今選んで間違いないおすすめ6選

格安SIM選びに迷い疲れていませんか?「選ぶの面倒だしキャリアのままでいいや」なんて投げ出すのは待ってください。キャリアを使い続けるのはもったいなさ過ぎです。

格安SIMに乗り換えればスマホ代が半額以下になるのは確実です!

ここでは、格安SIMマニアの管理人まるおが「選んで間違いない」と考える格安SIMを6つだけ紹介しています。それぞれ「こんな人におすすめ」という具体例も書いてますので、読み進めれば「私の場合コレだな」と決まるはずです。

まるお
6社とも私自身契約して使っている格安SIMで、通信品質を定期的にチェックしていますので安心して勧められます。

ひとつひとつ長い解説になりますが、最後までお付き合いください。

最後まで読む時間がない方へ

忙しい方のために結論を先に書いちゃうと、当サイトの6選はこちらです。

・通信品質が良く総合力◎  BIGLOBEモバイル
・月10GB以上のヘビーユーザーは  IIJmio
・LINE・SNSをたくさん使うなら  LINEモバイル
・低速通信で通信量を節約するなら  楽天モバイル
・キャリア並みの通信速度が欲しいなら  UQモバイル
・スマホセットで乗り換えるなら  NifMo

「今」管理人が一番おすすめする格安SIM

通信品質がよくコスパ◎ 総合力のBIGLOBEモバイル

BIGLOBEモバイル 特徴PR画像

BIGLOBEモバイルはプロバイダのビッグローブ(KDDIの子会社)が運営する格安SIMで安心感はバッチリ。ドコモ回線とau回線両方選べるマルチキャリアで、通信速度も安定しています。

キャンペーン・オプションの豊富さなど総合的に見て月々の通信量が3~6GBの方はBIGLOBEモバイルを選べば間違いないです!

Point
1
通信品質がよくドコモ・auどちらも使えてコスパ◎

BIGLOBEモバイルは通信品質が良く、ドコモとau 両方のプランを用意しているマルチキャリアの格安SIMです。

BIGLOBEモバイルは通信の最適化を行っているので、昼12時台や18~20時台など混雑する時間も、スピードテストアプリの数値は低くても体感的にはストレスなく使えます。

だから私はメインのスマホにBIGLOBEモバイルのドコモ回線のSIMを使っています。

通信速度の速さを求めたらUQモバイルやY!mobileには敵いませんが、「料金の安さ+使える体感速度」で考えるとコスパはBIGLOBEモバイルが勝っています。

Point
2
通話が多い人も少ない人も節約できる!

BIGLOBEモバイルの通話アプリ BIGLOBEでんわを使えば通話料は9円/30秒です。他社は10円/30秒のところが多いので、1分あたりたった2円ですが通話料が安いです。

通話が多い人も4つの通話オプションが用意されているので通話料を節約できます。

  • 3分かけ放題 600円/月
  • 10分かけ放題 830円/月
  • 通話パック60(無料通話最大60分) 600円/月
  • 通話パック90(無料通話最大90分) 830円/月

かけ放題だけでなく、時間制の無料通話が2プランあるので「1回の通話が長くなりがちな人」など色んなユーザーの通話スタイルに対応できます。

Point
3
動画・音楽がカウントフリーになるエンタメフリーOP

月額480円で動画や音楽など10サービス利用分がカウントフリーになるエンタメフリーオプションは他社にはないBIGLOBEモバイルの特徴です。

対象サービスyoutube・Google Play Music・Apple Music・Abema TV・Spotify・AWA・radiko.jp・Amazon Music・U-NEXT・youtube Kids

オプションが付けられるのは3ギガプラン以上の契約で、データSIMだと月額980円・音声通話SIMだと月額480円です。

YoutubeやAmeba TVをよく観る方、音楽聴き放題サービスを利用してる方は通信量を気にせずエンタメコンテンツを楽しめます!

まだあるBIGLOBEモバイルのおすすめポイント

  • 契約初月の基本料が無料
  • 6ギガプラン以上でWi-Fiスポットが1ライセンス無料
  • 契約後の追加ならシェアSIMに契約者と違う名義でもMNPできる

BIGLOBEモバイルの残念ポイント

BIGLOBEモバイルは、通信品質がよくて安く、通話やエンタメフリーオプション、シェアSIMの使いやすさなど総合的にかなり優れた格安SIMですが、あえて残念なポイントを挙げるなら...

