格安SIM

IIJmioのコミコミセットを徹底解説!その特徴とおすすめ端末の紹介

更新日:

IIJmioが、3GBの音声通話SIM+3分以内かけ放題+スマホ代込みのコミコミプランに2018年6月15日発売のHUAWEI(ファーウェイ)P20 liteが追加されました。

音声通話SIMに端末代とかけ放題が付くプランは他にもありますが、今はコミコミセットが一番お得だと思います。ここではその理由を詳しく解説していきます。

コミコミセットの詳細を確認する

IIJmioコミコミセットの要点解説

IIJmioのコミコミセットとは

IIJmioのコミコミセットは、通信量3GB・3分かけ放題・スマホ端末代この3点がコミコミの料金設定になっています。

そして料金設定が3パターンあって、1年目より2年目が1,000円高くなる設定です。(利用開始月は機種により少し差があります。)

利用開始月の翌月~12ヶ月 13~23ヶ月
入門モデル
nova lite2
ZenFone 4 Max
1,880円 2,880円
標準モデル
HUAWEI P20 lite
AQUOS senselite SH-M05
arrows M04
2,480円 3,480円
高機能モデル
ZenFone4 カスタマイズモデル
honor9
NuAns NEO[Reloaded]
2,980円 3,980円

これだけでは高いのか安いのか分からないと思いますので、「どこがお得なのか」をよく読んでください。実は他のMVNOにはない斬新なセットプランなんです。

IIJmioのコミコミセットのどこがお得なのか

端末代+通常の料金プランより安い!

IIJmioのコミコミセットは1年目の安さがすごいです。

まず、スマホ代を除いた通常の料金プランだと、月額利用料がいくらになるのかというと

  • タイプD 3GBミニマムスタートプラン 音声通話機能付きSIM:1,600円
  • 誰とでも3分・家族と10分以内かけ放題 通話定額オプション:600円

合計で2,200円/月になります。

下の表ではコミコミセットにラインナップされている機種の、通常の分割払い額と月額利用料2,200円の合計額を計算してみました。

分割支払い額 端末代+
月額利用料
コミコミセット
1年目 2年目
nova lite2 950円 3,150円 1,880円 2,880円
ZenFone 4 Max 850円 3,050円
HUAWEI P20 lite 1,200円 3,400円 2,480円 3,480円
AQUOS sense lite SH-M05 1,100円 3,300円
arrows M04 1,380円 3,580円
ZenFone 4 カスタマイズモデル 1,500円 3,700円 2,980円 3,980円
honor9 1,700円 3,900円
NuAns Neo[Reloaded] 1,700円 3,900円

1年目で月々720円~1,280円安い計算になりますので、1年で約8,640~15,360円お得です。

2年目になると、わずかに高くなる機種もありますが、1年目のお得分で相殺してもまだお得です。

通常の料金プランで契約するよりも「かなり安い」のがコミコミセットです。

注意点


利用開始月だけはそれぞれのスマホの価格調整で月額料金が違って、↓このように通常プラン並みの料金になります。

  • nova lite2:3,150円
  • Zenfone 4 Max:3,050円
  • HUAWEI P20 lite:3,480円
  • AQUOS senselite SH-M05:3,480円
  • arrows M04:3,580円
  • ZenFone4 カスタマイズモデル:3,980円
  • honor9:3,980円
  • NuAns NEO[Reloaded]:3,980円

(この料金の中の3GBプランの音声通話SIM 1,600円だけは日割り計算になります。)

