメッセージサービスです。格安SIMのデータ+SMS・音声通話SIMで利用できます。

キャリアのガラケーで無料通話のあるプランだと、SMSの送信料も無料通話に含まれますが、格安SIMの場合通話オプションに加入していても、SMS送信料は有料で1通あたり3円~の送信料が課金されます。音声通話と同じく受信は無料です。


格安SIMに乗り換えるのはいつがいいですか?

2年契約の更新月だと9,500円の解除料が必要ありません。更新月は2年1ヶ月目~2ヶ月の2ヶ月間です。

ただ、残りの契約期間の月額料金の累計と、格安SIMに乗り換えた場合の累計が9,500円以上になる場合は、解除料を払って乗り換えた方が結果的にお得になる場合もあります。

更新月までの月数を確認して計算してみてください。各キャリアの更新月の確認方法↓

docomo My docomoにログインして【ドコモオンライン手続き】の【ご契約内容確認・変更】を開いて、2ページ目の【ご契約プラン】で契約満了月が確認できます。
au My auにログインして【スマートフォン・携帯電話】から【ご契約内容/手続き】タブから【ご契約情報】を開く。【料金割引サービス】から【次回更新年月】で確認できます。
ソフトバンク My SoftBankにログインして【更新期間】か【料金プラン】から確認できます。

ネットから申し込むといつ頃SIMカードが届くの?

2日~1週間ほどで宅配便で届きます。更新月内にキャリアからのMNP転出を確実に完了させるためには、遅くとも20日頃までに申し込んだ方がいいでしょう。


パソコンが無いけど大丈夫かな?

スマホがあれば申込みも開通手続きもできますから問題ありません。


まだこれからどんどん追加していくので、またご覧ください。

スポンサーリンク
格安SIM 最新エントリー
格安SIM・格安スマホ個別メール相談室

人気コンテンツ

メニュー
インフォメーション
にほんブログ村 PC家電ブログ パソコンの豆知識へ