  • 高速通信のON/OFF切り替えができない
  • スマホセットの端末代を一括で支払えない

この2点です。高速通信のON/OFF機能くらい早く対応してもらいたいですが、私は高速/低速を切り替えて節約するタイプじゃないのであまり気になりません。

スマホセットの支払いは2年間毎月割引してくれるキャンペーンでデメリットをカバーしてくれています。

キャンペーン

当サイト+BIGLOBEモバイルタイアップキャンペーン(12月2日まで)
4,000円キャッシュバック+6ヶ月間 毎月1,200円引き(スマホセットの場合 24ヶ月間 毎月 450円引き)+500Gポイントプレゼント

BIGLOBEモバイルは、ライトユーザー向けの3ギガプランでも満額の特典を受けられるのが実はすごくて、他社は大容量プランじゃないと特典が大きく減らされます。

だから3~6GBユーザーはBIGLOBEモバイルがおすすめなんです!

BIGLOBEモバイルの公式ページを確認する

まるお
SIMのみでもスマホセットでもキャンペーンがお得で、通信品質がよくて各種オプションを活用すれば節約効果も高いのでどんな方が選んでも間違いない格安SIMだと私は思います。

ただ、他にも特徴的な格安SIMがたくさんあるので「他も気になる」という方は以下も読み進めて比較検討してください。

 

「特徴で選ぶ」おすすめ格安SIM 5選

6ヶ月間容量2倍 大容量ユーザーならIIJmioがお得!

IIJmio 特徴PR画像

IIJmioは格安SIMサービスの老舗で、プランや特徴は地味だけど通信品質が良く信頼性の高いMVNOです。

今はキャンペーンで6通信量が2倍になるので10GB以上使うのヘビーユーザーにおすすめしたいです。

Point
1
数値では測れない通信品質の良さ

IIJmioはスピードテストの数値はよくありませんが、体感速度は安定しているので混雑時に使っていてもストレスが少ないです。

昼12時台は下り1Mbpsを切るし、朝8時台・夜18時~20時台も分かりやすく速度低下しますが、パケロスが少なく途中で通信が途切れることもないので数値以上に快適です。

また、時期による通信速度の波もほとんどなく安定しています。

BIGLOBEモバイルと違い通信の最適化を行わずに通信品質を保っているのは「さすが老舗のIIJmio」という感じです。

Point
2
容量2倍キャンペーンはライトスタートプラン以上がお得

10月4日からの容量2倍キャンペーンは、ベースの通信量が多いプランの方がお得です。おすすめはライトスタートプランで通常6GBが料金は同じで12GBも使えます。

音声通話SIMだと6ヶ月間 600円割引してくれるのでさらにお得です。

IIJmio キャンペーン 料金表

ただ「月々3GBしか必要ない」という人はデータ量2倍のメリットありません。6GBクラスの人も計算するとBIGLOBEモバイルの方がお得でしたので、ライトスタートプランの12GBが無駄にならない人におすすめです。

IIJmioはこんな人におすすめ

まるお
月10GB以上使うヘビーユーザーは、7ヶ月間他社と比べてかなり安く使えるのでIIJmioがおすすめです。

IIJmioの公式ページを確認する

キャンペーン

IIJmio秋祭り2倍キャンペーン(11月6日まで)
初期費用1円・全プラン データ量2倍×6ヶ月・音声通話SIM 600円割引×6ヶ月

 

LINEモバイルはソフトバンク回線が人気急上昇中!!

LINEモバイル 特徴PR画像

LINEモバイルは、あのメッセージアプリ LINEが運営するMVNOで、ドコモ回線とソフトバンク回線を扱うマルチキャリアのMVNOです。

2018年7月2日からスタートしたソフトバンク回線が通信速度が速いと評判で新規・乗り換えユーザーが急増中

Point
1
ソフトバンク回線がとにかく速い!だけど、、、

7月2日からスタートしたソフトバンク回線が通信速度が速いと評判です。

LINEモバイル自身も「1Mbps以上キープ チャレンジキャンペーン」として通信速度を計測して公開しています。公式ページはこちら >>

ただ、今の速度が今後ず~っと続くという保証はありません。

というのも、ドコモ回線の格安SIMサービスをスタートさせた2016年9月から2017年3月頃まで約半年は、他社と比べて異常に速度が速かったんですが今は他社並みです。

