格安SIM スマホセットのおすすめとお得な買い方

格安SIMにスマホセットで乗り換えたい方必見のおすすめ端末と今一番お得に買えるMVNOを紹介

便利なデジタルライフを応援するサイト
トップページ格安SIM > 格安SIM スマホセット

格安SIMにスマホセットで乗り換えるなら必見!!

格安SIMのスマホセットは安かろう悪かろうと思ったら大間違いです。ここ1、2年で劇的に性能が良くなってますし、中国や台湾ブランドと侮ってはいけません。

特にiPhoneユーザーは、Androidに拒否反応があって「Androidなんてクソだ」と決めつけてる人が私の周りにも沢山います(^_^;)

Appleブランドのように所有欲を満たすことはできないのは認めますが、コスパできっと満足できると思います。Androidに慣れるのだって、1日2日あれば十分でしょう。

一度Androidに対する色眼鏡を外して、価格をよく見てください。安い上にキャンペーンを活用すれば、1万・2万の値引きは当たり前です。

ここでは、【コスパ・定番・ハイスペック・国産】それぞれのおすすめ格安スマホと、各MVNOのキャンペーンを横断的に比較して、一番お得に買えるMVNOを紹介しています。

最後に「どうしてもiPhoneが良い」という方向けに、格安SIMとセットでお得に買えるiPhone6sの料金も紹介しています(^―^)

スポンサーリンク

 

ジャンル別おすすめ格安スマホ&お得なキャンペーン

【コスパ最強】HUAWEI P20 lite

HUAWEI P20 lite

縦長ノッチデザイン&Wカメラ搭載

2018年6月15日に発売の最新機種で、2018年夏モデル最注目の格安スマホです。一般価格が31,980円で、スマホセットなら実質負担額1万~1万5千円くらいで購入できます。

iPhoneX的な縦長で上部にノッチがある全面ディスプレイ仕様で解像度は2280x1080のフルHD+。上下左右のベゼルが薄いので5.84インチなのにコンパクトです。メインカメラは1600万画素+200万画素のWレンズ仕様で、顔認証や急速充電にも対応しています。

P20 liteより前のnova lite2・P10 liteまではメモリが3GBでしたが、P20 liteは4GBメモリを搭載しています。USBジャックもType-Cになりました。

「安かろう悪かろう」ではなく、価格以上に満足できる機種なのは間違いないです。

  • iPhoneX的な縦長ノッチデザイン
  • フルHD+(22280×1080)の精細なTFT液晶
  • 背景をぼかせるWレンズ仕様のカメラ
  • ロープライスモデルなのに4GBメモリ搭載
  • 顔認証機能・USB Type-C・急速充電など最新機能も搭載
ディスプレイ 5.84インチ
フルHD+ TFT液晶
CPU HUAWEI Kirin659(オクタコア)
メインメモリ 4GB ストレージ 内蔵:32GB
SD:256GBまで
メインカメラ 1600万画素+200万画素 インカメラ 1600万画素
一般価格 31,980円 発売 2018年6月15日
特徴 docomo系 au系対応・指紋センサー(背面)・デュアルカメラ・縦長ノッチデザイン・顔認証

スマホセットを取扱うMVNO
楽天モバイル・mineo・BIGLOBEモバイル・IIJmio・LINEモバイル・DMMモバイル・エキサイトモバイル・OCNモバイルONE・NifMo・イオンモバイル・UQモバイル・Y!mobile

HUAWEI P20 liteのスマホセット おすすめMVNO

NifMo

3GBプラン以上の通話SIMセットで17,100円、7GB・13GBプランで21,000円のキャッシュバックが貰えます。

端末代は月々1,204円×24回・一括28,889円で、メーカー価格より3,091円安いです。キャッシュバックを引いた実質負担額は3GBプランで11,789円、7GB・13GBプランで7,889円です。

