格安SIMの通話料を安くする方法は簡単です!

格安SIMの通話料は安いです。具体的な通話時間による選び方を解説

便利なデジタルライフを応援するサイト
トップページ格安SIM > 格安SIMの通話料は安いです!半額アプリ・オプションの選び方

格安SIMの通話料が高いは「昔の話」です。

格安SIMの通話料は、無防備に使えば20円/30秒ですからすごく高いです。ただ、「格安SIMに乗り換えてスマホ代を節約しよう」と考える人ですから、デフォルトの通話料で電話してる人はほとんどいないと思います。

世間的には今も「格安SIMの通話料は高い」と思われているようですが、実はそんなことありません。

ドコモ・au・ソフトバンクでも5分かけ放題プランで、5分を超過すれば20円/30秒です。
格安SIMの通話料と変わりません。最近の格安SIMのオプションは「10分かけ放題」が主流で、完全かけ放題の通話オプションがある格安SIMもあります。

1年~1年半前までは、5分かけ放題オプションのあるMVNOも少なかったし、通話料が半額になるアプリの数も少なかったです。ですから「格安SIMの通話料が高い」というのは「昔の話」です。

ここでは最新の格安SIMの通話料・通話オプションについて詳しく解説します。

格安SIMの通話料金のシステムは?

格安SIMの通話料は20円/30秒が基本で、大手キャリアの音声通話と同じ090・080から始まる電話番号を使った電話です。IP電話などではありません。

ドコモ・au・ソフトバンクでは、かけ放題・5分かけ放題が当たり前ですから、20円/30秒で5分話すだけで200円ですから、「高い」と感じても無理はありません。

  ドコモ au ソフトバンク 料金
かけ放題 カケホーダイ カケホ スマ放題 2,700円/月
5分以内かけ放題 カケホーダイライト スーパーカケホ スマホ放題ライト 1,700円/月

でも実際に格安SIMを使ってる人は、基本額の半額の10円/30秒か、5分 or 10分かけ放題か、時間制の無料通話を使っている人が多いです。

半額にするのは格安SIMが提供するアプリを使うだけですし、5分・10分・完全かけ放題は格安SIMのオプションを契約してアプリ経由で電話するだけ、時間制の無料通話は提供するMVNOが少ないですが、UQ mobileには無料通話付きのプランがあります。

格安SIMの通話料は誰でも半額になる

メジャーな格安SIMなら、ほとんどが通話料が半額になるアプリを提供しています。

  • 楽天モバイル:楽天でんわ
  • LINEモバイル:いつでも電話
  • BIGLOBEモバイル:BIGLOBEでんわ
  • mineo:mineoでんわ
  • IIJmio:みおふぉんダイアル

月額利用料などは一切かからず、使った分だけ格安SIMに支払うだけです。

使い方はアプリ経由で電話を掛けるだけです。

間違ってスマホに元々入っている通話アプリから掛けてしまうと、通常料金が請求されてしまいます。ここだけ注意しましょう。

電話を掛けることが絶対ない人以外は「半額アプリを使って電話をかける」ことでスマホ料金の節約額が大きくなります。

基本は20円/30秒ですが、誰でも10円/30秒で電話できると覚えておいてください。

かけ放題オプションの選び方

かけ放題オプションは、3分・5分・10分・無制限の4種類あります。

価格

  • 3分:600~650円
  • 5分:850円
  • 10分:820~880円
  • 時間無制限:2,380円

最近の格安SIMの定番は10分かけ放題で、一番取り扱うMVNOが多いです。

というわけで、一番多い10分かけ放題を例に、かけ放題オプションに入るべき人を計算してみます。

料金は820円~880円ですから間を取って850円/月と仮定して考えましょう。

通話料は10円/30秒ですから、850円で最大42分電話できます。

1ヶ月の通話時間が42分以下なら通話オプションは必要ないでしょう。

42分以上の人は、1回ごとの通話時間に応じてオプションを選びましょう。3分・5分の通話オプションがありますが、オーバーすると10円/30秒で課金されてしまいます。

3分・5分と10分では料金的に大きな差はありませんから、10分かけ放題オプションを選ぶのがベターだと思います。

10分かけ放題オプションのある格安SIMがこちら

完全無制限のかけ放題が良いという方は、楽天モバイルかイオンモバイルになります。

楽天モバイルは090番号を使った通常の電話ですが、イオンモバイルは050IP電話ですので注意しましょう。普通の通話よりも通話品質が落ちます。

特殊なかけ放題オプションもあります。

特定の相手との長電話が多いという人向けのかけ放題オプションもあります。

OCNモバイルONEのトップ3かけ放題です。月額850円でその月の国内通話で通話料の多い番号の上位3つの通話料が無料になります。

かけ放題ダブルなら、月額1,300円で10分以内の国内通話かけ放題と、10分以上の通話をした番号の上位3つの通話料が無料になります。

通話する相手が3つに限定される場合は、とってもお得です。

無料通話付きの格安SIM

無料通話のある格安SIMのプランは非常に少ないですが、「かける回数は多くないけど、1回の通話が10分では収まらない」という方は、無料通話付きを選ぶのがベストです。

BIGLOBEモバイルは、通話パック60という通話オプションで650円(不課税)で最大60分通話できます。

UQmobileは、オプションではなくぴったりプランという基本プランに無料通話が組み込まれています。プランMだと高速通信容量が6GBで120分の無料通話が付いています。

プランS プランM プランL
月額料金 1年目 1,980円/月 2,980円/月 4,980円/月
2年目 2,980円/月 3,980円/月 5,980円/月
データ容量 2GB 6GB 14GB
通話 ぴったり 無料通話 60分 無料通話 120分 無料通話 180分
おしゃべり 5分以内の国内通話かけ放題