LINEモバイルはソフトバンクの子会社ですし、今後ソフトバンク回線の速度がどう変化するかは分かりませんが、永続的に今の速さが続くとは考えない方がいいでしょう。

Point
2
LINEや主要SNS利用分がデータフリー

LINEモバイルは、一番通信量が少ない1GBプランでもLINE利用分がカウントフリーで使い放題です。トークはもちろん、動画などのファイル送信・無料通話・ビデオ通話も対象です。

3GB以上のコミュニケーションフリープラン以上なら、Twitter・Facebook・インスタの利用分もカウントフリーです。(Facebook Messengerは対象外です。)

LINEやTwitter・Facebook・インスタなどSNSをよく使う人はLINEモバイルにすると通信量が節約できます。

Point
3
格安SIMでは唯一 LINEの年齢認証をクリアできてID検索も使える

キャリアのスマホなら契約情報を基に年齢認証をクリアできますが、格安SIMでは基本的に年齢認証できません。

LINEの年齢認証をクリアできる格安SIMはLINEモバイルだけです。

年齢認証出来ないと、ID検索できませんから目の前にいない人を友達に追加する時や、グループを作るときに面倒です。LINEの年齢認証したいならLINEモバイルです!

LINEモバイルはこんな人におすすめ

まるお
ソフトバンク回線で格安SIMに乗り換えたい人、LINEやSNSをよく使う人はLINEモバイルがおすすめです。

LINEモバイルの公式ページを確認する

キャンペーン

スリーコインキャンペーン(11月6日まで)
音声通話SIMの新規契約・利用開始で6ヶ月間 900円割引

 

1Mbps使い放題 スーパーホーダイの楽天モバイル

楽天モバイル 特徴PR画像

楽天モバイルはスーパーホーダイプランの1Mbps使い放題が他社にはない特徴で、上手く使えば通信量を節約できます。

料金は2年・3年の複数年契約で安くなりますが、契約解除料や3年目に料金が上がる点を理解した上で申し込みましょう。

Point
1
スーパーホーダイの複数年契約は解約時期を決めて申し込もう!

スーパーホーダイは契約年数によって月額料金が違います。これが少し複雑なのでしっかり理解した上で申し込みましょう。

高速通信量 2GBのプランS 楽天会員の場合を例に解説します。

楽天モバイル スーパーホーダイ 料金解説

ご覧のように2年契約と3年契約で、2年間の合計料金が12,000円違います。

でも3年目に一気に月額料金が1,500円も上がるので、2年目よりも1年間で18,000円も高くなってしまいます。これを素直に払うのは馬鹿らしいので、3年目に入って月額料金が上がるタイミングで解約しましょう。

契約解除料は9,800円なので、2年契約と3年契約の差額 12,000円と相殺しても2,200円お得になります。

というわけで、スーパーホーダイは3年契約して3年目に解約するのが一番お得と言えます。

プランSを契約解除料も含めて平均すると月額1,888円です。この金額で2GBの高速通信+10分かけ放題+1Mbps通信使い放題はお得です。

Point
2
スマホセットはセール対象端末が狙い目

楽天モバイルでスマホセットを購入するならセール対象端末を狙いましょう。

今は11月8日9:59まで契約数No.1記念セール第2弾を開催中で格安スマホが限定特価で販売中です。WEBショップからだと以下の3機種が安いです。

  • HUAWEI nova lite2:一括18,980円/分割854円/月
  • AQUOS sense lite SH-M05:一括21,800円/分割981円/月
  • honor9:一括32,780円/分割1,475円/月

セール対象ではないスマホは、割引がほとんどないのでBIGLOBEモバイルやNifMoで買った方がお得です。

楽天モバイルはこんな人におすすめ

まるお
スーパーホーダイの長期契約と解約時期を理解して契約できる方は、月々安いし楽天での買い物でポイントが貯まりやすくなるので楽天モバイルをおすすめできます。

楽天モバイルの公式ページを確認する

キャンペーン

契約数No.1記念セール(10月11日9:59まで)
格安スマホを限定特価で販売中

 