通話オプションが必要な方は、10分かけ放題が830円/月です。

元々安い端末代がキャッシュバックであり得ない安さになるのがNifMoの魅力です。

2018年7月1日から
音声通話SIM+スマホセットで最大21,000円 キャッシュバック

 

IIJmio

端末代金は分割で1,200円×24回・一括27,800円で、それ以外に割引やキャッシュバックはありませんが、8,000円分のamazonギフト券が貰えます。それに、7/31までのキャンペーンで初期費用3,000円が1円・12ヶ月300円/月 割引・12ヶ月 3GB増量の3つの特典が付きますから、月額料金がすごく安くなります。

通常3GBしか使えないミニマムスタートプランで6GB使えて、通常1,600円/月のところ1,300円/月で1年間使えます。これは地味ですが1年間で考えるとすごくお得です。

通話オプションは3分かけ放題600円/月・10分かけ放題830円/月から選べます。月額料金を抑えたい方はIIJmioがおすすめ。

2018年7月31日まで
初期費用・容量追加・月額割引で史上最強にお得!!

 

【ミドルスペック】ZenFone5(ZE620KL)

ZenFone5

AI搭載&6GBメモリで満足度が高い

一般価格が52,800円でちょっと高いですが、スマホセットなら実質負担額 3万円台前半で購入できます。ミドルハイクラスのCPUに6GBメモリ、AIも搭載してこの価格はおすすめできます。

最新の縦長ノッチデザインの6.2インチだから画面が大きくて見やすい。大きいだけでなくSuper IPS+液晶なので非常にきれいです。6GBメモリでレスポンスも文句なしです。

カメラは普通画角と広角のWレンズで、AIがシーン判定してくれて自動でホワイトバランスを調整してくれます。iPhoneシリーズやHUAWEIのライカカメラと比べると見劣りしますが、十分使えるカメラ性能を備えています。

実質3万円台で買えるスマホとして、バランスの取れた満足できるスマホだと思います。

ディスプレイ 6.2インチ
フルHD Super IPS+液晶
CPU Qualcomm Snapdragon 636(オクタコア)
メインメモリ 6GB ストレージ 内蔵:64GB
SD:2TBまで
メインカメラ F1.8 1200万画素
120度 800万画素
インカメラ 800万画素
一般価格 52,800円 発売 2018年5月18日
特徴 docomo系 au系対応・指紋センサー(背面)・デュアルカメラ・縦長ノッチデザイン・顔認証

スマホセットを取扱うMVNO
楽天モバイル・mineo・BIGLOBEモバイル・IIJmio・LINEモバイル・DMMモバイル・エキサイトモバイル・OCNモバイルONE・NifMo・イオンモバイル

Zenfone5のスマホセット おすすめMVNO

NifMo

3GBプラン以上の通話SIMセットで17,100円、7GB・13GBプランで21,000円のキャッシュバックが貰えます。

端末代は月々2,038円×24回・一括48,889円です。キャッシュバックを引いた実質負担額は3GBプランで31,789円、7GB・13GBプランで27,889円です。

通話オプションが必要な方は、10分かけ放題が830円/月です。

2018年7月1日から
音声通話SIM+スマホセットで最大21,000円 キャッシュバック

 

【ミドルロースペック】ZenFone 5Q

ZenFone5が「ちょっと高いな」という方におすすめなのが↓このZenFone 5Qです。

ZenFone 5Q

ZenFone5のスペックを少し落として価格を13,000円下げたのがZenFone5Qです。下がっているのはCPUのランクとメモリ、AI機能も非搭載です。ハイレゾ再生は非対応で、スピーカーはモノラル、デュアルSIM対応ですがVoLTEの同時待ち受けは出来ずDSDS仕様です。実機で比較しましたが、カメラの性能も少し下がっています。

満足度はZenFone5が勝ってるのは明らかですが、ハイレゾ再生しないし、スピーカーはモノラルで構わない、DSDVの必要もないという人にとって13,000円安い5Qで十分だと思います。

