キャリアのiPhoneにおすすめの格安SIM

docomo・au・ソフトバンクで使ってたiPhoneで格安SIMに乗り換えたい方におすすめの格安SIMを紹介

便利なデジタルライフを応援するサイト
トップページ格安SIM > docomo・au・ソフトバンクのiPhoneにおすすめの格安SIM

乗り換えは意外と簡単で経済的 docomo・au・SoftBankで買ったiPhoneを格安SIMで使う方法

キャリア版iPhoneで格安SIMに乗り換えるメリットと手順

ドコモ・au・ソフトバンクで販売されたiPhoneを使って格安SIMに乗り換えるメリット・方法・手順おすすめの格安SIMを紹介します。

今は、2015年9月に発売されたiPhone6s・6s Plusを、キャリアで購入した人の2年縛り・分割支払が終わって、端末をそのまま使って格安SIMに乗り換える人が多いです。

2018年9月にはiPhone7が発売から2年経つので、同じように2年契約更新のタイミングで格安SIMに乗り換える人が増えると思います。

格安SIMへの乗り換え手順はすごく簡単なので参考にしてください。

キャリア版 iPhoneで格安SIMに乗り換えるメリット

キャリア版のiPhoneはSIMロック解除すればどこの格安SIMでも使えるので、Androidスマホのように適合する周波数を考えなくていいのでシンプルで分かりやすいです。

今のiPhoneに画面が割れてるとか不具合がないのであれば、「乗り換える時にスマホを買わなくていい」というのはすごく経済的で、月々のスマホ代が劇的に安くなるのがメリットです。

具体的には音声通話SIMで↓これくらいの料金になります。

通信量 格安SIMの場合の相場 通話オプションの相場
3GB 1,600円/月+通話料 3分かけ放題 600円
10分かけ放題 850円
6GB 2,200円/月+通話料
10GB 3,000円/月+通話料

月々のデータ量にもよりますが、高くても5,000円以下に抑えられます。データ量が少なければ2,000円以下でもスマホが使えます。

最新のiPhoneに乗り換えたい気持ちも分かりますが、まだ使えるんだら格安SIMも前向きに検討してみてください。

デメリットは↓こちらで確認してください。

キャリア版 iPhoneで格安SIMに乗り換える手順

1.契約中にSIMロック解除をしておく

キャリアで販売されているiPhone6s・6s Plus以降のiPhoneは、SIMロック解除対象です。

ドコモ・au・ソフトバンク 3キャリアとも、分割払いは購入から101日目以降、一括購入なら即日SIMロック解除の手続きができます。

解約前にネット上から手続きすれば無料ですが、店頭で手続きすると3,000円必要です。

docomo My docomo:無料
ドコモショップ:3,000円(税抜)
au My au:無料
auショップ:3,000円(税抜)
ソフトバンク My SoftBank:無料
ソフトバンクショップ:3,000円(税抜)

解約後だと3社とも店頭のみの受付で、docomo・ソフトバンクには解約日からの日数制限がありますし、本人じゃないと受け付けてくれません。

必ず契約中にネット上からSIMロック解除の手続きをしておきましょう。

2.2年しばりの更新月を確認する

格安SIMに乗り換えるなら、2年契約の更新月がベストです。更新月以外に解約すると解約金9500円+スマホ代の残債を支払う必要があります。

更新月は25・26ヶ月目の2ヶ月です。各社の確認方法は以下の通りです。

docomo My docomoにログインして【ドコモオンライン手続き】の【ご契約内容確認・変更】を開いて、2ページ目の【ご契約プラン】で契約満了月が確認できます。
au My auにログインして【スマートフォン・携帯電話】から【ご契約内容/手続き】タブから【ご契約情報】を開く。【料金割引サービス】から【次回更新年月】で確認できます。
ソフトバンク My SoftBankにログインして【更新期間】か【料金プラン】から確認できます。