利用開始月だけ少し高いですが、2018年7月31日までは初期費用の3,000円が1円になるので、高い分はペイ出来ると思います。

2ヶ月目から通信容量を変更できる

コミコミセットの標準の通信量は3GB/月ですが、利用開始の翌月から通信量量を6GB・12GBに変更できるのもコミコミセットの特徴です。

差額は6GBで620円/月・12GBで1,660円/月で、通常プランの差額と同じです。通信量を増やしてもコミコミセットのお得さは変わりません。

UQモバイルのおしゃべり・ぴったりプランは、プランSの2GBから6GBに上げると1,000円も高くなります。楽天モバイルのスーパーホーダイも同じです。

通話オプションも3分かけ放題から10分かけ放題に変更できます。この差額も通常の差額と同じ230円です。

3分から超過した通話料が230円以上ある方は10分に変更すると節約になります。

2年目にかけ放題オプションを解約すれば安くなる

コミコミセットに付属している3分かけ放題オプションは、2年目に解約することができます。

正しくは1年目でも解約できるんですが、12ヶ月までの月額費用は変わらないので、解約するメリットがありません。13ヶ月目からは600円/月安くなります。

月々600円分(最大30分)の通話をしないのであれば、解約することで月々安く利用できます。

セットプランなのに通話定額オプションを解約できて、料金が下がるというのは珍しいです。UQモバイル・BIGLOBEモバイル・楽天モバイルなどは、通話オプションだけの解除は出来ません。

コミコミセットは2年縛り・自動更新なし

コミコミセットには2年縛りも自動更新もありません。

楽天モバイルのスーパーホーダイ、BIGLOBEモバイルのスマホまる得プラン、UQモバイルのおしゃべり・ぴったりプランなど、データ通信・通話・端末割引がセットになったプランは、2年契約が基本で2年以内に解約すると解除料が必要な事が多いです。

楽天モバイルのスーパーホーダイは標準では2年縛りはありませんが、2年契約・3年契約しないと月額料金が高くてお得じゃありません。

その点IIJmioのコミコミセットは、通常プランの音声通話SIMと同じ音声通話機能解除調定金額が必要な利用開始から12ヶ月を過ぎれば、解除料などが必要ありません。

音声通話機能解除調定金の金額を教えてください。 | IIJmio

だから、2年目から1,000円/月料金が上がるので、そのタイミングで解約することも可能です。1年目の方が割安なので、乗り換えるのが面倒でなければお得です。

ただ端末代は基本的に24回払いなので、解約すると残債を一括で支払うことになります。でも、1年目と2年目で月額料金に含まれる端末支払い分の金額は同じなので、解約する時に残債を支払うことになっても損するわけじゃありません。

コミコミセットと他社のセットプランの比較

IIJmioのコミコミセットの他にも、かけ放題や無料通話・端末代などがコミコミになっているセットプランがあるのでここで比較してみます。

まず、IIJmioのコミコミセットの料金が↓こちらです。

入門モデル 標準モデル 高機能モデル
月額料金 1年目 1,880円 2,480円 2,980円
2年目 2,880円 3,480円 3,980円
通信量 3GB
通話 3分以内の国内通話かけ放題
(13ヶ月目以降は解約すれば600円/月安くなる)

通信量を6GB、12GBに増量した場合と、かけ放題を10分に変更した場合の月額料金が↓こちらです。

入門モデル 標準モデル 高機能モデル
6GB 3分かけ放題 1年目 2,500円 3,100円 3,600円
2年目 3,500円 4,100円 4,600円
10分かけ放題 1年目 2,730円 3,330円 3,830円
2年目 3,730円 4,330円 4,830円
12GB 3分かけ放題 1年目 3,540円 4,140円 4,640円
2年目 4,540円 5,140円 5,640円
10分かけ放題 1年目 3,770円 4,370円 4,870円
2年目 4,770円 5,370円 5,870円

この料金には「端末代も入っている」というのがポイントになるのでよく覚えておいてください。

UQモバイル おしゃべり/ぴったりプランと比較

プランS プランM プランL
月額料金 1年目 1,980円/月 2,980円/月 4,980円/月
2年目 2,980円/月 3,980円/月 5,980円/月
通信量 2GB 6GB 14GB
通話 ぴったり 無料通話 60分 無料通話 120分 無料通話 180分
おしゃべり 5分以内の国内通話かけ放題

