ソフトバンクのAndroidで格安SIMを使う方法

ソフトバンクのAndroidスマホを使って格安SIMに乗り換える方法や注意点を紹介しています。

便利なデジタルライフを応援するサイト
トップページ格安SIM > ソフトバンクのAndroidスマホで格安SIMに乗り換える方法

ソフトバンクのAndroidスマホで格安SIMは使える?

ソフトバンクのAndroidスマホを格安SIMで使うには、SIMロック解除が必須です。

ソフトバンクのAndroidスマホで、SIMロック解除しなくても使える格安SIMが無いのが現状です。(ドコモのスマホならSIMロック解除しなくてもドコモ系格安SIMで使える。)

ですから、SIMロック解除できない2015年4月までに発売されたスマホは、格安SIMに乗り換えることができません。諦めましょう。

SIMロック解除が出来る、若しくはSIMロック解除済というAndroidスマホなら、格安SIMに乗り換えられるので、ここで紹介する注意点を理解して格安SIMを選びましょう。

ソフトバンクのアンドロイドにはnuroモバイル

nuroモバイル ロゴ

ソフトバンクで販売されたスマホは、ソフトバンクの電波で使うのが一番です。

対応する電波や周波数のことはドコモ系・au系SIMは使えるのか?で詳しく解説してるので気になる方はご覧ください。

ソフトバンクの電波を使った格安SIMは、b-mobile・U-mobile・nuroモバイルがありますが、このうちnuroモバイルだけAndroidでも使えると公表しています。

チャットで聞いたら、はっきり答えてくれました。

nuroモバイル チャット問い合せ

2017年7月以前のAndroidスマホはSIMロック解除が必要で、8月以降だとSIMロック解除の必要もないそうです。

ちなみに、前述のソフトバンク系格安SIMの3社のうち、b-mobileは音声SIMの契約ができますが、iPhone専用です。U-mobileもiPhone専用な上データSIMのみです。

もう1社 ソフトバンク系にはY!mobileもありますが、Y!mobileは「動作保証できない」と言われます。詳しくは>> Y!mobile以外のソフトバンク系格安SIMについて

というわけで、ソフトバンクのAndroidならnuroモバイル 一択になるわけです。

ただ、テザリングは出来ません。これもチャットで確認しました。テザリングが使いたいなら、電波の適正はピッタリではないですが、ドコモ系を選びましょう。

nuroモバイル ソフトバンク回線
b-mobile 990ジャストフィットSIM スクリーンショット

 

nuroモバイル ソフトバンク回線 価格情報

コース名 通信量 データ 音声通話
2GB 2GB 980円 1,680円
5GB 5GB 1,780円 2,480円

nuroモバイル 主要オプション

  • 10分かけ放題:800円
  • 端末保証:500円

 

ソフトバンクのAndroidスマホで格安SIMを使う方法

ソフトバンクのAndroidスマホで格安SIMに乗り換える手順を紹介します。

  1. SIMロック解除する
  2. 2年縛りの更新月を確認する
  3. MNP予約番号を発行する
  4. MNP予約番号を使って格安SIMに申し込む

↑この手順になります。順番に説明しています。

SIMロックを解除する

2015年5月以降に発売されたスマホなら、SIMロック解除できるスマホです。

販売ではなく発売という点を注意してください。2015年5月以降に購入したスマホでも、2015年4月までに発売されたスマホだとSIMロック解除は出来ません。

端末はソフトバンクの↓このページで確認できます。
ソフトバンクの携帯電話を他社で利用する

2017年8月1日からSIMロック解除の条件が変わりました。

対象 条件 変更実施日
分割払いで機種を購入した人 機種購入日から101日目以降より手続きが可能 2017年8月1日
一括払いで機種を購入した人 一括払いの支払確認後より手続きが可能 2017年12月1日

購入日から101日以降ならSIMロック解除の手続きができます。

もうひとつ重要な条件があります。それが

・SIMロック解除を行う製品を当社から購入し、現在ご利用中のお客さまに限り可能です。

これです。

解約後の場合も、

・解約済み製品のSIMロック解除のお手続き可能期間は、解約後90日以内となります。また、解約済み製品のSIMロック解除のお手続きは、契約されていたご本人さま限り可能です。

このように書かれています。

3,000円の手数料が必要なソフトバンクショップでも、

・SIMロックの解除は、契約者様のみ手続可能です。

こう書かれています。

契約者若しくは、契約していた人しかSIMロック解除できないわけです。

要するに、ソフトバンクのSIMロック解除していないAndroidスマホの白ロムを購入しても、SIMロック解除できないから格安SIMでは使えないというわけです。

ドコモやauと比べて、白ロムが安いからといって飛びつかないように注意しましょう。SIMロック解除済みかどうかをしっかり確認しましょう。

その他の条件も確認しましょう。

・一括払いの場合支払い確認が取れていること
・安心遠隔ロックなど機能を制限するサービスを利用中は解除しておく
・故障・水濡れがないこと
・ネットワーク利用制限が掛かっていないこと

