レビュー

HUAWEI P10 liteのレビュー コスパの高さに驚いた格安スマホ

投稿日:

HUAWEI P10 liteは使ったら分かりますが、本当によくできた格安スマホです。

私は2016年3月末に同じHUAWEIブランドのGR5という格安スマホを買いました。

当時最安値だったイートレンドで32,589円で買ったGR5は、使い始めてスグ「こりゃダメだ」と思ったんです。それがP10 liteは定価が29,980円で、格安SIMとのセットなら2万円台前半で手に入るのに、満足度が素晴らしいです。

たった1年での進歩の凄さに唖然としています。

具体的にHUAWEI P10 liteのどこがいいのか、詳しくレビューで紹介します。

HUAWEI P10 liteのレビュー

HUAWEI P10 liteのディスプレイは素晴らしくキレイ

開封してセットアップしてまず思うのが、ディスプレイのキレイさです。

ロック画面に表示されるデフォルトの画像が兎に角キレイです。ロックボタンを押すたびに写真が変わるんですが、どれもコレも本当にキレイな写真なんです。

P10 lite ディスプレイの画像

サイズは5.2インチの解像度はフルHDの1920×1080(IPS液晶)です。

印象的なのは両サイドのベゼルの薄さです。

フレームも薄いし表示部分との間の黒い余白部分が極端に薄いです。ですから5.2インチでも非常にコンパクトで、ポケットにすんなり収まります。

P10 lite ベゼルの薄さ

上位機種のP10と比較しても私の目には同じにしか見えません。

↓写真左がP10 lite・右がP10です。

P10 lite・P10 ディスプレイ比較

P10 liteのベンチマークスコア

HUAWEI P10 lite ベンチマークスコア

Antutuでベンチマークスコアを測定したら77444でした。割引前2万円台のスマホなら十分のスコアだと思います。

実際に使っている感想でも「遅い」「もたつく」という感じはありません。上位機種のHUAWEI P10やZenFone5などと比べればレスポンスに差はありますが、ベンチマークスコアで4000~5000くらい違いますし、価格が違いますから仕方ありません。

P10 liteは高級感のある外観です。

私が使ったP10 liteはサファイアブルーです。

他にもプラチナゴールド・パールホワイト・ミッドナイトブラックがありますが、私はサファイアブルーがおすすめです。

すごく良い色ですよ。

見る角度で濃淡が変わり、2.5Dガラスに覆われているので2万円台の格安スマホとは思えない高級感のある外観です。

ただ落とした時怖いのでケースは必須です。(プラスチックケースが付属してます。)

P10 lite サファイアブルー

指紋センサーは背面、DSDSは非対応

指紋センサーは背面です。個人的に最近は「前面の方が使い良い」と思っているので少し残念ですが、センサーの反応速度と精度は非常に良いです。

触れるのとロック解除のタイムラグが無さ過ぎて「本当に認証してるのかな?」と思うくらいです。

P10 lite 指紋センサー

DSDS(デュアルSIMデュアルスタンバイ)は非対応で、SIMカードは1枚しか入りません。

SDカードは128GBまで対応しています。

内部ストレージもリーズナブルモデルとしては大きい32GBですから、アプリも気にせず入れられるし、SDカードを使えば動画・音楽をたっぷり持ち歩けます。

P10 lite SIM・SDカードスロット

P10 lite カメラの感想

P10 liteのカメラは上位機種のようにライカレンズではないし二眼でもないですが、必要十分なキレイな写真が撮れるカメラでした。

ホワイトバランスをいじらなくても、自然でキレイなカラーです。

P10 lite カメラ試写サンプル アジフライ

P10 lite カメラ試写サンプル 花

光学式よりは劣りますが、電子式の手ぶれ補正が付いているので手ぶれしにくいです。

2万円台のスマホとしては上出来のカメラだと思います。

シャッターのレスポンスはP10より速く感じました。

レスポンスが良く、通信速度も速い

私はゲームをしないので評価できませんが、普通に使うブラウザや各種SNSやチャット、カメラ・ギャラリーなどは気持ちよく使えます。

リーズナブルなクラスですが、メモリは3GBだしCPUはP9 lite・nova liteからブラッシュアップされたKirin658です。

印象的だったのはCA対応エリアでの通信速度の速さです。

P10 lite 通信速度

BIGLOBE SIMで平日の午前中にCA対応エリアでスピードテストした結果です。

P10 liteはau系の主要バンドにも対応しているし、TDD-LTEのB41にも対応しているので下り最大220MbpsのWiMAX2+も使えます。

au系の場合VoLTE用のSIMじゃないと通話ができません。

HUAWEI P10 lite レビュー【まとめ】

P10 liteを使った感想としては、「とても2万円台とは思えない」という感じです。

コスパが素晴らしいと思いました。私はDSDS必須なのでP10をメインで使っていますが、DSDSが必要ないのであればP10 liteでも十分だと思います。

価格的にはリーズナブルなクラスですが、ミドルクラスレベルのスペック・コスパだと思います。

実際、価格.comのスマホ総合人気ランキングでもXperia XZ Premiumに続く2位です。前機種のP9 liteがそうだったように、長く人気ランキング上位に居座る人気機種になるでしょう。

  • この記事を書いた人
まるお

まるお

私は格安SIMを使い始めて3年で10社以上使ってきました。その経験を活かして「節約効果絶大なのに分かりにくい格安SIM」を誰にでも分かるように紹介しています。キャリアのスマホ料金はどう考えても高すぎるんで格安SIMで節約しましょう!

注目記事ベスト3

1

格安SIM選びに迷い疲れていませんか?「面倒だしキャリアのままでいいや」なんて投げ出さないでください。ここでは、格安SIMマニアの私が選ぶ「間違いない格安SIMを6つ」を紹介しています。

2

格安スマホのおすすめ機種を「これだ!」と厳選して紹介しています。さらにどのMVNOで格安SIMとセットで買うのが一番安いのかも徹底調査しました!格安スマホ選びで悩んでる方は絶対に参考になるはずです。スマホはiPhoneだけじゃありません!SIMフリーのアンドロイドも良いですよ。

3

WiMAXのキャンペーン情報 2018年8月版です。ワイマックスのキャンペーンをチェック&比較して、お得なキャンペーンを紹介しています。キャッシュバック額だけでなく、月額料金が安いキャンペーンも意外とお得です。

-レビュー
-, ,

Copyright© 便利なデジタルライフを応援するサイト , 2018 All Rights Reserved.