3.MNP予約番号を発行する

キャリアで使っていたiPhoneを格安SIMで使う場合、ほとんどの人がMNP(ナンバーポータビリティ)して電話番号を引き継いで使うと思います。

その場合、格安SIMに申し込む前にキャリアでMNP予約番号を発行してもらう手続きが必要です。

手続きはiPhoneの場合、auとソフトバンクは店舗か電話で、ドコモだけネットのMy docomoからも手続きできます。

MNPには必ず手数料がかかります。ドコモが2,000円、au・ソフトバンクが3,000円です。手数料はMNPされて契約解除された翌月に、利用料金と合わせて請求されます。

店舗や電話だと、必ず引き留められます。「ポイントをくれる」とかあの手この手で引き留められますが、月額料金は絶対に格安SIMの方が安いので強い意志で断りましょう。

4.格安SIMに申し込む・開通手続きをする

あとは、MNP予約番号・有効期限・電話番号を入力して格安SIMに申し込むだけです。

SIMカードが届くまでに数日かかりますが、届くまでは元通りiPhoneが使えますから安心してください。

届いてから格安SIMのマイページ上で開通手続きをすると、電話番号が新しいSIMカードに移行して使えるようになります。

説明書が同封されているので、MNPの開通手続きは難しいことはありません。

データ通信もプロファイルをインストールするだけです。Wi-Fi環境のあるところならどこでもできます。

これで格安SIMへの乗り換えが完了です。やってみたら分かりますが、全然難しいことはありません。

キャリア版 iPhoneにおすすめの格安SIM

ドコモ・au・ソフトバンク版 iPhoneにおすすめの格安SIMを紹介します。

手持ちのiPhoneで格安SIMに乗り換える場合、スマホを選ばなくていいし、端末の値引きキャンペーンを比較しなくていいので分かりやすいです。

キャリア版iPhoneで使うおすすめ格安SIM ベスト3+1

1位 BIGLOBEモバイル

BIGLOBEモバイル ロゴ
画像引用:BIGLOBEモバイル公式ページ

BIGLOBEモバイルはSIMのみでも割引+キャッシュバックがお得です。

3ギガプラン以上の申込みで音声SIMだと特典総額11,200円です。

内容は6ヶ月間 月額料金を1,200円割引いてくれるのと、4,000円のキャッシュバックで合計11,200円です。3ギガプランなら半年間 400円/月で利用できます!

4,000円のキャッシュバックは当サイトとBIGLOBEモバイルのタイアップキャンペーンなので、下記のリンクから公式ページへ行って、ページに記載されているクーポンコードを利用して申し込んだ方限定です。通常のキャンペーンにキャッシュバックはありません。

月額料金は業界最安レベルで、3ギガプランの通話SIMで1,600円です。

通話オプションは、3分かけ放題・10分かけ放題、最大60分の無料通話・90分の無料通話の4種類から選べます。4つも通話に関するオプションがあるMVNOは珍しく、通話時間に合わせて節約ができます。

もうひとつ特徴的なのが、youtubeやApple Music・AbemaTVなど10コのエンタメサービス利用分がカウントフリーになるエンタメフリーオプションがあるところです。

料金は3ギガプラン以上の音声SIMなら480円/月です。

3ギガプランに3分かけ放題と、エンタメフリーオプションも付けて2,730円です。それが半年間1,530円で使えて、さらに4,000円のキャッシュバックですから相当お得です。

2018年9月30日まで
タイプD音声SIMで 特典総額 最大14,800円←当サイトタイアップ企画
2位 LINEモバイル

LINEモバイル ロゴ
画像引用:LINEモバイル公式ページ

LINEモバイルは、カウントフリーでLINEと主要SNS利用分が使い放題です。

月額料金は他の格安SIMより月々数十円程度高めな設定ですが、キャリアよりはかなり安いです。

コース名 高速通信量 価格 カウントフリー機能
LINEフリープラン 1GB/月 1,200円 LINE
コミュニケーションフリープラン 3GB/月 1,690円 LINE
Twitter
Facebook
Instagram
5GB/月 2,220円
7GB/月 2,880円
10GB/月 3,220円