通信速度の安定感はNo.1 速さで選ぶならUQモバイル

UQモバイル 特徴PR画像

UQモバイルはau回線のMVNOで通信速度の速さ・安定感が魅力の格安SIMです。

ただ料金は他の格安SIMより割高で、2年縛り・自動更新などキャリアに似たところもあるので、乗り換える前に特徴をよく理解しておきましょう。

Point
1
通信速度がキャリア並みだけど注意点あり

UQモバイル以外の格安SIMは、昼12時台と朝・夕の通勤帰宅時間帯に通信速度が下がります。特に12時台は下り1.0Mbpsを下回るMVNOも多いのが現状です。

それがUQモバイルだと、下の表のように終日通信速度が安定しています。

2018年7月10日 UQモバイル IIJmio
(タイプD)
楽天モバイル
8時台 6.88Mbps 1.69Mbps 3.52Mbps
12時台 10.9Mbps 0.33Mbps 0.44Mbps
18時台 9.3Mbps 1.37Mbps 3.55Mbps

キャリアから格安SIMに乗り換えても、通信速度での差を感じないのがUQモバイルです。その代わり他の格安SIMより料金が高めで、主力プランのおしゃべり・ぴったりプランは契約期間25ヶ月で契約満了月の翌月に解約しないと2年間 契約が自動更新されます。

ただ、料金が高めというのは現行のキャッシュバックキャンペーンで相殺できるので、2年後の解約のタイミングさえ忘れなければ大丈夫です。

Point
2
料金プランが特殊で柔軟性に欠ける

UQモバイルの主力プランのおしゃべり・ぴったりプランは他の格安SIMと比較すると特殊で、高速通信+5分かけ放題 または 無料通話付のプランになります。

UQモバイル おしゃべり・ぴったりプラン 料金表

かけ放題・無料通話付きなので通信量の割に料金が少し割高なので、「通話をほとんどしない」という方は要注意です。

無料通話なしのシンプルな料金プラン【データ高速+音声通話プラン】は高速通信量3GB 1,680円/月の1つのみで、通信量の多いプランや後付けの通話オプションはありません。

データ高速+音声通話プランの場合、通話料が20円/30秒と高いのでLINEの無料通話やLINE Outを使ってデフォルトの通話機能を使わない工夫をしましょう。

UQモバイルはこんな人におすすめ

まるお
格安SIMでも通信速度に妥協したくない人、おしゃべり・ぴったりプランの特徴・注意点を了承できる人はUQモバイルをおすすめできます。

UQモバイルの公式ページを確認する

キャンペーン

現金キャッシュバックキャンペーン実施中
おしゃべり・ぴったりプランの新規契約で、SIMのみ・スマホセットどちらでも10,000円~13,000円のキャッシュバックが貰えます。

 

最大15,100円のキャッシュバック スマホセットのNifMo

NifMo 特徴PR画像

NifMoは老舗プロバイダー niftyが運営するMVNOで、格安SIMの新規契約でもらえるキャッシュバックが高額で人気です。

特にスマホセットでの乗り換えを考えてる方は、最大20,000円のキャッシュバックが貰えるので要チェックです。

Point
1
スマホセットで乗り換えるならNifMoは必見!

毎月微妙にキャッシュバック額は変わりますが、スマホセットでのキャッシュバック額の大きさはNifMoが常に1番です。10月のキャッシュバックは以下の通りです。

スマホセット SIMのみ
通話SIM データSIM 通話SIM データSIM
3GBプラン 対象外 対象外 対象外 対象外
7GBプラン 15,100円 9,100円 12,100円 3,100円
13GBプラン

スマホセットならキャッシュバックの金額分スマホが安く買えると考えるととってもお得です。

さらに、スマホの端末代が他社より少し安くなってるのも見逃せません。

NifMoはこんな人におすすめ

まるお
スマホセットで格安SIMへの乗り換えを考えている方は、まずNifMoをチェックしましょう。NifMoが欲しい端末を取扱っているなら第一候補になります!

NifMoの公式ページを確認する

キャンペーン

秋の大感謝キャンペーン(10月31日まで)
格安SIMの新規契約で最大15,100円キャッシュバック

 

【まとめ】格安SIMおすすめ6選

まるお
いかがでしょうか?ここまで読んでいただいて「私の場合コレだな」という格安SIMが見つかりましたでしょうか?