最低利用期間が25ヶ月で契約満了月の翌月に解約しないと自動更新されてしまいます。契約満了月の翌月以外に解約すると9,500円の契約解除料が必要です。

さらに26ヶ月目以降は、データ容量が半分になり、ぴったりプランだと無料通話の時間も半分になります。更新するメリットはないし解約月を間違えると解除料を払わなきゃいけないのが嫌ですね。

コミコミセットよりちょっと料金設定が高めです。通信速度の速さ・安定感はIIJmioより良いので、「2年間解約しない」という覚悟があればUQモバイルも良いと思います。

Y!mobile スマホプランと比較

プランS プランM プランL
月額料金 1年目 1,980円/月 2,980円/月 4,980円/月
2年目 2,980円/月 3,980円/月 5,980円/月
通信量 2GB 6GB 14GB
通話 10分以内の国内通話かけ放題

ほぼUQモバイルと設定は変わりません。かけ放題が10分になっているくらいです。

2年の契約期間があり、契約期間中の解約は9,500円の契約解除料がかかります。自動更新もあります。

3年目からデータ量が2倍になるオプション無料キャンペーンが終わるので、同じ通信量を使おうとすると500円/月高くなります。(機種変更すれば2年継続できる)

UQモバイルと同じように、2年縛り・自動更新がネックで、この料金に端末代がプラスされますからコミコミセットより高くなるのは確実です。

楽天モバイル スーパーホーダイと比較

楽天モバイルのスーパーホーダイは、2年縛り・自動更新はありませんが、2年または3年の長期契約をしないと月額料金が安くなりません。

楽天会員で1年契約・2年契約の場合の料金が以下の通りです。2年契約の方が500円/月安く、組み合わせプランよりも割安です。ただ端末代は別です。

プランS プランM プランL プランL
月額料金 1年契約 2,480円/月 3,480円/月 5,480円/月 6,480円/月
2年契約 1,980円/月 2,980円/月 4,980円/月 5,980円/月
通信量 2GB 6GB 14GB 24GB
通信速度最大1.0Mbps使い放題(12時台・18時台は最大300kbps)
通話 10分以内の国内通話かけ放題

P20 liteの場合、端末代が1,439円(税込)なので、プランSで2年契約した場合 3,577円(税込)になります。

通信量・かけ放題の時間が違うので、料金をそのまま比較はできませんがコミコミセットなら1年目2,480円、2年目3,480円です。コミコミセットの方が割安だと思います。

BIGLOBEモバイル スマホまる得プランと比較

コース名 通信量 1年目 2年目 通話
Sプラン 1GB 2,230円 2,980円 最大90分の無料通話
or
10分以内の国内通話かけ放題
S+プラン 3GB 2,430円 3,480円
Mプラン 6GB 2,980円 3,980円
Lプラン 12GB 4,230円 5,980円
2Lプラン 20GB 6,030円 7,480円
3Lプラン 30GB 8,280円 8,980円

この料金に端末代がプラスされますから、スマホまる得プランもコミコミセットと比べるとかなり割高です。また自動更新と2年縛りもあります。

コミコミセットでスマホまる得プラン Mプランに相当する6GB・10分かけ放題に変更した場合、1年目の料金が入門モデルで2,730円、標準モデルで3,330円で端末代が込みです。

IIJmioのコミコミセットはこんな人におすすめ!

SIMと端末セットで月々の負担を出来るだけ安く格安SIMへ乗り換えたい方にピッタリなプランだと思います。

キャッシュバックなどの場合、貰えるのは早くて9ヶ月~12ヶ月後で手続きを忘れてしまうと受け取れないこともありますが、コミコミプランの場合月々の料金を安くしてくれてるのが嬉しいです。