高速通信容量を使い切って速度制限が掛かっても、カウントフリーになる機能は高速通信できます。

LINEモバイルには、いつでも電話という通話料が半額になる専用アプリがあって、通常20円/30秒の通話料が10円/30秒になります。

月額880円で10分以内の国内通話かけ放題のオプションもあります。

3GBプランに10分かけ放題を付けても2,570円/月です。この金額でLINEと主要SNSが使い放題でかけ放題付きですから、キャリアとは大違いです。

8月28日までの申込み
初夏の選べるキャンペーンで LINEギフトコード or ポイント が貰える
3位 UQ mobile

UQ mobile ロゴ
画像引用:UQ mobile公式ページ

UQモバイルは格安SIMの中で通信速度の速さ・安定感がトップです。

他の格安SIMは、平日の通勤・帰宅時間や昼休みの12時台に、回線が混雑して通信速度が低下します。

それがUQ mobileの場合ほとんどありません。終日快適な通信速度で使えます。

キャリアから乗り換えても、通信速度の面でギャップを感じることは無いと思います。

プランは、5分かけ放題が付くおしゃべりプラン、無料通話の付くぴったりプランと、通話オプションのないデータ高速+音声通話プランがあります。

データ高速+音声通話プランは3GBのみで1,680円/月。おしゃべり/ぴったりプランの詳細は以下の通りです。

プランS プランM プランL
月額料金 1年目 1,980円/月 2,980円/月 4,980円/月
2年目 2,980円/月 3,980円/月 5,980円/月
データ容量 2GB 6GB 14GB
通話 ぴったり 無料通話 60分 無料通話 120分 無料通話 180分
おしゃべり 5分以内の国内通話かけ放題

キャリアでは5分かけ放題を使っていた人が多いと思いますので、おしゃべりプランのプランSかプランMがおすすめです。

注)iPhone7/7 Plus/8/8 Plus/Xは全てのキャリア版・SIMフリー版共にテザリング・メールサービスが利用できません。テザリングを使う方はご注意ください。

SIMのみの音声付プランの契約で
JCBギフトカード 3,000円分プレゼント
【プラス1】IIJmio

IIJmio ロゴ
画像引用:IIJmio公式ページ

IIJmioは月額料金が安くなるキャンペーンがお得です。

2018年7月31日まで、史上最強3つのお得なキャンペーンとして『初期費用 1円・月額費用300円OFF・データ量3GB増量』の3つの特典を受けられます。(月額費用の割引は音声通話SIMのみ)

月額費用の割引と3GB増量は12ヶ月継続する特典です。6GBで通常2,220円/月なのが1,300円/月で使えて、初期費用の3,000円が1円になるので、合計で14,039円お得になる計算です。月額料金を抑えたい方はIIJmioがおすすめです。

コース名 通信量 データ データ+SMS 音声通話
タイプD(ドコモ回線)
ミニマムスタート 3GB → 6GB 900円 1,040円 1,600円 → 1,300円
人気アイコン
ライトスタート
6GB → 9GB 1,520円 1,660円 2,220円 → 1,920円
ファミリーシェア 10GB → 13GB 2,560円 2,700円 3,260円 → 2,960円
タイプA(au回線)
ミニマムスタート 3GB → 6GB 900円 1,600円 → 1,300円
ライトスタート 6GB → 9GB 1,520円 2,220円 → 1,920円
ファミリーシェア 10GB → 13GB 2,560円 3,260円 → 2,960円
2018年8月1日から
容量2倍・初期費用1円・月額600円引き IIJmioの夏祭り

キャリア版 iPhoneにおすすめの格安SIM【まとめ】

安さとキャッシュバックならBIGLOBEモバイル、LINEやSNSをよく使うならLINEモバイル、通信速度で選ぶならUQ mobile、月額料金を抑えたいならIIJmioという感じです。

是非参考にしてください。

スポンサーリンク
格安SIM 最新エントリー
格安SIM・格安スマホ個別メール相談室

人気コンテンツ

メニュー
インフォメーション
にほんブログ村 PC家電ブログ パソコンの豆知識へ