ディスプレイ 6インチ
フルHD+ IPS液晶
CPU Qualcomm Snapdragon 630(オクタコア)
メインメモリ 4GB ストレージ 内蔵:64GB
SD:2TBまで
メインカメラ F1.8 1600万画素
120度 800万画素
インカメラ F1.8 2000万画素
120度 800万画素
一般価格 39,800円 発売 2018年5月18日
特徴 docomo系 au系対応・指紋センサー(背面)・デュアルカメラ・縦長ディスプレイ・顔認証

スマホセットを取扱うMVNO
IIJmio・LINEモバイル・DMMモバイル・NifMo・イオンモバイル

Zenfone 5Qのスマホセット おすすめMVNO

NifMo

3GBプラン以上の通話SIMセットで17,100円、7GB・13GBプランで21,000円のキャッシュバックが貰えます。

端末代は月々1,575円×24回・一括37,778円です。キャッシュバックを引いた実質負担額は3GBプランで20,678円、7GB・13GBプランで16,778円です。

通話オプションが必要な方は、10分かけ放題が830円/月です。

2018年7月1日から
音声通話SIM+スマホセットで最大21,000円 キャッシュバック

 

【超ハイスペック】HUAWEI P20

HUAWEI P20

HUAWEI P20はライカWレンズ搭載でカメラ性能が素晴らしいハイスペックなSIMフリースマホです。私は前機種のP10を使っていて写真写りに感動していましたが、AIアシストがプラスされてカメラがレベルアップしています。

縦長ノッチデザインで解像度はフルHD+。使いやすい前面指紋センサーに顔認証も対応しています。SIMフリースマホでカメラやスペックに妥協したくない人はP20がおすすめです。強力な防水ではないですがIP53レベルの防塵防水仕様です。

ディスプレイ 5.8インチ
2244×1080 フルHD+ TFT液晶
CPU HUAWEI Kirin 970(オクタコア)
メインメモリ 4GB ストレージ 内蔵:128GB
メインカメラ カラー 1200万画素
モノクロ 2000万画素
インカメラ 800万画素
一般価格 69,800円 発売 2018年6月15日
特徴 docomo系対応・ライカ協業デュアルカメラ・防水防塵・指紋センサー(前面)・AI搭載・イヤホンジャックなし

スマホセットを取扱うMVNO
楽天モバイル・mineo・BIGLOBEモバイル・IIJmio・LINEモバイル・DMMモバイル・エキサイトモバイル・NifMo・イオンモバイル

HUAWEI Mate10 Proのスマホセット おすすめMVNO

NifMo

端末代は分割で2,686円×24回・一括払いで64,445円で約5,300円の割引ですが、音声通話SIMとのセットで3GBプランで17,100円、7GB・13GBプランで21,000円のキャッシュバックが貰えます。

実質負担額は3GBプランで47,345円、7GB・13GBプランで43,445円です。元が高いので高額なのは否めませんが、一般価格よりもかなり安く買えます。

月額料金は音声通話SIMの3GBプランで1,600円/月なので、分割支払い分も合わせると4,286円です。通話オプションは10分かけ放題が830円/月です。

2018年7月1日から
音声通話SIM+スマホセットで最大21,000円 キャッシュバック

 

IIJmio

端末代金は分割で2,650円×24回・一括62,800円で、それ以外に割引やキャッシュバックはありませんが、8,000円分のamazonギフト券が貰えます。それに、7/31までのキャンペーンで初期費用3,000円が1円・12ヶ月300円/月 割引・12ヶ月 3GB増量の3つの特典が付きますから、月額料金がすごく安くなります。

通常3GBしか使えないミニマムスタートプランで6GB使えて、通常1,600円/月のところ1,300円/月で1年間使えます。これは地味ですが1年間で考えるとすごくお得です。

通話オプションは3分かけ放題600円/月・10分かけ放題830円/月から選べます。月額料金を抑えたい方はIIJmioがおすすめ。

2018年7月31日まで
初期費用・容量追加・月額割引で史上最強にお得!!