IIJmio コミコミセットのおすすめ端末

CPU・RAM(メモリ)・ROMのスペックは重要です。

3つの料金設定の中に、それぞれ3機種ずつ設定されていますが、その3機種の中でもスペックが違います。以下の表はCPU・RAM(メモリ)・ROMの比較表です。

機種名 サイズ CPU RAM ROM
nova lite2 5.65インチ Kirin659 3GB 32GB
Zenfone 4 Max 5.2インチ QualcommR Snapdragon 430 3GB 32GB
HUAWEI P20 lite 5.84インチ Kirin659 4GB 32GB
AQUOS senselite SH-M05 5.0インチ QualcommR Snapdragon 430 3GB 32GB
arrows M04 5.0インチ MSM8916(1.2GHz) 2GB 16GB
ZenFone4 カスタマイズモデル 5.5インチ QualcommR Snapdragon 630 4GB 64GB
honor9 5.15インチ Kirin 960 4GB 64GB
NuAns NEO[Reloaded] 5.2インチ QualcommR Snapdragon 625 3GB 32GB

赤太字の機種がおすすめ機種です。

入門モデルならnova lite 2

HUAWEI nova lite2

1年目1,880円の3機種の中なら断然nova lit2です。2018年2月9日に発売された最新機種で、25,980円という安さなのに写真のボケを調整できるWレンズ搭載で、iPhoneXのような超ワイドディスプレイ、CPU・メモリ(RAM)も他2機種より勝っています。今注目の非常にコスパのいいSIMフリースマホです。

標準モデルならHUAWEI P20 lite

HUAWEI P20 lite

1年目2,480円の3機種の中なら、HUAWEI P20 liteです。そもそも消去法で、arrows M04はスペックが低すぎです。SH-M05はM04より少し良いですがCPUが物足りません。

HUAWEI P20 liteは、2018年6月15日発売の最新機種で、iPhoneX的な縦長ノッチデザインで、ディスプレイの解像度も他2機種より良いです。4GB RAM搭載で動作も機敏ですしWレンズカメラの写りも良いです。総合的に考えてP20 liteが絶対おすすめです。

高機能モデルならhonor9

honor9

1年目2,980円の3機種の中なら、honor9かZenFone4カスタマイズモデルでしょう。本当にどっちも良い機種なんで、好みで選んでください。スペック的にはhonor9なんですが、ZenFone4カスタマイズモデルは5.5インチで大きく、iPhoneのPlusシリーズのサイズを使いたい方はこっちです。

【まとめ】IIJmioのコミコミセット地味に革新的!

コミコミセット スクリーンショット

コミコミセットの詳細を確認する

コミコミセットは、1年で解約できるし、通信容量・かけ放題オプションを変更しても差額が通常と同じ額で、オプションだけ解約することもできるという、いろんな料金が込みになっている料金プランなのに、柔軟性があってひとりひとりの使い方に合わせて調整できるのが魅力的です。

ラインナップされている端末も入門・標準・高機能でそれぞれ魅力的なスマホがありますし、通常よりも安い負担額で購入できます。

個人的にこういうセットプランが増えてくれたらいいなと思えるプランです。スマホセットで格安SIMに乗り換えようと考えてる方は前向きに検討してください。

  • この記事を書いた人
まるお

まるお

私は格安SIMを使い始めて3年で10社以上使ってきました。その経験を活かして「節約効果絶大なのに分かりにくい格安SIM」を誰にでも分かるように紹介しています。キャリアのスマホ料金はどう考えても高すぎるんで格安SIMで節約しましょう!

注目記事ベスト3

1

格安SIM選びに迷い疲れていませんか?「面倒だしキャリアのままでいいや」なんて投げ出さないでください。ここでは、格安SIMマニアの私が選ぶ「間違いない格安SIMを6つ」を紹介しています。

2

格安スマホのおすすめ機種を「これだ!」と厳選して紹介しています。さらにどのMVNOで格安SIMとセットで買うのが一番安いのかも徹底調査しました!格安スマホ選びで悩んでる方は絶対に参考になるはずです。スマホはiPhoneだけじゃありません!SIMフリーのアンドロイドも良いですよ。

3

WiMAXのキャンペーン情報 2018年8月版です。ワイマックスのキャンペーンをチェック&比較して、お得なキャンペーンを紹介しています。キャッシュバック額だけでなく、月額料金が安いキャンペーンも意外とお得です。

-格安SIM
-,

Copyright© 便利なデジタルライフを応援するサイト , 2018 All Rights Reserved.