ただデータ容量と無料通話時間のバランスがあるので、「無料通話は120分必要だけど、データ容量が6GBも必要ない」というケースは、対応できるプランがありません。

楽天モバイルのかけ放題オプションを検討してください。

格安SIMで通話料を節約する方法

半額アプリを使ったり、定額オプションや無料通話付きのプランを選ぶことで、キャリアの時よりもスマホの通話料を安く抑えられますが、もっと節約する方法を紹介します。

よく話す相手とはLINE・Messengerを使う

LINEやFacebookのMessengerで通話すれば、通話料はかかりません。通信量は消費しますが、LINEの無料通話の場合 1分 0.3MBです。ギガバイトで換算すると、0.00029297GBです。

30分通話しても9.0MB(0.00878906GB)ですから気にするほどの消費量ではありません。通信量1GB分電話しようと思ったら56時間以上電話できる計算になります。

ただ、通信状況次第で若干のタイムラグがあったり、途切れたりすることが稀にあります。それを許せる相手の家族や友達とは、LINEを使うようにしましょう。

LINEモバイルならLINE利用分がカウントフリー

LINEの無料通話のデータ消費量は非常に少ないですが、LINEモバイルなら音声通話だけでなく、ビデオ通話、テキスト・音声メッセージ・スタンプ・画像 動画の送受信などもカウントフリーで通信量を消費しません。

他社と比べると、数十円程度月額料金が高いですが、通信量を使い切ってもカウントフリーの機能は高速通信できますし、格安SIMでは唯一 LINEの年齢認証をクリアできるので、キャリアで使っている時と同じようにID検索も使えます。

ガラケーとスマホを2台持ちする

電話する相手が固定電話で、1回に何時間も長電話する人や、これまでキャリアの家族割で頻繁に長電話していた人は、楽天モバイルの無制限かけ放題があります。こちらから掛ければ無料ですが、相手から掛けてもらったときは相手に負担が掛かってしまいます。

家族割を継続したかったら、ガラケーとスマホの2台持ちという選択肢もあります。

ドコモ・au・ソフトバンクのガラケー端末はヤフオクやAmazonで新品が1万円~1万5千円程度で購入できます。

spモード・LTE NETやパケットプランは一切加入せず、通話のみで契約しましょう。

ドコモ・au・ソフトバンク3社とも、完全カケホーダイで料金は2,200円/月です。

auの場合、3Gケータイは既に販売されておらず、3Gの通話で使うCDMA2000が2020年ごろに終了すると言われています。まだ2、3年は使えますが、遠くない将来には使えなくなると思います。

長く使おうと考えるなら、高いですがLTE回線で通話するVoLTE対応のガラケーを購入して、通話のみで使うことを検討してください。

ただガラケーとスマホの2台持ちは、結構邪魔くさいです。代替案がないかよく検討した上で変更しましょう。

ドコモなら、SIMカードを2枚挿せるSIMフリースマートフォンでカケホーダイを使うこともできます。

デュアルSIMスマホで通話料を節約する方法

SIMフリースマホは、DSDS(デュアルSIMデュアルスタンバイ)と言って、2枚のSIMカードが使えるスマホが沢山あります。

2枚のSIMのうち、片方は3Gで、もう一方が4G/3Gでの待ち受けになります。ですからドコモのFOMA用のSIMを3G側に使い、4G/3Gの方にデータ通信用のSIMを使うのが一般的です。(1つの端末で2つ電話番号を持つことができます。)

これがauの場合、3Gケータイで使う電波が特殊(CDMA2000)で、ほとんどのSIMフリースマホは対応していないので、使うことができません。VoLTEの通話SIMは4G回線を使うので、4G/3GのSIMスロットでしか使えませんので、データ通信が使えません。

auの通話用SIMと格安SIMを両方使うことは出来ません。

ソフトバンクの3G回線はドコモと同じ電波の種類なので、SIMフリースマホで使えるんですが、ネットで調べていると、標準SIMからnanoSIMにサイズ変更してもらえず、自分でカットしたり、わざわざnanoSIM仕様のガラケー・ガラホを購入してサイズ変更した上で使っている人がいます。

ソフトバンクの通話専用SIMをSIMフリースマホで使うことを快く思っていないようです。私もソフトバンクでDSDSしたことありませんので、確かなことが言えません。

au・ソフトバンクのかけ放題・家族割を維持したい方は、ガラケーと2台持ちが妥当だと思います。

格安SIMの通話料について【まとめ】

格安SIMの通話料はアプリを使えば半額になるし、10分かけ放題のオプションが800円台で使えるので、キャリアより安くなることは分かっていただけたと思います。

ただ、通話時間がすごく長い方、家族割を維持したい方や、仕事で固定電話に沢山電話する方は、ガラケーと2台持ちにしたり、DSDS対応機種で運用するなどの工夫が必要です。

まずは、自分が1ヶ月にどの程度通話しているかを知りましょう。

30分~40分程度なら通話オプションも必要なく半額アプリだけで対応できるし、累計40分以上で10分以下の短い通話が多いなら10分かけ放題オプションで安くできます。

特定の相手との通話が多い方は、OCNモバイルONEのトップ3かけ放題・かけ放題ダブルも検討してください。

無料通話が必要な方は、UQ mobileのぴったりプランがいいでしょう。

この4つの選択肢のどれにも当てはまらない場合だけが、格安SIMに向いていないと言えます。自分の通話時間と照らし合わせて検討してください。

スポンサーリンク
格安SIM 最新エントリー
格安SIM・格安スマホ個別メール相談室

人気コンテンツ

メニュー
インフォメーション
にほんブログ村 PC家電ブログ パソコンの豆知識へ