決めきれなかった方のためにまとめ解説を書きましたので、もう少しお付き合いください。

まずトップで紹介したBIGLOBEモバイルは、総合力が高いので「SIMのみでもスマホセットでも」どんな方にもおすすめできます。通話オプションやエンタメフリーオプションを使って自分の使い方に合わせた節約ができるし、格安スマホのラインナップも豊富です。

通信速度が劇的に速いとか、料金が目立って安いとか派手さはありませんが、バランスのいい素晴らしい格安SIMだと思います。

このBIGLOBEモバイルにピンと来ない方は、他5社の特徴から自分にフィットする格安SIMを選んでください。

IIJmioは現行のキャンペーンが大容量ユーザー向けになってるので、スマホをヘビーに使う方は非常にお得です。

LINEモバイルは、LINE・SNSをたくさん使う方はデータフリーが効果的です。今現在はソフトバンク回線が速いので、(一過性かもしれませんが)通信速度の速さを求める方にもおすすめできます。

楽天モバイルスーパーホーダイの3年契約のデメリットを理解した上で契約できるならアリです。1Mbps通信使い放題は通信量の節約に非常に役立ちます。

UQモバイルはなんといっても通信速度の速さです。速さを求めるならUQモバイル 一択です。

NifMoは分かりやすくスマホセットのキャッシュバックです。BIGLOBEモバイルに取扱がないスマホが欲しい方や、一括でスマホ代を支払いたい方はNifMoがおすすめです。

 

格安SIMの使い方&選び方 4つの大事な話

1.通信速度は比較してもきりがない

通信速度の比較はほどほどに

当サイトも格安SIM 通信速度ページで、私が契約している格安SIMの速度を定期的に測定して掲載しています。他のサイトにも通信速度を比較しているページが沢山あります。

でも、正直なことを言うと比較してもきりがありません。

理由は、同じMVNOでも場所・時間・端末が違えば数値が大きく変わるから。

WEB上のデータで速度を比較すると、「サイトAでは速いのに、サイトBの数値は遅い、でも数ヶ月前のサイトCのテストはまずまず」というちぐはぐな結果になるし、SNSの書き込みをチェックしても同じで、比較したところで結果は見えません。

さらに言うと、今日速いSIMが1ヶ月後も速いとは限りませんし、半年後の速度は誰にもわかりません。比較するには不確定要素が多すぎます。

WEB上のデータはを見比べるときは「速いSIMを探す」というより「ダメな格安SIMを見つける」ためと考えましょう。

昼12時台・夕方18時~夜20時台に0.3~3Mbps程度まで遅くなるのは正常ですが、1日中そんな速度だと明らかにおかしいです。色んな人の測定結果を見て、どこの数値もイマイチだったらそれは「ダメな格安SIM」ですから注意しましょう。

私がこのページですすめてる6社は、自信を持っておすすめしたいので定期的にチェックしてるし、極端にひどい結果は出ていませんから安心して選んでいただけます。

基本的にキャリアのサブブランドであるUQモバイルとY!mobile以外は、速度が不安定で昼12時台・夕方18時~夜20時台に遅くなるのが宿命です。

速さが必要ならサブブランドを選ぶか、キャリアを使い続けるのをおすすめします。

2.通信量は少し足りないくらいがちょうどいい

通話量は足りないくらいがちょうどいい

通信量は足りないと嫌だからって、1~2GB多めなプランで契約しがちですが、私は少し足りないくらいがちょうどいいと考えています。

ほとんどの格安SIMは余った通信量を翌月に繰り越してくれますから、例えば3GBしか使わない人が5GBプランで契約すると、翌月に2GB繰り越されることになります。

繰り越された通信量が先に消費されるシステムなので、2ヶ月目は繰り越し分の2GBが消費されて本容量の5GBからは1GBしか使わないことになります。

すると3ヶ月目は4GB繰り越されます。

さて、自分の必要なデータ量はいくらでしたっけ?3GBでしたね。

3ヶ月目は5GBの本容量に手をつけず、丸ごと4ヶ月目に繰り越されることになります。この先はプランを変更しない限りこの繰り返しです。

繰り越し分がどんどん累積してくれればいいんですが、繰り越された通信量の有効期限は翌月末までなので、繰り越してるとは言え毎月2GB捨てているのと同じことになります。

非常にもったいないです。だからちょっと足りないくらいを節約しながら使うのが良いと私は思います。

3.節約のポイントは通話料

節約のポイントは通話料

格安SIMの音声通話SIMの料金プランには一切通話料は入っていません。

キャリアの場合、基本プランで無制限かけ放題か5分かけ放題に入っていたので、通話料を気にすることはありませんでしたが、格安SIMの場合、なにも対策しないと標準の通話料20円/30秒でどんどん課金されます。

1ヶ月間でたった15分間電話しただけで、600円もかかってしまいます。

だから、格安SIMを使い始めたら↓この3ステップで通話料を節約してください。

  1. 契約しているMVNOが出している通話料が半額になるアプリを必ず使う。
  2. LINEや無料通話アプリで繋がれる人とは電話番号を使った通話をしない。
  3. 通話料が月600円以上になったらオプションに加入する。

格安SIMにも3分・5分・10分かけ放題、時間制の無料通話のオプションがありますので、上手に活用すれば通話料もしっかり節約できます。

4.格安SIMは1年で乗り換えよう!