 

【防水・おサイフ対応】AQUOS sense plus SH-M07

AQUOS sense plus SH-M07

国内ブランドシャープの最新モデルで2018年6月22日発売です。シャープですから防水防塵とおサイフケータイ対応で、前機種のSH-M05からCPU・ディスプレイ解像度・カメラ性能などが強化されました。

特にCPUがSnapdragon430から630にランクアップしたのが大きいです。シャープ定番のIGZO液晶はキレイで水に濡れてもちゃんと操作できます。

前機種に比べ値段が1万円ほど上がりましたが、格安スマホに防水・おサイフケータイが必要な方はSH-M07が値段とのバランスも考えて最良の選択だと思います。

ディスプレイ 5.5インチ
フルHD+ IGZO
CPU Qualcomm Snapdragon 630(オクタコア)
メインメモリ 3GB ストレージ 内蔵:32GB
SD:400GBまで
メインカメラ 1640万画素 インカメラ 800万画素
一般価格 42,800円 発売 2018年6月22日
特徴 docomo系 au系対応・防水・防塵・おサイフケータイ・指紋センサー(全面下部)

スマホセットを取扱うMVNO
楽天モバイル・mineo・BIGLOBEモバイル・IIJmio・DMMモバイル・OCNモバイルONE

AQUOS sense plus SH-M07のスマホセット おすすめMVNO

BIGLOBEモバイル

3ギガプラン以上の通話SIMセットで通常1,650円×24回が毎月450円値引きされて1,200円/月になります。割引額は合計で10,800円です。

さらに当サイトとのタイアップ企画で、クーポン利用で4,000円のキャッシュバックも貰えます。だから端末代は実質24,800円です。

通話オプションが4種類から選べるし、エンタメフリーオプションなど独自のオプションがあるのもBIGLOBEモバイルの魅力です。

2018年8月5日まで
タイプD音声SIMで 特典総額 最大14,800円←当サイトタイアップ企画

 

OCNモバイルONE

らくらくセットの一括払いだと約13,000円引きの29,800円で、SIMカードが入った状態で届くのでMNP開通手続きすればすぐに使えます。

利用料は110MB/日が1,600円、3GB/月が1,800円です。通話オプションは10分かけ放題 850円/月の他にトップ3かけ放題・かけ放題ダブルの3タイプから選べるのも特徴です。詳しくはこちら >>

一括で分かり易く安い方が良い方はOCNがおすすめです。

7月30日10:59まで
灼熱のウルトラサマーセールで 格安スマホが激安

 

【どうしてもiPhoneが良い】iPhone6s

iPhone6s

iPhone6sの32GB・128GBはスマホセットで購入できます。2015年9月発売ですが、防水や最新機能を求めなければ、スペック・カメラ共に基本性能は高いです。

キャリアのiPhone5s・iPhone6からスマホセットで格安SIMに乗り換える時に、「どうしてもiPhoneが良い」という方におすすめです。SIMとセットなら24ヵ月の実質負担額は32GBで3万4千円~、128GBで4万6千円~です。

iPhone8・iPhoneXのSIMフリーを買うよりはかなりリーズナブルに購入できます。

iPhoneSE 32GBなら実質108円で買えます! 詳しくはこちら >>

ディスプレイ 4.7インチ
3Dタッチ対応 Retina HD
CPU A9
メインメモリ ストレージ 32GB/128GB
メインカメラ 1200万画素 インカメラ 500万画素
一般価格 32GB:50,800円
128GB:61,800円
発売 2015年9月25日
特徴