ネットワーク利用制限は、ソフトバンクの↓このページで確認できます。
ネットワーク利用制限 携帯電話機の確認

15桁の製造番号(IMEI)を入力するだけです。

製造番号(IMEI)はAndroidスマホの場合、【設定】→【端末情報】→【機器の状態】→【IMEI情報】で確認できます。

製造番号(IMEI)は、SIMロック解除でも必要なのでメモしておきましょう。

SIMロック解除の方法

SIMロック解除できるスマホで、購入から101日以上経過していたら、SIMロック解除手続きをしておきましょう。

スマホ・パソコンのMy SoftBankから手続きが可能です。スマホの手順はこの通りです。

  1. My Softbankuアプリを起動してログインする
  2. メニューの【契約確認・変更】をタップ
  3. スクロールして【お手続き一覧】から【SIMロック解除対象機種の手続き】をタップ
  4. 説明や確認・注意事項を読んで下へスクロール
  5. 15桁のIMEI番号を入力して【次へ】をタップ
  6. 【解除手続きをする】をタップ
  7. 手続き受付完了画面が表示されたら【解除コード】をメモする

パソコンからはMy SoftBankからログインします。手順はスマホの場合と変わりません。

Androidスマホの場合、新しいSIMカードに差し替えて端末を起動させた時に、解除コードの入力画面が現れるので、そこで解除コードを入力し【ロック解除】をタップした時点でSIMロックが解除されます。

2年しばりの更新月を確認する

格安SIMに乗り換えるなら、2年契約の契約更新月がベストです。更新月以外に解約すると契約解除料9500円+スマホ代の残債を支払う必要があります。

更新月は25・26ヶ月目の2ヶ月です。ソフトバンクの確認方法は以下の通りです。

スマホのMy SoftBankアプリか、ブラウザでMy SoftBankにアクセスしてログインして【更新期間】か【料金プラン】から確認できます。

MNP予約番号を発行する

ソフトバンクで使っていたAndroidスマホを格安SIMで使う場合、ほとんどの人がMNP(ナンバーポータビリティ)して電話番号を引き継いで使うと思います。

その場合、格安SIMに申し込む前にキャリアでMNP予約番号を発行してもらう手続きが必要です。

手続きはスマホの場合、ソフトバンクショップか電話での手続きになります。My SoftBankからは手続きできません。

MNPには必ず手数料がかかります。ソフトバンクは3,000円です。手数料はMNPされて契約解除された翌月に、利用料金と合わせて請求されます。

店舗や電話だと、必ず引き留められます。「ポイントをくれる」とかあの手この手で引き留められますが、月額料金は絶対に格安SIMの方が安いので強い意志で断りましょう。

 

MNP予約番号まで手に入れれば、あとはMNP予約番号・有効期限・電話番号を入力して格安SIMに申し込むだけです。SIMカードが届くまでに数日かかりますが、届くまでは元通りスマホが使えますから安心してください。

ソフトバンクのAndroidスマホに使える格安SIM

ソフトバンクのAndroidスマホをSIMロック解除すれば、基本的にドコモ系・au系・ソフトバンク系の格安SIMも使えます。

ただ、ソフトバンクで販売されていたAndroidスマホは、ソフトバンクの電波向けに作られているので、ドコモ・auが使っている電波の周波数に対応していない場合が多いです。

ですから、ドコモ系・au系の格安SIMを挿しても、SIMフリースマホやそれぞれのキャリアで販売されたAndroidスマホと同じエリアで同じようには使えるとは限りません。

ドコモ・au・ソフトバンク それぞれが使う周波数

バンド/周波数 ドコモ au ソフトバンク
バンド1(2.0GHz) W-CDMA・LTE CDMA2000・LTE W-CDMA・LTE
バンド3(1.7GHz) LTE LTE
バンド6(800MHz) W-CDMA
バンド8(900MHz) W-CDMA・LTE
バンド9(1.7GHz) W-CDMA
バンド11(1.5GHz) LTE W-CDMA
バンド18(800MHz) CDMA2000・LTE
バンド19(800MHz) W-CDMA・LTE
バンド21(1.5GHz) LTE
バンド26(800MHz) LTE
バンド28(700MHz) LTE LTE

W-CDMA・CDMA2000は音声通話で使う3Gの電波で、LTEがデータ通信に使われる電波です。ドコモ・au・ソフトバンクで使う周波数が違うことが分かると思います。

ドコモ系・au系SIMは使えるのか?