格安SIMは1年で乗り換えるのがベスト

格安SIMは長く使おうと考えないでください。1年スパンで乗り換えるのが得策です。

割引やキャッシュバックなどの特典は数ヶ月~1年で終わりますので、特典が終わってしまったらそれ以上継続するメリットはありません。ただ1年は使わないといけません。

ほとんどのMVNOは音声通話SIMに1年の最低利用期間を設定していて、期間内に解約すると解約料(8,000~10,000円)がかかってしまうからです。

1年を過ぎればMNP転出手数料だけで解約できますので、月額割引やキャッシュバック、データ量の増量などそのタイミングに一番お得なMVNOに乗り換えるのがベストです。

※スマホセットの契約で端末代を分割で支払う場合は、解約すると残債を一括で払うことになるので注意しましょう。

おすすめ格安SIMの通信速度比較

2018年9月25日(火)の午後7時頃にスピードテストを行いました。

まるお
帰宅時間帯の混雑する時間で、6社の速度がバラバラで驚きました。一番驚いたのが楽天モバイルの下りの遅さです。まさかこの時間帯に0.22Mbpsまで下がるとは思いませんでした。下り16.4MbpsのUQ mobileと比較すると、Yahoo!ニュースの個別ページで画像まで全て表示完了す時間でページによって20~90秒も違いがありました。

2018年9月25日 19時台 通信速度テスト結果

サービス名 下り 上り ピン
BIGLOBEモバイル 1.41 12.8 60
UQ mobile 16.4 4.57 53
IIJmio(タイプD) 7.16 10.2 90
LINEモバイル 3.87 10.1 96
楽天モバイル 0.22 8.29 72
mineo(Aプラン) 4.65 4.18 104

関連記事

格安SIM

BIGLOBEモバイルの特徴&料金・キャンペーンを分かりやすく解説

このページはBIGLOBEモバイルを、格安SIM初心者でも分かりやすいように解説しています。 特徴・料金プラン・キャンペーンの案内だけでなく、残念な点も書いてますから契約前にしっかり読んでください。 ...

格安SIM

格安SIMキャンペーン速報 今一番お得なのはココ

格安SIM キャンペーンの最新情報はココにあります!主要なMVNOの動向を日夜チェックしてる格安SIMマニアの管理人がおすすめする一番お得なキャンペーンも紹介しています。9月おすすめなのは、BIGLOBEモバイルとIIJmio・LINEモバイル、スマホセットならNifMoです!

格安SIM

格安SIM おすすめプラン★迷い疲れた人必見

格安SIMのおすすめプランを5つのケースごとに紹介しています。迷って比較し始めるとキリがない格安SIMなので、私が実際に使ってるサービスを軸に、具体的な条件と一緒に紹介しています。絶対に参考になるのでご覧ください。

格安SIM

格安SIM スマホセットのおすすめとキャンペーンの比較

格安SIMにスマホセットで乗り換えようと考えている方必見のおすすめ端末と、キャンペーンを比較して今一番お得に買えるMVNOを紹介しています。SIMフリースマホ選びに悩んでる方も是非参考にしてください。

格安SIM

格安SIMの通信速度の分かりやすい解説&厳選6社の比較

格安SIMの通信速度はキャリアに比べて遅いし、安定していません。それは事実ですが、自分に必要な通信速度を誤解してる方が多いです。スマホを普段使いするのに本当に必要な通信速度を分かりやすく解説しています。

  • この記事を書いた人
まるお

まるお

私は格安SIMを使い始めて3年で10社以上使ってきました。その経験を活かして「節約効果絶大なのに分かりにくい格安SIM」を誰にでも分かるように紹介しています。キャリアのスマホ料金はどう考えても高すぎるんで格安SIMで節約しましょう!

更新日:

Copyright© 便利なデジタルライフを応援するサイト , 2018 All Rights Reserved.