スマホセットを取扱うMVNO
UQ mobile・Y!mobile・BIGLOBEモバイル・楽天モバイル(メーカー認定整備済 16GBのみ)

iPhone6sのスマホセット おすすめMVNO

UQ mobile

ぴったりプラン・おしゃべりプランでマンスリー割が適用されて、32GBだとプランSで端末代込みで3,758円/月(14ヶ月目以降は4,838円)です。128GBだと540円プラスです。

この料金で2GBの高速通信に5分かけ放題(おしゃべりプラン)か60分の無料通話(ぴったりプラン)が付きます。プランMだと通信量が6GBになって月々540円アップです。

通信速度の速さ・安定感は抜群なので、キャリアからも安心して乗り換えられます。

 

Y!mobile

スマホプランSは、通信容量2GBに10分以内かけ放題が付いて端末代込みで3,758円/月(2年目は4,838円)です。128GBだと540円プラスです。

スマホプランMだと通信容量が6GBになって月々540円アップです。

Y!mobileも通信速度は速く安定しています。10分かけ放題が必要な方はY!mobileがおすすめです。プラス1,000円/月で通話時間・回数無制限のかけ放題も付けられます。

新規・MNPのiPhoneの購入で
月額割引で 最大24ヶ月間 1,296円~2,160円 割引

格安SIMにスマホセットで乗り換える手順

1.2年しばりの更新月を確認する

格安SIMに乗り換えるなら、2年契約の更新月がベストです。更新月以外に解約すると解約金9500円+スマホ代の残債を支払う必要があります。

更新月は25・26ヶ月目の2ヶ月です。各社の確認方法は以下の通りです。

docomo My docomoにログインして【ドコモオンライン手続き】の【ご契約内容確認・変更】を開いて、2ページ目の【ご契約プラン】で契約満了月が確認できます。
au My auにログインして【スマートフォン・携帯電話】から【ご契約内容/手続き】タブから【ご契約情報】を開く。【料金割引サービス】から【次回更新年月】で確認できます。
ソフトバンク My SoftBankにログインして【更新期間】か【料金プラン】から確認できます。

2.MNP予約番号を発行する

キャリアから格安SIMに乗り換える人は、ほとんどの人がMNP(ナンバーポータビリティ)して電話番号を引き継いで使うと思います。

その場合、格安SIMに申し込む前にキャリアでMNP予約番号を発行してもらう手続きが必要です。

手続きはスマホの場合、auとソフトバンクは店舗か電話で、ドコモだけネットのMy docomoからも手続きできます。

MNPには必ず手数料がかかります。ドコモが2,000円、au・ソフトバンクが3,000円です。手数料はMNPされて契約解除された翌月に、利用料金と合わせて請求されます。

店舗や電話だと、必ず引き留められます。「ポイントをくれる」とかあの手この手で引き留められますが、月額料金は絶対に格安SIMの方が安いので強い意志で断りましょう。

3.格安SIMに申し込む・開通手続きをする

あとは、MNP予約番号・有効期限・電話番号を入力して格安SIMに申し込むだけです。

SIMカードが届くまでに数日かかりますが、届くまでは元のキャリアのスマホが使えますから安心してください。

届いてから格安SIMのマイページ上で開通手続きをすると、電話番号が新しいSIMカードに移行して使えるようになります。

説明書が同封されているので、MNPの開通手続きは難しいことはありません。

UQ mobileのMNP回線切り替えに関する説明書↓

UQ mobile MNP開通手順

データ通信に関しては最近のスマホセットの場合、SIMを挿すだけで予め登録されているAPN設定を選択するだけの場合が多いです。

HUAWEI P10 liteにUQ mobileのSIMを挿した場合↓

P10-lite APN

デフォルトに項目が無ければ、新しくAPN設定を追加して指定すれば通信できるようになります。追加する項目は全て説明書に書かれています。全然難しいことはありません。

 

スポンサーリンク
格安SIM 最新エントリー
格安SIM・格安スマホ個別メール相談室

人気コンテンツ

メニュー
インフォメーション
にほんブログ村 PC家電ブログ パソコンの豆知識へ