α5100 レビュー オートフォーカスの速さに納得

α5100のレビューです。AF性能の高さは評判通りで納得です。ASP-Cサイズセンサーで写りも良いです。

便利なデジタルライフを応援するサイト
トップページレビュー > α5100 レビュー

SONY α5100 レビュー

SONY α5100を買ったのは、2015年8月末です。ダブルズームキットで70,000円で買いました。結構値動きが激しい商品なんで、割と安い時期に買えたと思います。なぜα5100にしたのかというと、SONY αシリーズのファストハイブリッドAFを期待してです。

メインで使ってるデジ一 PENTAX K-3はお世辞にも動く被写体へのオートフォーカスが早いとは言えません。動画となると撮影中にAFが稼働しないという信じられないAF性能の持ち主です。写りは好きなんですが、AF性能の悪さに何度も頭を抱えてました。

α5100

そこで、K-3を含めて4台あったデジカメのうち3台+レンズ1本をヤフオクで売却し、少し足してα5100を買いました。

α5100 AF性能【ファストハイブリッドAF】

α5100のAF性能は、上位機種のα6000とほぼ同じです。連写性能は11コマ/秒のα6000の方が、6コマ/秒のα5100より強力です。ただ、そこまでの連写性能は私に必要ないと判断してα5100にしました。

この両者に搭載されているファストハイブリッドAFが分かりやすい動画がコチラ▼


画面のほぼ全域をカバーする179点の位相差AFセンサーに、25点のコントラストAFを使った仕様で、合焦時間0.07秒です。α6000は0.06秒らしいですが、この差を体感できる人はいないでしょう。このCMの小さな緑の□がチカチカしてる部分に、常にピントが合ってるという状態です。

ファストハイブリッドAF サンプル

▲自分でもAFが動いてる時の液晶モニターを撮ってみましたが、これではAFの速さがなかなか伝わりにくいです。兎に角、動体でも一瞬でピントが合って、きちっと追従してくれます。期待以上でした。

ファストハイブリッドAF 噴水撮影

スポーツモードで噴水を撮ると、水滴の一つ一つにピシッとピントが合います。噴水にピントが合うんですから、子供や動物にもバシバシオートフォーカスが決まります。本当に凄いです。

α5100を選んでα6000にしなかった理由

上にも書きましたが、α5100にしてα6000にしなかった理由は他にもあります。その一つが180度反転するチルト液晶です。これで自撮りも完璧です。また、液晶パネルはタッチパネル対応で、液晶を指で触れてピントを合わせたり、そのままシャッターを切ることもできます。

α5100 チルト液晶

また、コンパクトさも重視しました。家電量販店で両方触りましたが、α5100の方が一回り小さいです。重さも60g近く軽いです。実機を比べれば分かりやすいですが、結構差があります。

ただコンパクトで軽くなった半面、EVF(電子ビューファインダー)と、上部のコントロールダイヤルとモードダイヤルがありません。写真を撮りながら色々設定を変えたり、1枚のクオリティにこだわるならα6000の方が良いかもしれません。

私はPENTAX K-3があるので、こだわりたい写真はそっちで撮ります。だからα5100にしました。

α5100 レビュー【まとめ】

α5100の特徴は簡潔に書くと以下の通りです。

  • コンパクトで軽い
  • デジタル一眼並みのセンサー(APS-C)を搭載している
  • オートフォーカスが爆速
  • 動体のAF追従性能も抜群

デジタル一眼と比べると、細かい操作性に難はありますが、それはコンパクトさ・軽さでカバーできています。AFの速いミラーレス一眼で、センサーが大きく、コンパクトで持ち歩き易いデジカメを探しているなら、おすすめできます。センサーが小さくて良いというなら、もっと小さなカメラもあります。

私は、画質=画素数ではなくセンサーサイズと思っているので、α5100を選んで正解でした!

関連記事

スポンサーリンク
レビュー 最新エントリー

人気コンテンツ

メニュー
インフォメーション
にほんブログ村 PC家電ブログ パソコンの豆知識へ