ドコモの4G LTEで電波で大切な周波数はバンド1・3・19で、auの場合はバンド1・18です。

バンド1・3に関しては、ソフトバンクも使っているので使えますが、ドコモのバンド19、auのバンド18はソフトバンクは使っていないので、ソフトバンクのAndroidスマホは使えないものがほとんどです。

SIMロック解除が可能な機種の周波数帯一覧に掲載されているAndroidスマホで、バンド19に対応しているのはHTC U11とNexus 6Pだけです。

バンド19はドコモの、バンド18はauのプラチナバンドと呼ばれる周波数です。

800MHz帯のバンド19・18は速度はそれほど速くありませんが、壁など遮蔽物のある建物の中でも繋がりやすく、遠くまで電波が届くので地方では大事な電波です。

バンド3は東京・名古屋・大阪で使われている電波なので、東名阪で使う人はドコモ系格安SIMを選べば圏外になりにくいでしょう。しかし、プラチナバンドに対応していないので、地方に行ったときやビルの中、地下では繋がりにくくなる可能性があります。

というわけで、ソフトバンクのAndroidスマホの場合、ドコモ系・au系格安SIMはどちらもおすすめできないというのが現状です。

ソフトバンクのAndroidスマホとY!mobile

ワイモバイル ロゴ

Y!mobileは厳密に言えば格安SIMではなく、ドコモ・au・ソフトバンクと同じ4つ目のキャリアという位置づけです。

でも使用する周波数はソフトバンクと同じなので、ソフトバンクのAndroidスマホとの親和性の高さはY!mobileが一番です。

ただ、問題なのは「動作確認がされていない」という事です。

Y!mobile 公式ページで接続実績のある端末が確認できます。

見れば分かりますが、SIMフリー端末以外は、古い機種ばかりでSIMロック解除したソフトバンクスマホの名前はありません。

試しにY!mobileのチャットで聞いてみましたが、動作保証出来ないという回答でした。

電波が入らないとか、テザリングが使えないとかそういうことがあっても、対応してもらえない「自己責任」という事です。

他のブログやサイトで、「ソフトバンクのスマホはSIMロック解除すればY!mobileで使える」と書いてるページがありますが、あくまでも「お客様の判断で」というレベルです。

Y!mobileの料金

Y!mobileにソフトバンクからMNPすると、月々1,000円高くなるのがネックでした。それはソフトバンクからのMNPだけスマホプラン割引の対象外だったからです。

それが、2017年3月1日~2018年5月31日まで期間限定キャンペーンとして、スマホプラン割引がソフトバンクからのMNPでも適用になります。

料金は10分かけ放題が付いて、

  • プランS:通信量2GBで1,980円/月(2年目から2,980円)
  • プランM:通信量6GBで2,980円(2年目から3,980円)
  • プランL:通信量14GBで4,980円(2年目から5,980円)

10分かけ放題が付いてこの値段は、キャリアと比べればかなり安いです。

2018年5月31日まで
ソフトバンクからのMNPでも 25ヶ月間 1,000円 割引

ただ、他の格安SIMと違い2年の契約で、2年後の更新月以外に解約すると契約解除料9,500円が必要です。

他の格安SIMと違い、混雑する時間でも速度の低下がなく、安定して速いのが特徴です。

MNP開通手続きは、SIMカードが届いた翌日にY!mobile側で切り替え作業が行われます。ソフトバンクのスマホが使えなくなった時点で、SIMカードを差し替えれるだけです。

Y!mobileに乗り換える時の注意点

前項にも書きましたが、動作確認が取れていないというのが残念です。SIMロック解除ができていて、SIMカードのサイズを間違えなければ、電波の周波数はピッタリですからソフトバンクのAndroidスマホとの相性は抜群です。

Y!mobileは自社のスマホを売りたいし、ソフトバンクは料金の安いY!mobileにMNPしてもらいたくない、、、そんな両者の思惑が見えるような気がします。

もし使えなかったらというパターンを想定し、SIMフリー端末を買って使うというケースを想定しておくといいかもしれません。Zenfone4やHUAWEI P10 liteは動作実績があるので確実に利用できます。

ソフトバンクのAndroidスマホで格安SIMを使う【まとめ】

ここまで読んでいただければ、ソフトバンクのAndroidスマホを、公式に「使える」と謳う格安SIMはnuroモバイルだけというのが分かっていただけたと思います。

雑誌や他のサイトでは、ソフトバンクのAndroidでSIMロック解除されていれば、「ドコモ系格安SIMが使える」と書いてるものも多いですが、スマホが対応する周波数の都合で圏外になったり、通信速度が遅くなる可能性が高いです。

というわけで、どうしても格安SIMに乗り換えたいなら、nuroモバイルが良いと思います。ただテザリングは使えません。

それか、ソフトバンクのAndroidスマホを使うのをやめて、スマホセットで格安SIMに乗り換えるのがベターな選択肢だと思います。

ややこしいですが、ソフトバンクのAndroidスマホを格安SIMで使う方法について、少しは理解が深まったでしょうか?スマホ代節約のきっかけになれば幸いです。

スポンサーリンク

このページを読んだ人はこんなページも見ています▼

格安SIM 最新エントリー
格安SIM・格安スマホ個別メール相談室

人気コンテンツ

メニュー
インフォメーション
にほんブログ村 PC家電ブログ パソコンの豆知識へ