格安SIM

デュアルSIMにFOMA+データSIMで節約する方法を選んだ理由

更新日:

デュアルSIMスマホを愛用し始めて9ヶ月になります。

最初はASUS Zenfone3、次にMoto G5 Plusで一時ONKYO DP-CMX1にしましたが重くて諦めて、今はHUAWEI P10をメインで使っています。

全部音声通話はドコモのFOMA SIMです。

もともとガラケーで使ってたとかじゃなくて、わざわざ格安SIMからドコモにMNPしました。その時、月々の費用を抑えるためにガラケーも買いました。それが下の写真のN-01Gです。ドコモショップで開通確認しただけで、ほぼ新品で手元にあります(^―^)

N-01G

「なんで通話SIMじゃダメなの?」という疑問が浮かぶと思いますが、私はこういうサイトを運営している都合もあって、レビューを書くためにスマホを自腹で頻繁に買い替えます。

その時に、通話SIMの1年縛りがあったりするとウザいというのがひとつ。

別に解約せずに格安SIMとセットで買った端末だけを入れ替えれば、違約金を払わずに済むんですが、ここに細かい計算があるんです。

まるお
そこんところをここでぶっちゃけたいと思います。

デュアルSIMスマホにFOMA SIMを使う理由

FOMA SIM利用が安いから

まず、格安SIMに音声通話オプションを付けると700円/月かかります。

通話料は半額アプリを使わないと20円/30秒で、楽天でんわなどの通話料が半額になるアプリを使えば10円/30秒になります。

格安SIMの音声SIMを使ってた頃、電話の頻度は多くないので私は5分・10分かけ放題オプションは付けていませんでした。

ですから、700円+通話料+SMS送信料が電話分の料金になります。

ここに私の細かい性格で気になる点があるんです。

まず、半額アプリを使い忘れるという点です。

「あれ請求高いな?」と思うと正規の通話料で電話代が加算されてる事が多々ありました。見たときに無茶苦茶損した気分になるんです(ノ_・。)

次に、SMS送信料がかかるという点です。

ガラケーの家族にSMSを頻繁に送るので、数円ですが毎回毎回チャリンチャリン課金されてると思うと「なんか嫌だな~」と思ってました。

そんな時にデュアルSIMスマホで欲しいと思うZenfone3が発売されて、FOMA SIMへのMNPを真面目に考えたんです。

FOMAなら無料通話があって、アプリ経由で電話する必要ないし、SMSも無料通話を消費するだけだから良いなという理屈です。

具体的に私が毎月いくら払ってるのかがコチラ↓

docomo 請求額

月によって少し前後してるのは、2月が通話が多くて月の途中でプランを変更したからです。

3月はmicro SIMからnano SIMに変更した手数料2,000円が加算されてるからで、4月の1,296円が通常の請求額です。

5月は問い合せでナビダイヤルを知らずに掛けていたので、少し高かったです。

この額で1,000円分(最大25分)の無料通話が付いてきて、上限3,000円まで翌月に繰り越せるのでMAX4,000円分まで無料通話が貯まります。

となると最大1時間40分分ですから、稀に十数分~20分くらいの長電話したってそう簡単になくなりません。

ちなみにプランはタイプSSバリューです。

もし無料通話が足りなくなったら、SやMに月の途中で変更できます。2月は月の途中でMに替えたので少し高くなりました。

格安SIMの5分とか10分のかけ放題オプションだと時間を気にしなきゃいけないし、超えたからって「ごめん、掛け直す」とは言えませんからね(^_^;)

格安SIMの700円の音声通話オプションとの差額が税込540円です。

通話料を半額アプリ使って10円/30秒にしたとして27分です。どっちもどっちな額ですが、私は「アプリを使わなくていい」「無料通話が沢山繰り越せる」「SMSの送信もタダ」という点に満足しています。

半額アプリのようにプレフィックス方式じゃないので、通話品質も良いですよ。

デュアルSIMスマホ+FOMA SIMのメリット・デメリット

「タSIMを自由に変えられる」のもこのスタイルのメリットだと思います。

今はLINEモバイルをデータSIMに使っています。

理由は通信速度が速くて、LINE+主要SNS利用分がカウントフリー、LINEの年齢認証をクリアできるという点です。

それで満足していますが、格安SIMは通信速度の変化が激しいので、もし遅くなったりしたら替えようと思ってます。

それに、各社特徴的なプランで差別化し始めていますので、今より自分に合った格安SIMのプランが登場すれば気軽に変えられます。

今はLINEモバイルの全然不満を感じていないので変えるつもりゼロです。

LINEモバイル ロゴ
LINEモバイルの特徴とお得なポイント+使った感想・通信速度レビュー

LINEモバイルの特徴やお得なポイントと実際に使った感想と通信速度の結果を紹介します。最安のプランでもLINE利用分はカウントフリー、上位プランなら主要SNS利用分はカウントフリーになるのがお得です!

デメリットというと、やはり「デュアルSIM対応のSIMフリースマホしか使えない」という点でしょう。

定期的に良い機種が出てるので、全然問題ないですが、極端に安い機種は使えないです。

私はそもそもミドルクラス以下のSIMフリースマホを使う気が無いので、ここもあまり気にしていません。

2016年夏に、Moto G4 Plusが国内向けとして初めてデュアルSIMスマホとして発売されてから、ミドルクラス以上のSIMフリースマホの多くがデュアルSIMデュアルスタンバイ対応ですから、今後もこの流れは続くように考えています。

最悪はガラケーにFOMA SIM挿せば使えますから大丈夫です(^―^)

そんなわけで、私がデュアルSIMスマホにFOMA SIMを使っている理由を紹介してきました。同じように考えてる方の参考になればと思います。

  • この記事を書いた人
まるお

まるお

私は格安SIMを使い始めて3年で10社以上使ってきました。その経験を活かして「節約効果絶大なのに分かりにくい格安SIM」を誰にでも分かるように紹介しています。キャリアのスマホ料金はどう考えても高すぎるんで格安SIMで節約しましょう!

注目記事ベスト3

1

格安SIM選びに迷い疲れていませんか?「面倒だしキャリアのままでいいや」なんて投げ出さないでください。ここでは、格安SIMマニアの私が選ぶ「間違いない格安SIMを6つ」を紹介しています。

2

格安スマホのおすすめ機種を「これだ!」と厳選して紹介しています。さらにどのMVNOで格安SIMとセットで買うのが一番安いのかも徹底調査しました!格安スマホ選びで悩んでる方は絶対に参考になるはずです。スマホはiPhoneだけじゃありません!SIMフリーのアンドロイドも良いですよ。

3

WiMAXのキャンペーン情報 2018年8月版です。ワイマックスのキャンペーンをチェック&比較して、お得なキャンペーンを紹介しています。キャッシュバック額だけでなく、月額料金が安いキャンペーンも意外とお得です。

-格安SIM
-, , ,

Copyright© 便利なデジタルライフを応援するサイト , 2018 All Rights Reserved.